仏眼相と記憶力について(手相)

記事
占い
20160124190028.jpg


親指の第一関節に大仏様の目のようなパターンが現れます。今回は、この仏眼相について考察したいと思います。

仏眼相を持つ方は、記憶力が良く、霊感に優れて、大食漢とも言われています。悪いことができない性分で、お天道様に顔向けできない行動をとると、途端に運気が下がってしまうようです。

『記憶力が良く、霊感に優れて』と聞くと、何かとても頭が良く、天才秀才というイメージがありますよね。でも、実際は少し違うようです。

仏眼相があっても小さい時から、“霊感に優れて”は、ともかくとして、“記憶力が良い”に関しては必ずしも、そうとはいえないようなのです。

学生時代に誰もが経験する「試験の一夜漬け」も、それ程得意ではなかったという方々が意外と多いのです。逆に、仏眼相が無くても記憶力の優れている方は大勢いらっしゃいます。

検証中ではありますが、『人が気にも留めないような出来事や場面を何故か鮮明に記憶している』ということはあるかもしれません。

『そんなこと覚えていたの?』

とくに仏眼相を左右の手のひらにお持ちの方は、人とは異なるユニークな情報収集能力に長けているような気がしてなりません。

この記事はフィクションです。実際に鑑定を受けた方はもちろん、特定の人物や団体などとは関係ございません。手相との組み合わせによる解釈をより身近に感じていただくため、ストーリー仕立てに創作しています



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す