絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

9 件中 1 - 9 件表示
カバー画像

占ってみました ロシアがウクライナ情勢打開のために地域戦術核を使用するか

こんにちはhrperficioです。今回は苦戦しているロシアがウクライナ情勢の打開を目的に、地域戦術核を使用するかを占ってみました。ここでは戦略核と区別するために、あえて地域戦術核と呼んでいます。戦略核が長距離ミサイルや原潜などから大陸間レベルで発射できるものを差し、戦術核とは地域レベルでの戦闘で爆撃機や短距離ミサイルで使用するものを差します。誤解のないように表現するため、ここでは地域レベルでの戦術核という意味で地域戦術核と呼ぶことにします。写真は占いの結果となります。左側が結果、右側が環境条件となります。まず結果ですが、吊るされた男のカードの正位置が出ています。吊るされた男のカードの正位置は、忍耐や試練、努力や着実、抑制や妥協、英知や慎重、逆転や報われるといった意味があります。プーチン大統領は選択肢に確実に置いています。先日の演説でもあったように決して脅しではないと言っていますが、彼の選択肢では最終手段ではなく、ウクライナ側の意思を削ぐ目的程度での使用を考えています。どこに使うか、いつ使うかだけのことでしょう。どれだけの影響や犠牲が出ることなど考えてもいません。彼にとっても試練であり、忍耐最中でもあります。仮にロシア系住民や将兵に犠牲が出ても気にはしないでしょう。場合によっては国を守るために犠牲になったとして賞賛すらするでしょう。彼にとってはこの戦いに勝利することが自身の集大成でもあります。その意思は全く変わっていません。従って戦線膠着が始まる11月になる前の段階で使用する可能性もあります。また、ウクライナ側からすれば抑制や妥協という意味が重要となります。現時点ではゼレンスキ
0
カバー画像

ウクライナから穀物輸出再開

ロシアとウクライナの二国間の直接合意こそ実現しなかったものの黒海に面したウクライナの港から農産物の輸出再開を可能にするためロシアとウクライナは22日 同港からの農産物の輸出再開を可能にする個別の合意文書にそれぞれ署名したウクライナの支援国たちはゼレンスキー疲れに陥り大国ロシアは半年間の攻め疲れで兵員不足に陥り なんとなく一旦休戦の気運が持ち上がる中での 上記の輸出再開であるこれは希望の光ではないだろうか戦争とは ほとほと不条理であるお互いがルールの中で国を破壊し人殺しをするのであるその最中 折を見てまた細かいルールを敷きそして また破壊と殺生にいそしむのであるもちろん戦争の目的は国家間のパワーバランスの修正であるが あまり長引くと手段が目的とすり替わり まるで建設的なルールの中で互いが健全に破壊と殺生を行うことが目下 場当たり的なゴールとなりすまし政治と戦火のコントラストが些か喜劇の様相を呈してくることが被害者たちにとっては 甚だ虚しいのである御存じの通り ゼレンスキー大統領は元コメディアンである今ではゲリラ部隊を率いる長の顔をしている一方 プーチン大統領は元KGBである一時はダークサイドモード全開でしたが悪かったであろう体調も幾分か良くなり冷静さを取り戻しているように見えます世界はアメリカから始まる同時不況に陥ろうとしていますのでウクライナに対する関心は薄れて行くでしょう帰着点を探す時が迫っています*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.: ブログ読んでくださり ありがとうございます。 戦争
0
カバー画像

安倍元総理 盟友プーチン大統領 国葬参加ありうるのか⁉

政府は銃撃され死亡した安倍晋三元首相の国葬についてロシアのプーチン大統領の出席を認めない方向で検討に入った7/22(金) このような発表があったのですが確かにウクライナ侵攻を続けるロシアは世界中の非難の的となっておりとても葬儀に参加できる気運を持ってはいないしかし同じく 7/22(金) もうひとつ興味深いニュースが 飛び込んできた英国の対外情報機関 秘密情報部(MI6)のムーア長官は ウクライナ侵攻を続けるロシア軍は今後数週間のうちに何らかの形で作戦を休止するだろうとの主旨の発言をしたもしも本当に後数週間で戦争に休止符が打たれるのであらば 9/27 の安倍元首相の国葬への参加が見えてこないだろうか?現在 ロシアは完全に四面楚歌の状態にありかといって 永遠にそのような状態にある訳にもいかず妥協点の1つでも見出さなければならないのであるそこでかつての盟友 安倍元首相の国葬への参加は格好の社交の場となりうるのです首相在任中 安倍元総理は プーチン大統領と 計27回の首脳会談を実施し緊密な関係を築きましたプーチン大統領は安倍元首相銃撃事件を受け 昭恵夫人に「犯罪者の手により 日露の善隣関係の発展に貢献した傑出した政治家の命が奪われた」との電報を送ったそうです実際 自民党は地上波レベルで大荒れしている統一教会の問題でそれどころじゃないかもしれませんが自民党もロシアも一度 頭を冷やすいい局面に到達しているような気もします49日をさまよい 天に召されようとしている安倍さんは 自らが起点となるこの事変をまた その事変が広げつつある磁場の曼荼羅をどのような想いで見据えていらっしゃることでしょうか
0
カバー画像

