絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

4 件中 1 - 4 件表示
カバー画像

世代交代は第三者の援助や支援で不安を解消していく (手相)

小さな会社で長年社長の片腕となって経理の仕事(金庫番)に携わってきた女性の方。会社の経営が若い世代へと引き継がれることになったそうです。もう随分と前から「いつかは、この時が来る」とは分ってはいたのですが、 いざ現実が目の前に突きつけられると、考えてしまうそうです。 「このまま自分がこの会社へ残っていても良いものなのか?」そこはかとない不安を感じてしまうそうです。「若い経営者には、大事な金庫番です。私よりも若い(経営者の方と)同年代の方がよいのでは?」という思いに駆られてしまったといいます。 小指と中指、人差指と中指の間からキレイな金星帯があります。異性から支持を得られる方で、理性的に振る舞う方でもあります。 感情線と知能線の間で運命線が二重になっていて、何か環境の変化はありそうですね。 2つに分かれた運命線の形状から、もしかしたら、この日のために随分と前から(心の)準備はされていたのではないでしょうか。 また、運命線の出発点が小指側の下部方向から伸びてきているので、家族や親戚など身内というよりも、とりまく周囲の方々からの協力や支援が期待できそうです。乗り越えていけそうですね! 成功(満足)は、もちろんご自身の実力や努力によるものですが、その影には的確な助言をしてくれる人がいたり、絶妙なタイミングでいい人との出会いがあったりするものなのです。この記事はフィクションです。実際に鑑定を受けた方はもちろん、特定の人物や団体などとは関係ございません。手相との組み合わせによる解釈をより身近に感じていただくため、ストーリー仕立てに創作しています。
0
カバー画像

将来はアナウンサーになりたいな(手相)

「将来はアナウンサーになりたいな」という笑顔の可愛いらしい小学生の女の子。 しっかり勉強して大学に入ったら、アナウンサー養成のスクールに通うなど努力は必要でしょう。語学に関しても「英語を話せて当然」ということはあるかも知れませんね。 「どうしたらなれるのか?」という技術面については専門家の方へお譲りいたしまして(笑)、ここでは、手相からみたアナウンサーという職業に向いているパターンについて考察します。 1、知能線の末端が二つに分かれている 2、旅行線がある 3、アナウンサー線がある アナウンサーという職業は、とっさの状況判断が大切ですよね。アドリブが効かせられて、臨機応変な対応が自然とできるかどうかが重要なのではないでしょうか。 そういう点では、知能線の先端が小さく二つに分かれている方には適性があります。言葉で表現することも得意。とくに語学の才能に恵まれていて、通訳やアナウンサーにも適性があるようです。 生命線の後半部分から手首の方へ分かれている支線を旅行線といわれています。出身地から離れた場所で生活したり仕事をしていくことで成功や活躍が期待できる線です。 アナウンサー線は、中指のつけ根(土星丘)から生命線の内側にかけて伸びる線です。 アナウンサー線がある人は、結婚式の司会者などにも適性がありそうですね。人に分かりやすく説明する能力に長けているからです。 最近の女子アナウンサーは各局ともそれぞれに個性があって、やはり“華”がありますよね。「正確に分かりやすく伝えてくれる」ことはもちろんですが、「元気にさせてくれる人間的な魅力」も大切なのかもしれません。 ところで
0
カバー画像

スピリチュアルで大成していく方の手相とヒューマンデザイン

部屋の片付けをしていたら、江原啓之さんの手相が掲載されている本(「A*NO*YO」 2006年、新潮45別冊)がでてきて、思わず読み返してしまいました。  この雑誌のなかで、占い師の方々が江原さんの運勢を鑑定した企画があったのです(手相の写真だけで江原さん本人であることは伏せられています)。 その中でも、「銀座の父」として広く知られる小石河雅仁(こいしかわまさひと)さんと浅野八郎(あさのはちろう)さんの鑑定は、手相中心でおもしろかったです。小石河雅仁さんは、延べ15万人以上の鑑定実績を持つ宗教哲学者でもあります。 九星気学、易、四柱推命、手相、顔相、西洋占星術などのいわゆる占術から、哲学、形而上学などの学問まで専門は幅広く、英語も堪能。 その知識と深い洞察力から「小石河教授」とも呼ばれているそうです。浅野八郎さんは、早稲田大学文学部卒業後大学院にすすみ、昭和30年フランスに留学後、人間心理学とパーソナリティーの研究を続け、帰国後、心理テストと手相を結び付けた「手相術」を発表し、ベストセラーに。昭和44年の万国博では、住友童話館で人相のコンピューターによるパタン認識を考案し、性格判断を行い注目された方です。しかしながら、一流と言われる占い師の方々でも江原さんの「スピリチュアルな才能」をズバリ、指摘された方はいらっしゃいませんでした。江原さんの手相は意外にもごく普通の方々とそれほど変わらないものなのかもしれません。 いったい「スピリチュアルな才能」という特殊技能は手相上、どのようなシンボルとして現れてくるのでしょうか・・・。はっきりしていることは基本三線と運命線がしっかりと刻まれて
0
カバー画像

仏眼相と記憶力について(手相)

親指の第一関節に大仏様の目のようなパターンが現れます。今回は、この仏眼相について考察したいと思います。 仏眼相を持つ方は、記憶力が良く、霊感に優れて、大食漢とも言われています。悪いことができない性分で、お天道様に顔向けできない行動をとると、途端に運気が下がってしまうようです。 『記憶力が良く、霊感に優れて』と聞くと、何かとても頭が良く、天才秀才というイメージがありますよね。でも、実際は少し違うようです。 仏眼相があっても小さい時から、“霊感に優れて”は、ともかくとして、“記憶力が良い”に関しては必ずしも、そうとはいえないようなのです。 学生時代に誰もが経験する「試験の一夜漬け」も、それ程得意ではなかったという方々が意外と多いのです。逆に、仏眼相が無くても記憶力の優れている方は大勢いらっしゃいます。 検証中ではありますが、『人が気にも留めないような出来事や場面を何故か鮮明に記憶している』ということはあるかもしれません。 『そんなこと覚えていたの?』 とくに仏眼相を左右の手のひらにお持ちの方は、人とは異なるユニークな情報収集能力に長けているような気がしてなりません。この記事はフィクションです。実際に鑑定を受けた方はもちろん、特定の人物や団体などとは関係ございません。手相との組み合わせによる解釈をより身近に感じていただくため、ストーリー仕立てに創作しています。
0
4 件中 1 - 4
有料ブログの投稿方法はこちら