寂しい気持ちを点数にして提供します

大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. お届け日数
    5日(予定)
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ1
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ1
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ2
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ3
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ4
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ5
寂しい気持ちを点数にして提供します 大学の研究でも使用される 寂しさを客観的に知りたいあなたへ イメージ6

サービス内容

寂しい気持ちはとても身近な感情の一つだと思います。 孤独感ともいうことができるかもしれません。 寂しい気持ちは、孤立して1人だから感じるのかというとそういうわけではないです。 コミュニティの中で一緒にいる人がいても、感じるものなのです。 家族、会社、友達... いつも隣に誰かいるけれど、なんか寂しいと感じる。 それは人間であるなら普通のことです。 ただ「寂しい」という気持ちは、とても不快であり苦痛であることが多いと思います。 ここで1つの疑問を感じませんか? 「寂しいという気持ちはあるけど、この気持ちは他人と比べてどれくらいのものなんだろう」 自分の気持ちは、目で見ることができません。 しかしこの気持ちを少しでも目で見える形にするのが心理学なのです。 大学でも寂しさ(孤独)について研究していました。 巷で行われている4択の心理テストとは、少し話が違います。 ご購入様には、少し面倒に感じる質問をいくつかさせていただきますが、実際の研究でも使われるような質問が含まれています。 ぜひ体験していただければと思います。 このサービスでは、購入者様の寂しい気持ちを数値化(○点ですとお伝え)します。 数字にしたからといって何か大きな変化があるかと言われればありません。 ただ、数値にすることで、自分の寂しい気持ちが世の中の人に比べて強いのか弱いのかが分かります。 それが分かることによって安心感などの心理的影響を与えることができると考えています。 大学などの実際の研究にも用いられる質問に20項目回答していただき判断したい思います。 少しでもお役に立てると幸いです。 今ならオプションの「さらに寂しさについて深める」を無料で一緒にお届け! サービスについての御質問や、不明点はお気軽にダイレクトメッセージで御連絡お願いします。 ※本来の研究結果とズレる場合や私個人の見解が含まれます。 ※性格診断など複数の検査をすることにより自分のことを理解できると思います。 ※結果は、参考程度に考えていただけると幸いです

購入にあたってのお願い

以下のことを教えてください 1.お名前(ニックネーム) 2.性別 3.年齢(〇〇歳前半or後半)などぼやかしてOK 結果はご購入様の点数と寂しさについて理解が深まるレポート(PDF)になります。(オプションをつけた場合そのレポートも含みます。) レポート提供後に質問したい場合は、1回のみ受け付けます。 それ以上の質問や相談については、私の他のサービスを利用していただけると幸いです。

有料オプション