大規模修繕業者とマンション管理組合が直接つながるHP制作を支援 工事の大幅コストダウンに向けて

コンテンツ
写真・動画
ざっくりようやく
・マンション管理組合と、大規模修繕工事業者を直接巡り合わせるホームページパッケージリリース
近年、大規模修繕工事といえば設計監理方式という、誤った信仰が流通しました。
しかし、設計監理方式は、設計監理事務所、管理会社と施工業者の談合や、出来レースが非常にやりやすく、管理組合にとっても不利な方式であることがわかっています。
しかしながら、今回のような直接施工方式が必ずしも良いかといえば、そうではありません。
各施工業者が、各社ごとの提案を出してくると、よほどの建築知識がないと、それらを提案内容、材料のグレード、価格など多角的に比較することは困難です。
結局、管理組合側に専門的な知識を持つものがいないと、専門家に頼らざるを得ないわけです。
信頼できる施工業者がいる場合は、下手に比較検討するより、その業者にすべておまかせするのも悪い方法ではありません。