Chat GPT=bing=Microsoftがすごい

記事
IT・テクノロジー

ChatGPTがすごいと言われているので、どれだけすごいのか、いろいろ調べてみている。
今まで検索エンジンといえば、スマホに最初に入っているというただそれだけの理由で、Googleを利用してきた。息子はSafari愛用し、夫は昔からYahoo!を愛用している。ここは好みがあると思う。ChatGPTはMicrosoftが巨額の投資をしてきたAIだ。パソコンに詳しい友人が、パソコンの検索画面をGoogle Chromではなくて、Microsoft edgeにすれば、bingでchatのボタンを押すだけで簡単にChatGPTが利用できることを教えてくれた。普通のChatGPTは2021年までのデータしか入っていないと聞いたことがあるが、bingを使えば最新の情報から検索して答えてくれるとの話だ。パソコン版だと、画像生成AIのイメージクリエーターもついていたので、簡単なものならすぐに画像を作ってくれる。このページの画像はそれを使って「Microsoftのロゴの前に自信満々の男の子が立っている」と指示して作ってもらった。なかなかいい。実は「Microsoft」と入れたら「プロンプトがブロックされました。」と出た。企業のロゴなどが不正に利用されてしまうのを防ぐために、いくつか禁止事項が決められているようだ。自身のブログのプロフィール画像も作ろうと試行錯誤したが、もともとが海外のものなので、なかなか自分らしい思い通りの画像は作れなかった。結局、以前描いてもらった似顔絵をプロフィール画像にした。

bingなんて、今まで気にしたこともなかったけど、今後は使おうと思う。と言いながら、急いで何か調べるときには、結局慣れたGoogleで検索している自分がいる。「ググる」に慣れすぎて、なかなかやめられない。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す