絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

退職金を受け取った後のお話 使っても減らない運用ができればベスト

退職金とはこの記事を読んでいただいている読者の皆さんは多分、50代後半であと数年で定年退職を迎える方や既に定年退職を終えた方がメインではないかと思われます。そこで、今回は退職金について考えてみたいと思います。  そもそも退職金とはどんな制度なんでしょうか。退職金制度とは一般的に定年退職を迎えた従業員に退職金を支給する制度ですが、必ずしも法律で支給しなければならないとされているものではありません。退職金制度は企業独自の制度であるため、金額なども各企業が自由に設定しています。また、日本企業でも導入している企業としていない企業とに分かれる様です。退職一時金でもらう場合と退職年金でもらう場合がありますが、今回は一時金でもらうと想定して考えてみます。厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査 」によると、定年退職時の退職金平均は、大学・大学院卒で1,983万円だそうです。退職金の運用方法この様な高額なお金を一度に受け取る訳ですが、考えたいのがその運用方法です。現在の様な低金利時代、退職金をそのまま銀行口座に置いておくだけでは全く増えません。例えば、2000万円を金利0.01%の定期預金に預けていた場合、1年後の利子はたったの2000円です。10年預けたとしてもたったの2万円少々です。これでは運用とは程遠いですよね。そこで考えたいのは、各金融機関で実施している退職金運用プランです。(各金融機関ごとに名称は異なります) 私の住んでいる長野県の金融機関の場合ですが、いくつか使える3つの実例を紹介したいと思います。他の都道府県の地方銀行でも似たようなプランがあると思います。 ①八十二銀行の「セカン
0
カバー画像

公務員辞めたいあなたに激レア情報教えます!体験談&秘密情報

はじめまして✨ぽぽと申します。こちらの記事にたどり着いたということは、あなたはこんなお悩みを抱えているのではないでしょうか。もう仕事やめたーーい!!!でも、もったいない気がする。。。。○辞めたいけど踏ん切りがつかない ○実際退職金っていくらくらいもらえるのかな○公務員から起業したいけど大丈夫かな○起業するために今からできることって何だろう○フリーランスになりたい○辞めた後にかかる支払い費用ってどのくらいだろう○もう職場行きたくない ○辞めた人の経験談が聞きたい○手続きは何が必要? 〇自由になりたい〇辞めたらやっていけないんじゃないかな〇職場の人に退職について聞きづらい〇具体的な数字を教えてくれる人がいない〇公務員を辞める前にしておいた方がいいことってあるのかなetc... ひとりで悶々とされている方、一つでも当てはまる方はお役に立てると思います! 私は8年間公務員として勤務し、退職してフリーランスになりました。 民間企業からの転職だったので、公務員独特のかんじが元々合わず、違和感をずっと感じつつも、 「私が他の場所で今くらいの給料をもらえるところはないしなーー」と嫌なことから目を背け、仕事ってこんなもんだと淡々と続けていました。 ただ、最初から思っていましたが公務員は理不尽なことが多すぎる!!!きっと皆さんも同じ気持ちですよね?まだここは昭和の時代なの?!と突っ込みたくなるような縦社会!特に若い世代の方は、どんなに頑張っても古株の上司や先輩に手柄をとられてしまったり、理不尽なことを言われても周りの雰囲気を壊さないように言われたとおりにしたり我慢することが多いと思います。私
0 1,000円
カバー画像

退職金で繰り上げ返済はした方が良いのか?

35年の住宅ローンを借りる場合、30歳で家を建てなければ退職後も住宅ローン支払いの心配をしなければなりません。35歳の時に家を買えば5年分、40歳の時に家を買えば10年分のローン支払いをどうするか、考える必要があります。 方法はいくつかあります。 ・退職金で一括返済 ・退職金は取り崩さず、ローン支払いを続ける ・ローン支払いが続く間は働く 等々、他にも考えられることはあります。このうち、3番目のローン支払いが続く間は働くという選択肢は、出来る限り考えておかない方が良いです。 その理由は、第一に退職時に健康である保証がありません。また、65歳になると、今までの職場は退職しなければならない場合もあると思います。一から新しい仕事をすることは、気持ちの面でもハードルが高いかも知れません。 プランとしては、 ①退職金で一括返済する方法 ②一括返済せずにローン支払いを続ける方法 どちらかが候補としてあがります。 では、35歳、40歳で35年の住宅ローンを借りた場合、繰り上げ返済した場合としなかった場合、どのくらいの差があるのかをシミュレーションしてみました。 こちらが比較表になります。4500万円、5000万円、5500万円で住宅ローンを借りた場合をシミュレーションしました。金利は0.825%で計算しております。当然、繰り上げ返済を行った方がメリットは高くなります。ただし、700万円以上の繰り上げ返済を躊躇せずに出来るかは別問題です。確かに退職金が入ったとしても、これだけ大きな金額を一括で支払うのは勇気が必要です。 では、年金額はどれくらいになるのでしょうか?これはあくまで一般的な例となり
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら