絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

商品の販売が苦手な方に読んでもらいたいコツ(4-1

いつも読んで頂きありがとうございます。商品販売や、人間関係、コミュニケーションのコンテンツになります。初心者~中級の方にわかりやすく説明していきます。一章づつ完結で書いてます。全部読んだ方が伝わりやすいです。初めから読みたい方は👇商品を相手に伝えよう。相手に商品を伝えるときに意識していることは?私が商品販売しているときに意識していたことは、商品を知る段階で、商品に対して感動するです。簡単に言うと、商品を調べる時に感動できるポイントを探して、自分自身が感動を体験することです。お客さんに商品説明するときに、その感動を思い出して説明していました。感動は商品説明の気力と迫力に関わります。感動とは?人によって変わってくると思いますが、私の場合は●商品の良さを知った●他の商品と相性が抜群●商品の明確なターゲットを知ったなど商品のブランディングが、自分の頭の中でできたときに『感動』が生まれます。人に教育するときは、教えること以上に知識がないと教育できないといいますが、商品説明も同じだと思います。100個の情報を持ったうえで、お客さんに合った20個の選抜された情報で販売する・・・・みたいなイメージ。簡単に言えば、自分が納得できるまで調べて、勉強して、どんなお客さんにも対応できる知識を身に着けるってことです。なぜ、感動が必要なのか?自分が納得できる知識量ってのは理解できると思いますが、それ以外は?感動によるテンションもとても必要です。好きなモノを人に説明するときは、自然とテンションが上がるものです。商品説明の時にテンションが高ければ、自然と良いものだと伝えることができます。実際、細かいことは何も
0
カバー画像

商品の販売が苦手な方に読んでもらいたいコツ(5

商品販売や、営業、人間関係のためになる記事を投稿しています。初心者から、中級の方向けの記事にしています。初めから読んだ方がわかりやすいので是非1章から読んでみてください。5章目はクロージング何かの販売や契約をするときに何を意識してアプローチしているか。対面でしか発揮できないアプローチの仕方。最終的に商品だけで決断させるのか。ほかに決め手になるものはないのか?使えるものは使っていきましょう。お客さんの今の気持ちは?お客さんが今どういう気持ちで悩んでいるかを明確に把握する。商談や販売の時、お客さんが興味を持って来店している場合と、こちらから販売する為に行く場合など、お客さんの商品に対する興味は様々です。もちろん興味をもって来店している場合は、説明を聞きたいと思って聞いてくれるので問題ないですが、興味や関心を持っていないものの販売では、あまりよくない雰囲気のまま商談が終わってしまうこともあると思います。まずはお客様の気持ちのボルテージがどこにあるのかを知りましょう。前向きに検討しているのか、それとも、あんまり興味ないし話をしている時間すら無駄と感じているのか。興味ない人に「いかがですか?」と聞いても99%以上良くない答えが返ってきます。興味ない人には「いかがですか?」と聞くよりも、何に対して興味関心がないのか、何に納得いっていないのかを知り、それに合った提案をして、考えてもらう時間を作ったりと、すぐ決断してもらわないようにしましょう。時間を置いたらちょっと興味持ってもらえたなんてこともあります。小さい可能性をめんどくさがらず掴んでいきましょう。お客さんの気持ちをある程度理解したうえで
0
カバー画像

商品の販売が苦手な方に読んでもらいたいコツ(3.5)

第3章  ヒアリング第4章  伝えるの中間の章です。なかなか文章だけで全部伝えるのは難しいので、思い立ったときに書き足していくので、内容忘れた方は3章と4章を見直してから読んでみてください。3章4章3章は一部有料にしていますが、無料部分だけでも内容はある程度理解できると思います。今回の内容はその有料部分の応用みたいになります。内容が複雑なのでゆっくり読んでください。お客さんの欲求人の欲求のレベルは『マズローの欲求5段階』を知っていると提案の言い回しの手助けになります。欲求レベルを知らないで、商品をお勧めすると、あまり伝わらないかもしれません。例えば、生活に困っている人に⇒『この商品はなくてもいいけど、あったほうがいいよ!』こんな勧め方をしたって買ってくれる確率は低いと思います。逆に、裕福な生活をしている人に⇒『生活の最低限として、これはあったほうがいい!』なんて場違いなお勧めをすると、・・・・・この人本当に私のこと解ってるの?信用できないな・・・。という感情を持たれてしまったり・・・。では、欲求のレベルとは?マズローの欲求5段階とは●生理的欲求●安全欲求●所属と愛情の欲求●自尊欲求(承認欲求)●自己実現欲求の5つに分類されます。1つづつ簡単に説明していきます。1.生理的欲求この欲求が、一番下の欲求。生命維持に関わる欲求で、『食欲』『睡眠欲』など生きるためにどうしてもしなくてはいけない欲求です。この段階にいる人は、『生活にプラスであったらいいもの』『生活を豊かにするもの』の購入はしずらい、と考えておいてください。ただ、絶対に買わないかと言われると、そんなこともなかったりします。警
0 500円
カバー画像

