絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

【教員相談】思春期の不登校について考える

こんばんは。柚木ゆずかです。私は、中学校教員を10年間しており、多くの生徒や保護者様たちと密接に関わってまいりました。この4月からは非常勤講師として働いています。今日は思春期の子どもたちの不登校について少しお話させていただきたいと思います。不登校はとてもデリケートなお話です。一人ひとりその気持ちやいきさつ等は違っております。<思春期の子どもと不登校>まず、思春期は、とても敏感で多感な時期です。もう子どもでもなく、かといって大人でもなく、大人の世界にはまだ入りたくなく、大人に反発を覚える時期です。したがって自分の世界に閉じこもりたくなる時期なのです。では、不登校について考えてみます。不登校とは文科省の定義では「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童・生徒が登校しない、あるいはしたくともできない状況にある者」とあります。理由はさまざまですが、私が見てきた中で大きく分けるとこのようになりそうです。また近年では、1より3が多くなってきた気がしています。1.人間関係による2.自己意識による3.起立性調節障害による<気持ちを言葉にする手伝いを>それぞれの解決には、その日その時の対応と捉え方、今後の見通しをもつことが大切ですが、一朝一夕のことではなく大きく心を構えて長いスパンで考えることも大切です。全てに言えることは、無理に登校刺激をするのではなく、その子の気持ちを吐露してあげることが第一に重要だと思っています。思春期のモヤモヤした気持ちは、単純なものではなく、自分の心と体について、人間関係について、学習面について、部活動について、大人との関わりについて、友人関
0
カバー画像

【教員相談】思春期の子どもの気持ち

こんばんは。柚木ゆずかです。今日はとても寒くて、北国に住む私は石油ストーブをつけてしまいました。昨日よりも最高気温が12℃も低く、全国的に異例の寒さのようです。皆さまもお身体ご自愛ください。さて、私は中学校教員として10年勤めました。現在は非常勤講師として働いています。<思春期の子ども> これほど発達段階で難しい気持ちの年齢の子どもたちはいません。心と身体が急に大人の段階に入り、自分自身も戸惑い、自分自身を探していく時期です。だからこそ、自分が向かう先の「大人」に反抗したり、大人への仲間入りをためらい、自分たちの世界に入りたい年頃です。私たち大人の言葉を無視したり、ぞんざいな態度をとったりしてしまいます。こんな時、大人の私たちには何ができるのか(^^)<私たち大人ができること>それは、「べったりつかず、かといって離れすぎず、 温かい言葉をそっと投げかけて、 放っておくように見せかけて見守る」これが一番です。私たち大人がかけた言葉を無視しているときも、子どもたちはしっかりと聞いていますし、しっかりと心に入れています。また、このような思春期の子どもたちのことを続けて書いていけたらと思います。<教員が今すぐに!少しでも!傾聴いたします>
0
カバー画像

子供の育ちは愛の育み

私には子供が2人います。年子なんですね。もう10歳と9歳なんですが、とっても甘えん坊です。女の子です。私の意識ではもう10歳だから・・とか何歳になったんだからこれくらいできて当たり前でしょっ!なんて簡単に処理してしまうところがあるんですが、子供にとっては全くの見当違いなんですね。子供成長は、何歳になったらこれができるとか、もう幼稚園のときもしていたことなんだからできて当たり前とか、そういうことではなくて、いつでも『今』を見て欲しいんです。子供は、『今の自分』を、認めて欲しいんですね。ですから、できるできないいい悪い白黒YESnoではなく、ここにしかいない、今のこの瞬間の、『自分』を認めて欲しいものなのです。こんなこと、今さらのように気づいた私なんですね・・。分かっていて、分かってないこんなママなのです。何の条件無しで、存在していい存在。子供が今発することに、その都度向き合うこと。ついついまたそんなこと言ってる・・・なんて思いたくなるようなことも、これが現実、目の前の我が子の姿そのまんま受け止める。そして、それを楽しむ。我が子が、ただそこにいてくれることに、感謝。どんなも、こんなもない、たった一人唯一の長女、たった一人、唯一二番目に生まれてくれた次女。ありがとう。ありがとう。ありがとう。我が子の存在に感謝します。その感謝気持ちは、我が子の育ち、愛の育みにつながるのではないかな。AYUKO
0
カバー画像

