京都の恒例行事五山の送り火

記事
ライフスタイル
もうすぐお盆ですね、京都では毎年八月十六日に五山の送り火、大文字焼きが
伝統行事として開催されます。大文字焼きもコロナ禍の影響を受け2年続きで
一灯のみの点灯でしが、今年はすべてが灯る予定になっています。
五山の送り火は、お盆に帰ってきていた先祖の霊を再びあの世へと送り出す儀
式としてはじまったそうです。京都人にとっては、送り火を見届けないと夏が
終わらないと口にするほど、暮らしに根付いたお盆の大切な行事です。
夜八時ちょうど、送り火の最初に点火される、東山如意ヶ嶽の大文字。
五山送り火を代表する存在です。
その後、妙法・舟形・左大文字・鳥居と点灯されます。
場所は何処で見るのが良いか?
すべてを見たい方は京都駅ビルの空中経路、京都タワー、将軍塚、船岡山公園や出町柳の鴨川沿い、京都御所などなど特に鴨川沿いからはよく見えます。




サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す