絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

狂犬病ワクチン接種の必要性について

はじめに初めまして、獣医師のtk moriと申します。coconalaではペットを飼われているみなさんに、主に獣医療に関する知識をお伝えし、ペットとの暮らしを今よりももっと豊かにすることを目的にサービスを提供しています。臨床獣医師として動物病院で診療をしていた時だけではなく、coconalaにおいて飼い主さまとコミュニケーションを送っていく中で、改めて飼い主のみなさんを含めてペットに関わる全ての人へ向けて、ペットを飼う上で必要な知識や知っておかなければならない情報をもっと伝えていきたいと思うようになりました。そこで今回は、わんちゃんを飼われている方ならご存知かもしれませんが、狂犬病ワクチンの接種の必要性についてお伝えしたいと思います。狂犬病の予防接種って義務なの?多くの飼い主さんが狂犬病ワクチンの接種はうちの子に必要なものなのか?と疑問に思いながら接種しているそうです。実はこれは法律によって定められているものなのです。犬の所有者は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない。                   (狂犬病予防法第5条の1より、引用・一部改変)ご存知でしたか?原則的にはこれに基づいて、動物病院でも獣医師はわんちゃんの飼い主さんに狂犬病ワクチンの接種を促しているのです。さらに、第5条の規定に違反して犬に予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかった者は、二十万円以下の罰金に処する                        (同法第27条の2より、引用・一部改変)とあるように、予防接種をしていないと法律違
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら