絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

あなたの心にやる気を入魂!自衛隊直伝の方法を伝授します。

こんにちは。元航空自衛官の熊埜御堂(くまのみどう)です。(空曹)今回は自衛隊で学んだやる気スイッチについてのお話です。やる気が出ない。なんとなくだるい。毎日に充実感がない。そんな方へ私が自衛隊で学んだ経験をお伝えします。どうか最後までご覧ください。私が自衛隊に入隊した時は19歳の時でした。専門学校を卒業後、航空自衛隊に入隊したのです。最初は国防のこととはよく分かっていなかったのですが、訓練を受けるうちに次第に心が変わっていきました。最初は山口県の防府市にある航空自衛隊南基地で航空教育隊の中で訓練を受けるのです。初めての団体生活に戸惑いも多くありました。訓練では私語は禁止。厳しい訓練が待っていたのです。朝は6時に起床して走ることから始まります。朝食を素早く終えると午前の科目が待っています。こうした生活が私の場合は4カ月も続いたのです。航空教育隊では新隊員に国防の基礎と部隊で働くときに必要な適性を判断します。私は後方支援要員と言ってもよい職種につくことになりました。正直、嬉しかったですね。それは日勤だったからです。通常の訓練等では夜勤や3交代の勤務ですが、通常の勤務は日勤になったのです。土日もしっかりとお休みを頂ける。そんな生活に心躍る日々でした。しかし、航空自衛官としての最初の任務は非常に厳しいものでした。臨時勤務で埼玉県、入間基地で訓練中にF-86Fという練習機が墜落した事件があったのです。この機体は第1世代型の戦闘機でアメリカ合衆国の開発した初めての全天候型の戦闘機でアメリカ空軍で使用されていました。
0 500円
カバー画像

同じ悩みを持つ人に悩みを話してみよう!

みなさん、こんにちは!jiyuudeitaiです。悩み解決や自分の夢実現には、誰か詳しい人に話を聞くのが、いちばんの近道です。例えば、登校しぶりなら、スクールカウンセラー、市町村の家庭相談室や児童福祉課、教育支援センター(不登校支援施設)など、専門職の人に似たようなケースでどのように対応していったのか、話を聞くと、次にとるべき行動の見通しが立ちます。専門職と同時に、同じ親として、登校しぶりの経験をした保護者の方に話をきくのもお勧めです。専門職はアドバイス色が濃いですが、親の立場なら、深く共感してもらえますし、専門職ほど詳しくはないにしても、実体験として得た知識を教えてもらえます。専門職との相談は、長くても1時間が目安ですが、知り合いの方なら、時間が許せばもっと話をきくことができるかもしれません。ただし、お子さんの性格や特性が似ていない場合は、あまり参考にならないかもしれませんし、感情的になりすぎて、アドバイスが偏っていることもあります。不登校など「これ!」という解決策がないものは、保護者の方が広い視点で問題を見つめることも重要です。結局、次にどうしたらいいのか、混乱することも何度もあると思いますが、定期的に会える専門職の人に、その都度状況を伝え、アドバイスをもらうとよいです。また、学校との連携も必要なので、学校サイドでキーパーソンになってくれる人、多くは担任ですが、他には、教務主任や校長先生、教頭先生、保健室の先生、スクールカウンセラーなど、複数いても連携がとれていればかまわないと思います。むしろ、多くの職員に声をかけてもらえる、見守ってもらえると安心です。私も、学校の教職員の
0
カバー画像

「みんなと同じ」に違和感を感じる方へ(前編)

こんにちは、よだけんですいやぁ寒くなりましたねぇ。よだけんの地域は朝方は氷点下になってきました。寒い寒い😖💦あなたも風邪をひかないように気をつけてくださいねいつもブログを見てくださりありがとうございますいいねやコメントもとても嬉しいです心より感謝いたしますこれからも、どうぞよろしくね---------------------------------さて、今日も日常で感じたことを書いていきますね。今日は今大人気のマンガの「鬼滅の刃」で感じたことですあなたはマンガを読んでいますか?アニメを見ましたか?映画を見ましたか?もしかしたら全部制覇してるのかな???だとしたらそんなあなたはものすごいエネルギーを持っているすごい人ですね😆好きでも嫌いでも人の気持ちにはものすごいエネルギーがあります☺️だから、よだけんはそんなあなたをすごく尊敬しますよ!だってよだけんはそのエネルギーをすぐには向けられなかったから。その理由はのちほど。ちなみに、よだけんは最近になってようやく興味を持ちまして🤣🤣🤣アニメは見ていませんがマンガと映画は観てきましたよ😆👍最新刊も買ってきました残りは以前地元にいる優しい弟が兄に貸してくれたんです。(ありがとう、弟よ)最新刊もあるみたいですがよだけんは地元に帰るまで我慢しきれずTSUTAYAにゴ---------!!!!(子どもかい🤣🤣🤣)そしてここで熱く語るのもいいですが今回は感想を書きたいわけではありませんのでこのくらいに---------------------------さて、最新刊も読んで世間の話題とかも見ていてよだけんが感じたことそれは「人のエネルギーってすご
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら