悲惨!違法プロモーションサービス購入者の末路!

記事
ビジネス・マーケティング
お世話になっております。
YouTubeプロモーションサービスの霧島シオンです。


以前の記事で触れたこともあるのですが最近、他のプロモーションサービスで依頼したところ、チャンネルが規約違反で収益化できなくなった、チャンネルを停止されてしまったので何とかできないかというご相談をいただくことがあります。

今回はその中から1件実例を踏まえて皆様に注意喚起をさせていただければと思います。

お話するのは先日ココナラのダイレクトメッセージにてご相談いただいた1人の女性の話です。
こちらのお客様は裁縫系のチャンネルを運用しており登録者は1200名程度、総再生時間は4121時間とのことでした。

相談内容はチャンネルを収益化してほしいとのことでしたが、
上記の内容であれば本来収益化条件を満たしているためこちらが提供している収益化SPプラン(登録者1000人+4000時間保障プラン)は不要かと思われるということをお伝えしたところ、こちらはほかの格安サービスで人為的に増やした再生時間、登録者であるためYouTubeの規約違反にひっかかり
”違法なトラフィック増加”という違反項目で永久的に収益化のアドセンスをはく奪されてしまったとのことでした。

お話を聞く限り、その方の友人がチャンネルを応援しようと違法とは知らず
悪質なプロモーションサービスを購入してしまったようでそれが原因で収益化ができなくなってしまったとのことです。

非常に残念ですが一度規約違反により収益化できなくなったチャンネルは再アカウントの取得をしても永久的に収益化ができないという結果となります。

本サービスは違法なプロモーションではなく、サービス評価を確認いただければわかりますがチャンネル自体に問題がなければ皆様収益化できているサービスとなりますが、中にはBOTを利用した悪質なサービスも多く存在します。

BOTのサービスの特徴としては単価が非常に安価であることが多いです。
通常きちんと広告を出す場合はプロモーション費用が当然かかりますが、4万円以下などで収益化条件突破をしているようなサービスはサービス提供者の利益率が0になる単価設定なので明らかにおかしくほぼ100%BOTと考えてよいでしょう。
もしご興味があれば私にダイレクトメッセージをいただければ違法サービスがどのように増加しているかをお教えします。

本サービスはきちんとした広告を行うための費用を含んでいるため大幅な値下げはできませんがその分、高額で販売されているツールやチャンネル環境を改善するようなプロモーションを行うというオプションを付けることで皆様によりよいYouTubeライフを送っていただけるサービスをお得な形で提供しております。

違法サービスを注文してしまってから嘆いてもお金も無駄になりますし、チャンネルも失うことになります。
もしプロモーションを依頼するならキチンと信頼できるところで依頼しましょう!






サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す