ウクライナ情勢の年内終結の補足

こんにちはhrperficioです。本日年内に終結するかについての占いを公開しました。色々と質問が来ているので、補足として以下出稿することにしました。終結できるかどうかはプーチン大統領しだいです。彼が名誉ある決断を自身が下せるかどうかにかかっています。プーチン大統領がウクライナ全土の掌握や、ロシア系住民の存在を意図した更なる領土・支配権拡大を狙うならば、年明けも戦闘が継続します。更に戦闘継続や経済的な環境悪化は我慢の限度を超え、国内でも不満が増加していくことになります。そういったことも踏まえると権力を維持させるためにも年内がプーチン大統領にもぎりぎりの選択になります。それを超えると国内の不満は一気に悪化します。現状は国内に向けて論理的な解決手段として、ウクライナ東部の確保(侵攻前の状況の維持)とウクライナのEU・NATO加盟を認めることが果たして受入れられるのかどうかになります。現時点では総力戦をかけてもウクライナ全土掌握は無理でしょう。また、侵攻前以前の状態まで押し戻されることは避けたいところです。ただ、挙げた拳を降ろすことは簡単にはできません。絶対権力者であればなおさらです。こうした決断をプーチン大統領が戦略的に決断できるかどうかにかかっています。この戦争はプーチン大統領が始めたものですから、止めるのも彼の決断だけで可能です。また、占い本文でも記載した通り、これが今後の欧米との勢力圏線引きの重要な課題となります。多少譲っても完全な勢力圏を確保することも大事です。こうした戦略を選択できるかをプーチン大統領が握っているのです。また、占いでは環境条件に皇帝のカードが出ています。こ
0
カバー画像

プーチン大統領が飛躍できたのは主役だから

 プーチン大統領は今まで思い通りの人生を歩むことができています。KGB(スパイ組織)に入りたいと思っていたら、大学で本当にKGBにスカウトされました。そもそもKGBは求人応募と言うのは無くて、KGBが欲しいと思った人物をスカウトする方法でしか採用していません。そしてKGBに入ったらみるみるうちに出世。紛争の対処をしたら、瞬く間に紛争終了。そのことで人気が出て大統領選に出馬したら当選。大統領任期が2期までしかできないという憲法のため、そのまま引退と思っていたら。一旦大統領を部下に任せ、その後大統領選に出馬するという方法でまさかの復活。さらに憲法を改正して永久に大統領ができるように作り替えました。こんなことを普通の一般の人(脇役)がしていたら、どこかで邪魔が入って、失脚や逮捕、あるいは暗殺されてしまいそうなのですが。プーチン大統領だけは、思い通りに事が運んでいます。それはなぜでしょうか。それはプーチン大統領は主役だからです。 すなわち、この世の中は一種のアカシックレコードというシナリオができていて、そのシナリオに沿って劇が繰り広げられているとのこと。劇である以上、そこには登場人物が存在し、それは大きく2種類に分かれます。すなわち、主役と脇役が存在します。  主役は劇の主役のように良い意味でも悪い意味でも目立つ存在で新聞に出るような人で、波乱の人生を歩みます。小説の主人公と一緒です。死にそうでなかなか死なないという特徴が有ります。よく偶然飛行機に乗り損ねたらその飛行機が墜落して助かったと言う例がありますが、そういう人は主役です。また、「有名人が乗る飛行機は墜落しにくい」という噂が有り
0
カバー画像

#127 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言

「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」 スパイ映画でも知られる英秘密情報部(SIS、通称MI6)の元長官が、ロシアのプーチン大統領が2023年までに引退すると発言した。MI6元情報部員も健康不安説に言及した。西側の諜報機関はロシアのトップシークレットをどこまで入手しているのか。 「彼(=プーチン氏)は2023年までに去るだろう」と語ったのは、リチャード・ディアラブMI6元長官。共同でホストを務めるポッドキャスト(音声メディア)で語った。「おそらく療養所に入所し、ロシアの指導者として浮上することはないだろう」と述べ、ニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記が「代役になる可能性が高い」との見通しを示した。 MI6元情報部員のクリストファー・スティール氏は、プーチン氏について「常時、医師に付き添われている」と健康不安説に言及。安全保障会議で「セクションの間に外に出て何らかの治療を受けている」と述べたと英LBCラジオが伝えた。クレムリン(大統領府)内部について「ますます熱を帯び、不安定になっているかに見える」とし、後任は「プーチン氏より強硬な人物になるだろう」とした。 軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は「米国やフランスの情報機関の場合、OBに情報を流すことはないが、英国は特殊なインテリジェンス(諜報)コミュニティーがあり、人的ネットワークもあるとされる。ただ、プーチン氏の病状などは最高機密で、ロシアに揺さぶりをかける場合を除けば外には出てこないのではないか」とみる。 近年の情報戦では古典的な
0
カバー画像

