頑張らないダイエット!?"無意識ダイエット"でハッピーダイエッターになろう!

記事
美容・ファッション
初めてココナラブログに投稿させていただきます、
”無意識ダイエット”の専門家、たいらまことと申します。

今これをご覧のあなたは、

「"頑張らないダイエット"なんてあるの!?」

「我慢せず痩せるなんてありえない!」

「楽しくダイエットなんて、できるわけない!」

みたいなことを、思っているのではないでしょうか。

そんなあなたも、そうでないあなたも、
まずはご縁をいただき、ありがとうございます。

この記事では、おかげさまでココナラでも、
販売実績が30件を超えて、平均評価も5.0をいただいたサービス
「無意識ダイエット」のノウハウを、一部公開しちゃいます!

タイトルを見て、興味を持ったあなたには、
きっとお役に立てる内容になると思いますので、
ぜひこの記事を読んで、今日からのダイエットライフに、
お役立てください♪

自己紹介をすこし

本題に入る前に、
まずは、簡単に自己紹介から!
ココナラにて依頼し、紹介アニメを作っていただきました〜!オススメです。

さて、動画をご覧いただけない方のためにも、
内容をざっくり要約します。

専門分野は「理想の人生を叶える」

僕の専門分野は、
・心理学
・脳科学
・量子論
・成功哲学
・習慣化
・行動科学
などなど…

一言でまとめると、
「理想の人生を現実にする方法」です。

そのため、痩せるだけじゃなくて、
あらゆる「理想の人生」を現実にするために、
これらの専門分野は役立つんですよね。

楽しくダイエットに成功する人を増やしたい!

そして、僕自身、”無意識ダイエット”のおかげで、
病院でも治らないと言われてしまった、
「過敏性腸症候群」という病気を治せた経験もあります。

たくさんの人が、「人生最後のダイエット」に成功する中、

「この技術や考え方が広まれば、もっと楽しく、
理想の人生を叶える人が増える!」

ということを確信し、ココナラなどで活動しています。
前置きはこのくらいにして、本題に入ります。

ガマンしない、頑張らないダイエットができる理由

早速、ガマンせずに、頑張らずに、
ダイエットを成功できる理由を説明しますね。

結論としては、そもそも、
「ガマンせずに、頑張らずに、勝手に続くアプローチ」こそが、
人生最後のダイエットを成功する秘訣なんです。

つまり、最初から
「頑張る必要がない状態」
「一切ガマンしない状態」
を作っていくことが、
大切なんです。

言い方を変えれば、
ガマンせずに、頑張らずに、
「できる」「できない」

ではなく、

はじめから、ガマンせずに、頑張らずに、
「できる」ことを、習慣化するのです。

そして、この方法、つまりは「無意識の力」を借りて、ガマンせずに、頑張らずに、勝手に継続してしまうような、「痩せる習慣」と「痩せる思考」を徐々に身につけていくダイエットを、「無意識ダイエット」と呼んでいるのです。

ガマンしなくても、頑張らなくても、
結果「痩せること」に繋がる行動や思考は、
たくさんあるんですよ。

なぜ「ダイエット」がなくならないのか?

そもそも論として、

なぜ、これだけの「ダイエット」情報が溢れているのに、
いまだに、ダイエットに成功しない人が、たくさんいるんだろう?

これを、ぜひ考えてみてください。

なぜでしょうか?

答えはシンプルです。

いろんな方法論や、やれば痩せる運動はあっても、

「続かないから」

ですよね。

「痩せる方法や運動」を、
続ければ、どんどん痩せていく、
やめてしまったら、また太っていく。
これは、ダイエットに悩む皆様に、当てはまることでしょう。

なぜ「続かない」のか、ヒントは本能です

では、なぜ、
「続かない」
のでしょうか。

なぜだと思いますか?

そもそも、人は本能的に、
変化を嫌います。

ホメオスタシス(恒常性原理)とか、
聞いたことがある人も、いるかもしれませんね。

そして、本能的に、
不快を避けて、快楽を求めます。

「快楽」でしょうか、「不快」でしょうか

やせるための、
激しい運動は、
「快楽」でしょうか、「不快」でしょうか。

やせるための、
過度な食事制限や置き換えは、
「快楽」でしょうか、「不快」でしょうか。

やせるために、
鏡を見たり、体重計に乗るのは、
「快楽」でしょうか、「不快」でしょうか。

あなたの「頭の中」の、話ではないですよ。
あなたの「体の反応」の、話です。

頭がいくら、「痩せるために、食べない」
ことを素晴らしいと思っても、

体が、「食べたい」時は、食べてしまいます。

「体が欲する」状態には、必ず目的があります。
体の声を無視して、無理やりダイエットしても、
必ず、リバウンドします。

続かないのは、あなたの意思の弱さじゃない!

つまり、「続かない」のは、
あなたの意志が弱い、わけではありません。

体や心の働きは、強力です。
意思の力でどうにかできることではないんです。

本能的に、変化を嫌います。
本能的に、不快を避けて、快楽を求めます。

だったら、
本能が受け入れるような、
内容とペースで、変化すること。

不快ではなく、
「快楽」と、「痩せ習慣」をセットにすること。

これが重要なんです。

なぜ「やせ習慣」が重要なの?

そもそも、あなたが今、
「ダイエットしなきゃ」と思っているのは、なぜでしょうか?

自分のことを、「痩せている」と思っている人は、
「ダイエットしなきゃ」とは思ってないですよね。
ということは、自分のことを、「太っている」もしくは、
「もっと痩せたい」と思っているんですよね。

では、その「体の状態」が起きている理由は、なんでしょうか?

そう、あなたの「今の体と心の状態」が起きている、
根本的な原因は、日々の選択や、行動なのです。

そして、「無意識」の働きは、97%以上と言われています。
つまり、日常の行動や選択のほとんどは、
「無意識が勝手に行っている」ということになります。

「太り習慣」を持っているから、太る

無意識の行動や選択、つまり、「習慣」の結果、
あなたの今の体や、心がある、ということですね。

言い方を変えれば、
あなたは「太り習慣」を持っているから、太るのです。

「太り習慣」を持ったまま、
いくら痩せるために頑張っても、
なかなか痩せられません。

車で言えば、アクセルとブレーキを、
同時に踏むようなものです。
進むと止まるが同時なら、
車は壊れちゃいますよね。

無理なダイエットでも、
心が壊れてしまうことも、あります。

習慣を変えれば簡単に成功する

習慣を変えずに、いくら頑張っても、
結局はたった3%の働きです。
なかなか人生は変わらないし、
ダイエットも成功せず、
結局は繰り返します。

一方、習慣が変われば、
簡単に人生が変わっていきます。

頑張るのはやめて、
97%の無意識にお任せした方が、
楽だし楽しいと思いませんか?

痩せ習慣ってどんなものがあるの?

今日からできる、簡単な痩せ習慣を紹介しますね!

・寝る2時間前になったら、スマホを機内モードにして、画面を見ない
・毎朝できるだけ同じ時間に起きて、”伸び”をする。(気持ちいいよ!)
・朝起きたら、お日様の光を浴びる(雨や曇りでもOK!)
→睡眠の質が上がれば、それだけで寝ながら勝手に痩せていきます
→スマホを使いたい人は、使っていいから、タイミングだけ朝に変えよう!

・間食を減らして、いずれなくす。スイーツは食後に食べる
・間食を無くすステップとして、無加工のものに置き換える
(砂糖なしのドライフルーツや、素焼きのナッツ、スルメなどがオススメ)
・「やせる出汁」を毎朝1杯、飲む(詳細は調べてみてね)
・「正しい知識」を学び、楽しく「プチ断食」する
・空腹時に、「理想のイメージワーク」をする
→空腹の時間を確保すれば、飢餓遺伝子の働きで勝手に痩せる
→ブラック企業並みに働き続けている胃腸さんが休まる
→自然の力で味覚を変えれば、異常食欲が変化していく

・何かを食べる時に、「はじめの一口50回噛む」
・ご飯の時に、毎回箸を置く。口の中が空になったら、箸を持つ
・よ〜く噛みながら、理想のイメージワークをする
→噛むことで消化の負担を抑えて、満腹中枢を刺激
→ゆっくり食べるだけでも食欲を抑えられる
→噛むことの美容健康痩身効果が実は半端ない

※理想のイメージワークについては、別で記事にします。

「やせ習慣」「やせ思考」と「快楽」をセットにしよう

快楽って、なんかちょっと難しい表現かもしれませんね。
簡単にいうと、「楽しい」ってこと。

じゃあ、あなたは何が、楽しいですか?

