#71 「節分」意味合い

記事
コラム
明日は『節分』、簡単に言うと大晦日です、運氣の大晦日。

占いでは運氣は、2月4日から始まり翌年の2月3日までが一年とされています。




太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準にした立春は、ともに新年ととらえられていた。


したがって、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことになる。





今も節分を「年越し」「年取り」と呼ぶ地域があるのはこの名残である。
一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆を撒いて、年齢の数だけ豆を食べる厄除けを行う。
また、玄関などに邪気除けの柊鰯などを飾る。
これらは、地方や神社などによって異なってくる。


古代の暦は、月の満ち欠けの繰返しで成り立つ「太陰暦」。
「太陰」とは空にある月のことである。

明治5年11月、政府より太陰太陽暦から太陽暦に切替える旨の太政官布告が発せられ、同年12月2日の翌日をグレゴリオ暦(今の西暦)に基づき明治6年(1873年)1月1日としたことで、その歴史に太陰太陽暦が幕を閉じた。



#恋愛 #復縁 #婚活 #結婚 #占い #言霊 #潜在意識 #Loop理論 #ズバリ導与 #リモートビューイング #統計学 #ツイキャスわくちゃん #占い師わくちゃん #いろはにポテト #節分 #運氣
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す