占ってみました ロシアはウクライナ侵攻で核兵器を使うか

こんにちは、hrperficioです。緊迫するウクライナ情勢ですが、停戦に向けた交渉の動きがある中で、一部の観測ではロシア軍が核兵器を使用する可能性があると指摘しています。実際にロシアが核兵器を使用するのか、どんな状況で使用するリスクがあるのかを占っています。写真は占いの結果となります。左側が結果、右側が環境条件となります。まず結果ですが、星のカードの逆位置です。星のカードの逆位置は、失望や絶望、高望みや見誤り、放棄や時代遅れといった意味があります。結論から言えば、核兵器を使用するリスクは非常に高いことを意味します。星のカードの逆位置の意味合いはプーチン大統領の今の感情そのものを表しているといっても差し支えありません。簡単に攻略でき、屈服させられると考えたウクライナ侵攻に手間取り、国際的にも孤立した状況下で、国内情勢や自己の利益を考えるとここで目標を降ろすことは彼の発想からすると死を意味するからです。また、時代遅れというキーワードもありますが、彼の発想は19世紀から20世紀にかけての帝国主義思想そのものです。今のプーチン大統領にとっては事態を打開して、一刻も早く自身の達成したいロシア・スラブ帝国の再考を実現することにあり、そのためには多少のリスクを冒しても報復的な攻撃に遭うことはないと考えています。核兵器というと大規模な破壊力を持つICBMに搭載されたものをイメージするかもしれませんが、こういった戦略核ではなく、戦術核兵器のような局地戦やピンポイントでの都市破壊を狙ったものであれば十分可能性があります。首都のキエフや南部のオデッサであったり、欧米にも馴染みの深いヤルタであったり
0
カバー画像

占ってみました ロシア・プーチン大統領は退陣するか

こんにちは、hrperficioです。ウクライナの状況はロシアの軍事攻勢によって日々悪化しています。国際的な支援や協力なども行われていますが、制約の大きい中では大きな影響はなく、このままだと早期に占領されるかもしれません。そんな中でロシア国内外でのプーチン大統領への批判が強まっており、軍事制圧できたとしても政治的な圧力によって権力基盤の弱体化を見通す声も出始めています。この後、プーチン大統領が退陣する可能性があるかどうかを占っています。写真は占いの結果となります。左側が結果、右側が環境条件となります。まず結果ですが、皇帝のカードの逆位置です。プーチン大統領が退陣するかどうかを単純に占うとこのような事態は発生しないと解釈もできますが、「皇帝のカード」が出てきたことが大きな意味を持っています。プーチン大統領は子供の頃から苦労をしており、KGBでの立身出世の結果として今の地位を獲得しています。お金を含めて苦労したことが大きなバックボーンとなっており、彼の最終的な欲求は「ロシア皇帝」のように振る舞うことでもあります。そんなプーチン大統領を表すのが皇帝のカードの逆位置でした。皇帝のカードの逆位置は未熟や横暴、傲慢や勝手、独断や無責任といった意味を持っています。これらのワード全てがプーチン大統領に当てはまります。プーチン大統領は秘密主義であり、一部の側近を除けば本心を明かさず、官僚・警察的な発想で人命を軽視した発想で政治を行っています。その言動こそが「皇帝」でもあるので、これらの悪い影響がプーチン大統領に大きくのしかかってくることを意味します。退陣で済めばよいですが、最後のロシア皇帝である
0
カバー画像

プーチン大統領 VS ゼレンスキー大統領

ウクライナ情勢についてはフンワリしかワカリマセンので、あくまで陰陽五行的観点で分析させて頂きます。プーチンさんって69歳なんですね。そんなお歳で争い事を好むって凄いお元気よね。←対して、ウクライナのゼレンスキー大統領は44歳。若い!この二人、運命的にはそんなに相性は悪くないです。家族的な親近感と、一緒にいると一体感を感じ派閥を形成する仲の良さがある。ただ、意見は間反対で分かり合えない、違いを理解できない部分はあります。ですが、それでもなんとなく一緒にいてしまうし、「そういう見解もあるよね」程度に思って適度な距離を持ち、意見の違いを尊重し合うことができれば協力しあえる関係です。会って話し合えばえーやん、って思うんですけど。ゼレンスキー大統領は現在、なかなか良い追い風の運気の中で生きています。今年は、非常にストレスを感じやすく、夫婦の問題にも大きな影響がある。しかし、試練があった末、変化を受け入れることができれば相当な成功を掴める年です。国民に寄り添い、庶民に受ける政策やサービスをすることで運気を上げますし、良い方向に持っていけます。ゼレンスキー大統領は、今回のロシアからの侵攻を機に、変わる必要がありますね。意外と彼にとってはこれがチャンスでもあり、良いきっかけのように思います。プーチン大統領は生まれ時間が欲しいところですが、70年の人生を遡って生まれ時間を推測するのはマジでしんどい&そこまでプーチンに情熱を向けられないので、生年月日で見ます。全体的には思うようには自分を発揮できずに自分から運を潰してしまうところがある。今年は、この人も途中経過はそんなに良くなくて、今の立場
0
9 件中 1 - 9
有料ブログの投稿方法はこちら