プロ

記事
コラム
プロって、
基準はなんなんでしょうね。

大きなビルにオフィスを構えて、
業界には有名な人?。

まあまあ、自宅ですが、オフィスあります。
まあまあ、偏った範囲ですが、有名です。
(でも、ココナラでは、ゴーストスタンスなんです)


大きなビルにオフィス構えて、
業界に有名な人で、

全く存じ上げない、
仕事の成果が見えない、
自称プロはたくさんいます。

お客様に、
プロに任せてあるのだから、
手を付けないでという主旨を、
最後の最後に言われました。

原稿をポンと渡され、
「読み手」がより読みやすいように、
書いた本人のすばらしい人柄が出るように、
文章を、
流れるようにする。

ここは直さないでという指定が最初になければ、
全体的に、
効果的になるように手を入れます。
もちろん、
お客様のプライドは守っているつもりです。

それが、プロとして、私が手掛ける技術です。
35年以上やっています。
まだまだ還暦前ですが、
修業に入って40年は超えています。
これでもプロではないですかね。

本業では、
400文字5000円いただいておりますが、
ココナラでは、
リーズナブルなお値段設定しています。
それが決定的に、
プロ価格ではないのでしょうか。

おひねりで勝手に値段をつけていくお客様もおります。
それではできない仕事量だと書くと、
キャンセル!。
あげくに評価欄でコテンパンにされます。

文章の素人に、
文章に関して、

プロではないと否定されるいわれはない!。