商品の販売が苦手な方に読んでもらいたいコツ(4)

いつも読んでいただきありがとうございます。初心者から中級車の方向けの『販売・営業のコツ』の記事です。人にモノを勧める『営業』の知識を深めるためのものです。もちろん営業ではなくても、人間関係でも役立つ知識が豊富ですので、ぜひ読んでください。最初から読みたい方はこちらから👇ほぼ無料コンテンツになっています。今のところは・・・・w今回は『商品の魅力を相手に伝える』について書いていきます。『言う』ではなく、『伝える』『言う』と『伝える』と聞いた時、どういうイメージがありますか?私は・・・『言う』・・・・一方的に話す。自分の価値観の押し付け。『伝える』・・・相手が受け取れる状態で話す。相手が求めていることを渡す。相手が理解できる言葉で話す。同じ価値観で話す。このように思っています。皆さんはどういうイメージを持っていますか?両方に共通するワードとしては『価値観』・・・・?価値観とは?価値観とは、本来の金銭的な価値とは違って、人それぞれが持っている価値の感覚。Aさんにとってはとても大事なものでも、Bさんにとっては別にいらないものだったりします。それが価値観です。価値と価値観は全く別物。価値は上がらなくても、価値観は操作が可能なものです。例としては・・・マクドナルドが好きなA君と、マクドナルド嫌いじゃないけど、別に自分から食べたいとわ思わないB君がいます。2人は友達です。めっちゃ仲良くて、いつも一緒に居ます。A君は最近はまっているマクドナルドの新商品の話をB君にしました。「マックで最近出た辛いハンバーガー知ってる?あれめっちゃうまいよ!マック史上最高のハンバーガーだよ!今週だけで3回も食べたw
0
カバー画像

商品の販売が苦手な方に読んでもらいたいコツ(3

第1章・販売側の役割と理解  から第2章・商品を知る(セールスポイント)+特別編・付加価値その続きになります。前のお話を読んでない方は👇なぜ販売するのか、どういう気持ちで販売するのか、どこをセールスポイントにしていくかのお話ししました。今回はヒアリング(カウンセリング)についてです。まず、販売の営業が必要な層のお話から。販売の営業の基本は『買うか買わないか悩んでいる』層に向けてします。一般的に2.6.2と言われる割合。これは・・・●何を言っても買う層2割〇買うか悩んでいる層6割△ほぼ買わない層2割になるのがほとんどだと思います。〇の『買うか悩んでいる層』にアプローチをかけるのが営業だと思ってください。悩んでいるのだから買わないのが当たり前です。それを、いかに『買いたい』と思わせられるか。〇の層のお客さんが段々買うようになってきたとき、とても達成感が生まれてくるので、少しづつでもいいので、着実に力をつけていきましょう!ヒアリングの重要性前章のセールスポイントは販売側が提示する商品のメリットになりますが、お客様が必要としてるメリットとは限りません。シンプルな白い車が欲しいのに、赤色のド派手な車の良いところを説明してもあまり魅力に感じにくいのと同じことです。ただ、『白い車が欲しい』という情報があれば、白い車の説明もできるし、白い車と赤い車の比較ができるので、より明確に赤い車の良さを伝えることができます。もしかしたら赤の方がよく見えてくるかも・・・ヒアリング(カウンセリング)とは『お客様が必要としている情報』の引き出す技術です。実際にヒアリング(カウンセリング)するでは、『シンプルな白
0 500円