もしくは、「やせ習慣」を楽しめるようになるには、
どうすれば良いでしょうか?

「楽しい」と感じられる行動や思考には、

①自分自身が信じている「意味付け」(過去の経験など)
②体で感じる、気持ちよさ、心地よさ
③頭で考えない、感覚的な楽しさ

おそらくこのどれかが、関わっているのではないでしょうか。

ここでは、①と②について、考えてみましょう。

「コップに半分入った水」をどう解釈する?

自分自身が作った「意味付け」によっても、
人は楽しさや、苦しさを感じます。

ちょっと実験してみましょう。例え話です。

いいですか?

イメージしてみてください。

あなたは今、砂漠にいます。
そして、喉がカラカラです。

もちろん、オアシスなどはありません。

そんな時、目の前に現れたおじいさんが、
「コップに半分入った水」をくれたとしますよね。

さあ、あなたは何を感じるでしょうか?

もちろん、「ありがとう」と思って、
まずは一気に水を飲み干すでしょう。

このあとが重要です。

大体、2パターンに分かれるんですよね。

①「足りない、もっと欲しい、悲しい」と感じる
②「ありがとう」と感じる

全く同じ事実に、異なった解釈

つまり、
「コップに半分入った水」
という、
全く同じ事実に対して、

①「コップに、半分”しか”入ってなかった」=悲しい
②「コップに、半分”も”入っていた」=ありがたい

という、異なった2つの解釈をするんです。

もっと他の例を出してみましょうか。

「コロナが広がる現状」という、
「共通の事実」に対して、

「恐怖を感じる」人もいれば、
「日常に感謝する」人もいれば、
「ワクワクする」人もいるわけですね。

事実は1つでも、解釈は無限にあるんです。

そして、どんな事実に対しても、
本当は、解釈は自由です。

つまりは、
「楽しさ」は作れる、
ということです。

学ぶことで、自分自身が信じている「意味付け」を変える

例えば。「空腹は悪いことだ」と信じている人にとって、
間食を無くすのは、苦痛です。恐怖かもしれません。

では、「空腹時に何が起きるか知っている人」の場合、どうでしょうか。

実際、私たち人類は、

空腹を感じている時だけ、働くことができる、素晴らしい能力

を持っています。

飢餓遺伝子(サーチュイン遺伝子)です。

この遺伝子の働きは、
「全身の細胞をスキャンして、傷ついた細胞を修復すること」
「身体や能のパフォーマンスをUPすること」
「脂肪を燃焼すること」
などで、ダイエットにはもちろん、美容・健康にも、
素晴らしい効果があるんですね。

※人類は長い飢餓と戦ってきた歴史を持ちます。便利な現代社会じゃなくて、自然の中で狩猟・採集をしていたことを想像してみましょう。

※飢餓状態って、ピンチですよね。食べられなかったら、死ぬわけですから。ちゃんとピンチには、特殊能力が発揮され、パフォーマンスがUPして、狩りに成功し、食にありつけたわけですね。そんな素敵な能力が、飢餓遺伝子です。

上記に紹介した飢餓遺伝子の他にも、代謝酵素など、空腹時には私たちの体と心をより健康的で美しくしてくれる、様々な働きがあります。
これを学び、深く理解している人の場合は…

そうです、「空腹」が「快楽」になるわけですね。

ぜひ、あなたもお腹がなったら、この記事を思い出してください。
そして、こう唱えましょう。

「飢餓遺伝子さん、ありがとう」
「私は今、まさに、どんどんやせて健康で美しくなってる!」

これが「意味付け」を変えて楽しさを作り出す例の1つです。

脳で考える?体で感じる?心地よい感覚

次は、体で感じる心地よさについてです。

あなたは、
普段「脳」を使って考えていますか?
それとも「体」で感じていますか?

もちろん、どちらもあると思いますが、
現代人は、「脳」の割合が増えすぎてしまった、と言われています。

一昔前までは、日本人ほど、身体を上手に使えていた民族は、
いなかったのではないか、と言われていたりもします。

このまま脳の割合が増えすぎるとどうなるのか。

頭で考えて論理的に、合理的に行き着く答えを重視するなら、
私たち人間は、AIに勝てるわけがありませんよね。

ちなみに、参考までにご紹介すると、
私たちよりも大脳が大きい、ネアンデルタール人は、絶滅しました。

見えない世界や物語、虚構を信じられなかったために、
150人以上で、協力することが、できなかったのです。

脳にすべてを委ねてはならないことを、
昔の日本人は知っていたのかもしれませんね。

「肚(はら)」にまつわる表現は、現代でも数多く残っています。

体で感じる心地よさ=リラックスに意識を向ける

話がそれました!
つまり何が言いたいかというと、

体で感じて、心地よい感覚に意識を向けて、
それを続けることが重要なのです。

心地よい、楽しいからこそ、
無理なく続く。

同じ「痩せる習慣」つまりは、
「体操」や「身体の使い方」であったとしても、
より「心地よい」ものが最適ですよね。

そもそも、「緊張やストレス」自体が太り習慣です。
リラックス、ストレスフリーは、それ自体が「やせ習慣」なんです。

リラックスすると、呼吸が深くなります。
脂肪燃焼にとって重要な要素の1つに、
酸素があります。

また、脂肪燃焼されたあとの脂肪のうち、
84%は、呼気からでていくと言われていたりもします。

つまり、リラックスして、呼吸が深くなることは、
そのまま「やせ習慣」になる、ということですね!

心地よい体操などを実践し、深い呼吸の身体を作っていくことも、
楽しく習慣化し、やせ体質になっていくことに繋がります。

異常食欲の理由の1つは”緩む”こと

ちなみに、お腹が空いているわけではないのに、
異常に食べ物が欲しくなる。

こんな経験は、あなたにもあるかもしれませんね。

この理由の1つも、実は「緊張」です。

何らかの理由、ストレスなどで、体が強張っていると、
脳が「たべろ」と指令を出すのです。
なぜなら、緩む必要があるから。
緊張状態は、体にとっても良くないのです。

そして、「食べる」ことで、
とっても簡単に、「ゆるむ」
ことができるんですね。

つまり、異常食欲の原因の1つは緊張です。

食べなくても、緩む方法を知ることによって、
上手に解消することができることは、
とても多いです。

脂肪は敵!と思っていませんか?

また、脂肪についてもこの機会に考えてみましょう。

あなたは、脂肪=邪魔なもの、ダイエットの敵!
と思っていませんか?

実際、全くの無駄は、この自然界において、
また身体の働きにおいて、ありません。

脂肪にも、存在している、
目的があるんですね。

その1つは、体を守ることです。

現代人の9割は、
「正しい姿勢ができない」
と言われていることを、
あなたは知っていますか?

正しい姿勢、つまりは生物として、
最も良い状態の姿勢ができなくなると、
内臓が圧迫され、病気になりやすくなります。

そのため、姿勢が崩れていると、
体は「脂肪をつけること」で、
姿勢を整えようとしてくれるんですね。

この働きも、知っているだけで、
あなたの認識が、大きく変わりますよね。

つまり、脂肪は悪者ではなく、
あなたの姿勢が崩れている、サインなんです。

逆にいうと、
「正しい姿勢」にするだけで、
スタイルもよく見えるし、
健康的になるのはもちろん、

脂肪も勝手に消えていくんですね。

これは、本当におすすめの情報です。

正しい姿勢のための簡単エクササイズ

正しい姿勢を身につけるためにも、
まずは壁に背を向けて、10cmくらい前に、
立ってみてください。

そして、壁にやさしく触れるように、
背をつけてみましょう。

※緊張傾向にある人は、
グッと押し付けてしまいます。
「やさしく触れる」という、
新たなシナプスの流れを作っていきましょう♪

身体の背面が壁に触れていて、
胸が開き、両肩がつき、少し膝を緩めて、
上アゴをちょっと引いている、
こんな姿勢が、正しい姿勢です。

※詳しくはまた記事にしますね

まとめ、楽しさは作れる!

このままでは無限に記事が続いてしまいますので、笑
いったんこのくらいでまとめますね。

ここまでご覧いただいたあなたには、
「楽しくダイエットできる」ということを、
結構実感いただけたのではないでしょうか。

実際、楽しさは作れます!
楽しくダイエットに成功することは、
必ずできます!

ご縁がありましたら、
ぜひ、一緒に楽しみながら、
「人生最後のダイエット」に成功しましょう。

無意識ダイエットサポーター、
たいらまことでした。