発達障害:グレーゾーン 子どもとの思い出帳NO.6

進学が決まってからバタバタとしてほとんど部屋の片付け・掃除もせずに去年、出て行ってしまった子ども。私も片付けは苦手で(>_<)人の物を捨てていいのか悪いのやらわからずでそのまま放置していました…。「これ要る?」「捨てていい?」とzoomで確認できたので少し処分できるものが出ました。ノート類、教科書類をビリビリしてゴミ袋に入れながら思ったのがなんかすごく頑張って勉強していたんだなと。いつも部屋ではぐうたら寝ている姿だったり家庭教師の先生には「やる気がないならもうやめる(-_-メ)」と途中で帰られてしまったり。…親としては(あの~、お支払いしているので教えてくださいよ~)とちょっぴり思ったけど( *´艸`)やる気ゼロな姿の子どもばかり見てましたがまじめに取り組んでもいたんだな~。それを知らずに「やってるの!?」「ちゃんとしなさい」とよく大きな声を上げてたな…ごめん(>_<)勉強の内容は見ても全くわからずの母ですが落書きが全く無いことにビックリ!(^^)!遥か昔ですが…私のノートや教科書はウサギやネコの絵やらの落書きが踊ってました(;^ω^)細々と小さな字でいろいろ書いてあり(後に老眼気味の母からもう少し大きな字で書けないの( `ー´)ノとこれまた文句を言われる字ですが)ノートも几帳面にきれいにプリントが張ってあったり…こういうきちんとまとめたり整理する能力をみると障害とか普通とかとっても曖昧に思えてしまいます。前に書いた『みんな違ってみんないい』ではありませんがいろんな形態があっていいんだと思えるようになってから…私自身も軽くなれ、楽になれました(*^^*)
0
カバー画像

2021/06/01 子育て

おはようございます(^O^)今日から6月♪今年がもう半分過ぎる('Д')💦早い!!6月も頑張りまーす!ってな感じで今日のテーマは「子育て」こっれは子育て中のままさんはもう永遠って言ってもいいほどの課題☆(大袈裟?)笑私もまだまだ子育て?って言ってもいいのか、子育て中なんだけど、ちなみに長女17・次女13(^^)/姉妹だが性格は全く違う。面白いよね、同じ所から出てきてるのに性格が違うのって笑私の育て方って多分、いやきっと周りから見たら特殊なんだと思うけど、基本自由なのよ。”母親”としてある程度の事は言うけどそれ以降は子ども達に考えさせる。って感じ。例えば、母)学校に行きなさい。子)行かない\(^o^)/母)分かった☆母)宿題しないの?子)しない\(^o^)/母)おっけ~い!みたいな(*'▽')誤解しないでほしいのが、ある程度の事は言う。からね^^学校行かなかったらその分苦労するのは本人って事も伝えてるし、もし将来夢ができて、目指す所に行きたくなった場合、勉強してきた子たちよりも倍努力しないといけなくなることも伝えてる。でもさ?そんなのその状況にならないと分からないと思うのね。実際私も学校に行ったり行かなかったりして、好き勝手遊んできた。その代償が、”社会”に出た時、忍耐と戦い、勉学のなさに恥ずかしい思いもした。(+o+)こういう思いをしてほしくないし、忍耐も(学校生活をする事によって鍛えられる)勉強の基礎も学ぶ為に学校へ行けって言うんだけど・・・ねえ・・・。親の心子知らず。行かないんだわ\(^o^)/んでえ~めっちゃ話それたんだけど、幼少期の時点での接し方で良いも悪いも変わってく
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら