不動産の売買契約当日の流れ~売買契約当日ってなにをするの?~

記事
ライフスタイル
昔、お客さんの為だと思って、契約書をめちゃくちゃ丁寧に説明したら、2時間以上かかってしまい、その場にいる全員疲れ果ててしまいました。

ほどほどが大事を知りました・・。

どーも、Ponchaです('ω')

初めての不動産購入、無事にいい物件を見つけてついに契約!

といっても一生の買い物と言われるほど大きな金額を使うことになります。

いざ契約となると改めて身構えてしまいますよね!

というのも、そもそも一生の買い物と言われている不動産購入の契約時の流れを知らない人が大変多いんです。

今回は、不動産購入、契約当日の流れ

というテーマでお話ししたいと思います!

本来あるべき流れというのがありますが、今回は多くの不動産契約はこういう流れですよ~という感じでご説明します!




関連記事はこちらになります。

マンション購入基礎知識 管理費や修繕積立金って!?~管理会社と管理組合の違い~

壁紙の張替え費用ってどのくらい?~mと㎡の違い・張替えの規模で変わる!?~

不動産購入の流れ~初めてのマイホーム購入(中古マンション・戸建て編)~

不動産売買契約後のキャンセル、仲介手数料ってどうなる?




近年は大変多くの情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。

営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?

本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。

リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。

お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方はお気軽に連絡ください!

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!

不動産売買契約当日の流れは知っておいた方が良い


初めての不動産購入。

契約当日の流れを知っているのと知っていないのとでは、心のゆとりが全然異なります。

というのも、契約当日、多くの場合が

・重要事項説明書

・不動産売買契約書

この二点を約1時間~1時間30分ぐらいかけて読み合わせを行います。

しかも内容は本当にわかりづらい・・。

ただでさえ契約当日何をするのか、どういう流れなのかをちゃんと把握していないので、ゆとりがない方が多いです。

心にゆとりがない状態で契約書の読み合わせを行うと、質問したい内容や聞いておくべき内容を忘れてしまうことが良くあります。

心のゆとりを持つために、契約当日の流れがどんなものなのかしっかり把握しておきましょう!

不動産売買契約 当日の流れ


不動産仲介会社さんによって異なりますし、本来あるべき流れではないのですが、一般的な流れについてご説明しておきます。

①不動産仲介会社に来店

②重要事項説明書の読み合わせ

1時間前後

③不動産売買契約書の読み合わせ

20分~40分前後

(④一般媒介契約書の読み合わせ)

10分~20分前後前後

⑤付帯設備表・物件状況報告書の説明

15分~30分前後

⑥記名・捺印

15分前後

⑦手付金の授受

10分前後

⑧解散




といった流れです。

全体を通して約1時間15分~2時間ちょいぐらいかかります。

振り幅が大きいのは、読み合わせをする担当者によって大きく異なるからです。

要点をかいつまんで話す方、書いてある内容をすべて読む方、飛ばし飛ばしで読んでいく方などなど

いろんな方がいます。

それでも通常1時間以上はかかります。

上記の内容を詳しく説明したいと思います。

①不動産仲介会社に来店


これは当たり前やん!って思われた方も多いはずですが、来店する場所が異なることがあります。

多くは、買主さんの仲介を行っている不動産会社に来店します。

しかし、たまに売主さんの仲介を行っている不動産会社に来店することがあります。

基本的な流れは同じなのですが、売主さんの仲介会社さんが重要事項説明書を読む場合などは、売主さんが最初から同席することが多いです。

②重要事項説明書の読み合わせ


来店後、5分~10分程度、挨拶や流れの説明がありますが、その後すぐ重要事項説明書の読み合わせに入ることが多いです。

ちなみに、重要事項説明書は宅建士の方が読まなければいけません。

この重要事項説明書が大体1時間前後かかります。

書かれている内容は、建物のことや建て替えをするときにかかる規制、契約解除や特約など普段聞きなれないような用語もいっぱい出てきます。

初めて聞いて一発で理解できる人はあまり多くありません。

特に建て替え時にかかる規制などは、資産価値なども関係するので知っておくことは大事ですが、素人の方がすぐに理解できるほど簡単な内容ではありません。

宅建士の方でも、この規制が何故必要なのか、実際にどのくらいの規制がかかるのかを具体的に説明できる人は、意外と少ないです。

契約書の読み合わせの際、どこを注意すべきなのかはまた別記事で上げたいと思います!

読み合わせの時は、とにかくガンガン読み進んでしまうので気になることがあれば、その都度都度聞いたほうがいいです。

むしろここでわからないことがあったのに遠慮してしまうと、意外とその内容が後々大きな問題点だった!

ということはよくある話です。

必ずわからないことがあれば、その場で聞くようにしましょう!

事前説明をしてもらう

最近は契約前に重要事項説明や契約書の内容を簡単にですが、事前に行う会社さんも増えました。

というのも、契約当日は契約締結を目的で動いているので急遽

『こんな内容は知らなかった!今日は契約できません!』

ってなるとみんな困ってしまうからです。

事前説明をすることで、不明点を明確にし納得した上で契約を迎えることが出来ます。

いきなり当日を迎えるのが不安な方は、事前説明してほしいなど要望を出すと良いでしょう!




③不動産売買契約書の読み合わせ


重要事項説明書の説明が終われば、次に不動産売買契約書の読み合わせです。

不動産売買契約書については、宅建士でなくても読むことが出来ます。

多くの場合は、重要事項説明書を読んだ宅建士の方が、流れで不動産売買契約書を続けて読みます。

ただ重要事項説明書を読んだ後、担当者がチェンジすることも全然あります。

重要事項説明書については、買主さんに説明義務があり、売主さんに説明義務はありません。

そのため、重要事項説明は買主さんのみ、契約書の読み合わせから売主さんが同席するというケースもあります。

また、重要事項説明書・売買契約書も別で⑤付帯設備表・物件状況説明書の時に初めて同席し、顔合わせになることもあります。

この辺は、その時の状況で大きく異なります。

④一般媒介契約書の読み合わせ


媒介契約書は、不動産仲介会社さんに仲介業務をお願いしますよ~

という内容の契約書。

契約当日に読み合わせをすることもありますが、事前に締結している場合もあります。

これは仲介会社さんによって異なるので、()にしておきました。

⑤付帯設備表・物件状況報告書の説明


重要事項説明書や不動産売買契約書、一般媒介契約書の読み合わせが終わったら終了ではありません!

まだまだ大事な読み合わせがあります。

それは、付帯設備表・物件状況報告書の説明です。

要は、今のお部屋の設備はこれがついてますよ~、自分が知っている限りこういった不具合やこんなことがありましたよ~

と売主さんがチェックしそれを買主さんに説明します。

事前に買主さんも懸念事項等説明・理解したうえで購入するので大きな問題が発生することは多くないのです。

しかしたまに当日売主さんが

『今思い出したんだけど、昔ここで雨漏りありました!』

なーんて爆弾が飛んでくることもあります。

もちろん、知っていることはちゃんと説明しないといけないので当たり前のことなのですが。

その内容に納得が出来なければ、その場で契約をする必要はありません。

不動産仲介会社はめちゃくちゃ焦りますけどね。

ただこの設備表や物件状況説明書に記載してある内容は、これから自分が住むにあたり非常に重要な内容です。

しっかり把握しておきましょう!





⑥記名・押印


一通りの説明が終わったら、各書類に記名・押印をします。

住所から書く場合とすでに住所が印字されており、名前のみの場合など会社さんによって異なります。

記入しないといけない書類は

重要事項説明書 3~4部

不動産売買契約書 1~2部

付帯設備表・物件状況報告書 各2部(複写式もある)

それ以外にも、媒介契約書やその他契約書に記入があります。

殆どの場合が時短するために、すべて記入してからまとめて押印します。

⑥手付金の授受


書類一式に記名押印したら、手付金の授受になります。

振り込みで事前に済ませている場合もありますが、多くが現金でその場で渡します。

数十万~数百万円単位のお金をその場で数えることになります。

機械で数える場合もあれば、売主さんが手作業で数える場合もあります。

稀に仲介会社の担当者さんが代理が数えることもあります。

機械で数えると早いのですが、湿気や新札の場合だと上手く計測されない時があります。

⑦解散


上記内容が終わったら、契約終了となります!

おめでとうございます!

まずは一つの山が終わった感じですが、後日ローンの本申し込みや決済などなどまだまだやるべきことはあります!

引き渡しまで気を引き締めていきましょう!


まとめ


いかがでしょうか。

今回は、マンション購入時の不動産売買契約の流れ

というのテーマでお話させていただきました!

流れを知っているのと知らないとでは、当日心にゆとりをもって契約できるか大きく左右します。

また、別記事にて契約書の注意すべきポイントなどお話ししていきたいと思います!




関連記事はこちらになります。

マンション購入基礎知識 管理費や修繕積立金って!?~管理会社と管理組合の違い~

壁紙の張替え費用ってどのくらい?~mと㎡の違い・張替えの規模で変わる!?~

不動産購入の流れ~初めてのマイホーム購入(中古マンション・戸建て編)~

不動産売買契約後のキャンセル、仲介手数料ってどうなる?




近年は大変多くの情報に溢れています。

相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。

営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?

本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。

リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。

お部屋探し・不動産購入といった不動産仲介業を行っていますので、住宅購入・投資用不動産を検討されている方はお気軽に連絡ください!

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!


ではでは~('ω')ノ
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す