歴7年以上が教える、ブログ記事を書く際のポイント

記事
マネー・副業
「記事作成が難しい」

「何を書けばいいのか分からない」

「いつも時間がかかる」

といった悩みを抱えていませんか?

初心者はWEBライターに手を出しやすいと思いますが、実際に文章を書くことは難しいですよね。

この記事では、記事作成の手順のコツについて紹介します。

何を書けばいいか分からなかったり、少しでも効率的に書けたりするコツを紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

読者はネットで検索する際、何かしらの悩みや不安があり、解決策を知りたいと考えています。

そのため、私たちには読者が情報を求める理由や状況を考え、それに沿った記事を作成することが求められます。

このように考えを進めていくと、何を書く必要があるのか、何は書かなくていいのかが明確になり、記事作成をする道標となります。

記事作成のコツ①ターゲットの設定

記事作成のコツ1つ目は、ターゲットを設定することです。

前述したように、どのような読者が何を求めているかイメージすることによって記事が書きやすくなります。

1,どのような人に
2,どのような情報を届け
3,どのように行動して欲しいか
この3点をイメージするようにしましょう。
以下ではダイエットについて紹介する記事を書くことを例に説明します。

どのような人に
25歳の女性で、秋になってから少しずつ太ってきた人。趣味はYouTube鑑賞と料理で運動は苦手、めんどうくさがりな性格。

どのような情報
自宅で簡単にできるダイエット方法の紹介。運動の時間が掛からず、食事制限も難しくない方法。

どのように行動して欲しいか
ダイエットについて知ってもらい、実際に紹介した方法を行う。講座やジムなどに興味を持ってもらう。

このように、具体的なイメージをすると、どのような記事が必要になるか、どこへ誘導するべきかなどが明確になります。

難しい場合は、家族や友人をイメージしてみるのも良いかもしれません。

記事作成のコツ②キーワードを考える

記事作成のコツ2つ目は、キーワードを考えることです。ターゲットが設定できたら、どのように検索するかを考えてみましょう。

上記の例でいくと、「ダイエット」と実際に調べ、どのような情報を欲しているのか、どのような悩みがあるのかを推測します。

「ダイエット」と検索すると「ダイエット 食事」「ダイエット 運動」「ダイエット 簡単」といったキーワードが出てきました。

ここから、ダイエットに関連して食事や運動、簡単にできる方法について関心があるということがわかります。

例えば、「食事」というキーワードでは、どのような食材を用いているか、栄養バランスはどうすれば良いのか、根拠はあるかについて知りたいことが推測されます。

また、「簡単」というキーワードもあることから、簡単にできるダイエット料理、ダイエットに効果的な食材などを紹介することで読者の関心を引くことができます。

このように、キーワードを考えて実際に検索をすることで読者のニーズがわかります。

知りたい情報を考えておくことで、伝えたい情報がより明確になるのです。

記事作成のコツ③情報収集

記事作成のコツ3つ目は情報収集です。

ターゲットの設定とキーワードを考えたら何を伝えるか、記事に書き込む情報の選択をします。

記事の情報を集める手段としては

・Web検索
・書籍で調べる
・人に聞く
・実際に体験する
上記のような方法があります。

Webや書籍で調べる方法では、すでに公開されている情報を収集し、自分の中で整理して文字に起こします。

その際、筆者の見解や文章の組み立て、構成等を変化させることでオリジナリティを出す必要があります。

調べても分からない場合は、実際に人に聞くか体験することが望ましいです。

また、情報収集を行った際、全てを盛り込むとわかりにくい文章になることがあります。

どの情報をどのタイミングで書くか、どの情報は書かないかを考えながら情報収集をしていきましょう。

記事作成のコツ④読者に伝えたいことを考える

情報収集を終えたら、記事を通して読者に何を伝えたいのかを考えます。

同時に伝えたいことの根拠についても考える必要があります。

伝えたいことや、根拠が複数上がる場合があります。

どの順番で出すか、整理された文章を心がけましょう。

例えば、「ダイエット 簡単」について調べた場合、

伝えたいこと:食事はよく噛んで食べる
根拠:満腹中枢が刺激され、食べ過ぎが防げる
伝えたいこと:最初に野菜を食べる● 根拠:血糖値が急に上昇することを防ぐことができる
このように、伝えたいことと根拠を順序立てて作成します。そうすることで、読者がもっと読みたいと思うようになります。

根拠がない文章だと、読者からの信頼は得られません。信頼が得られないと記事を読んでもらえなくなるので注意しましょう。

記事作成のコツ⑤文章の構成を考える

記事作成のコツ5つ目は文章構成です。文章構成は記事の骨組みにもなる部分になります。

文章構成が良くない記事は、いくら内容がよくても読者の頭の中に入りにくいです。

そのため、いきなり本文を書き始めるのではなく、以下の点に注意しましょう。

タイトル、見出しを設定する
・順番を決める
・情報を付け足す、削除する

タイトル・見出しについて、記事に書かれている内容がひと目でわかるようなものにします。

そして、どのような順番で情報を提供していくか、記事の流れを決定します。

最後に、不足していた情報や多い情報を削除するなどして記事を整えます。

記事作成のコツ⑥実際に執筆する

ここまできて、本文を書き始めます。記事の内容を練って見出しまで設定すると、本文を楽に書くことができます。

本文を早く終わらせるコツは、最初から最後まで止まらずに書き続けるということです。

「ここはどう描こうか?」

「これで伝わるか?」

といったように文章について試行錯誤しながら本文を書くと、記事作成に時間がかかってしまいます。

記事の内容は、記事作成のコツ①〜④までで大まかに決まります。

本文をいかに変えようが、記事の良し悪しが大きく変化することはありません。したがって、一度に書ききることが大切になりま

記事作成のコツ⑦見直しと修正をする
本文を書ききることができたら、見直しと修正を行います。チェックポイントは以下の通りです。

・誤字、脱字
・変な日本語じゃないか
・読者の期待に応えられているか
・読者に疑問を残したままになっていないか
・誤字・脱字や、変な日本語になっていると、読者の頭に情報が入りにくくなってしまいます。

正確にわかりやすく情報を伝えるためにも、注意する必要があります。

読者の期待に応えられているかについて、読者が知りたい情報を知れているのか、内容は適切かについて吟味します。

知りたいこととずれていたり、専門的な内容が多かったりして頭に入らないような記事は読み飛ばされてしまいます。

難しい内容については適宜補足情報を追加する、不足分の情報を補うなどして、読者の期待に沿える、疑問の残らない記事作成を心がけましょう。

まとめ

最後までご視聴ありがとうございました。この記事では、初心者でもできる記事作成のコツについて説明しました

ターゲットの設定
キーワードの設定
情報収集
伝えたい内容の設定
文章構成
本文の執筆
見直しと修正

上記の手順で行うとスムーズに記事を執筆することができます。

ぜひ参考にしてみてください。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す