月末と、給料日前日にやること

記事
マネー・副業
こんにちは、モンサンミッシェルです。
平日日中は、福祉で仕事してるわけですが。数年前から、月末と、給料日前日の二度、手帳にその日の 
・手持ち
・銀行普通預金
・銀行定期預金
・楽天銀行のデビットクレカの残高
・d払い(口座払い)残高
・ココナラ売り上げ残高
・金券

以前は、手持ち、普通預金、定期預金、ココナラ、金券だけでしたが今年3月ごろから項目ふえました。


上記のそれぞれの項目の金額をメモしています。
そしてトータルの資産額も一緒に記入。
なので、例えば。
トータル  831599円
・手持ち    650円
・普通預金  71051円
・定期預金 992217円
・デビット  1671円
・ドコモ   4600円
・ココナラ  1949円
・金券    1563円

という感じで 手帳の一か月見開きのページのところ、月末や、給料日前日に記入しています。

メリット ・デビット残高ギリギリだったなってわかる(給料日にまたお金をいくら預けるか目安に)

     ・トータル資産 あともうちょっとで90万か~どのくらいでいけるかなって、楽しみながら逆算できる。

デメリット ・手書きなので、書き忘れる。(こんな時家計簿が役立つ!通帳記入すれば尚よし!)
      ・まだお金つかいすぎたぜ。。とへこむ。(経済回したんだとむりやり気持ち持っていく。)


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す