中小企業経営のための情報発信ブログ113:仕事でやりがちなミスランキング

記事
ビジネス・マーケティング
今日もブログをご覧いただきありがとうございます。
今日は、「『仕事でやりがちなミス』ランキング」についてです。
どんなに優秀な人でも、ミスはするものですが、ミスをしたあとの行動によって問題を更に大きくすることにもなりかねません。昨年末に、Biz Hitsが実施した『仕事でやりがちなミス』についてのアンケートの結果によれば次のようになっています。。
1.仕事でやりがちなミスランキング
第1位 入力ミス・書き間違い
第2位 やるべきことを忘れる
第3位 確認不足・見落とし
第4位 連絡・報告漏れ
同率第4位 作業・操作ミス
第6位 思い込み(早合点)で仕事を進める
第7位 見間違い・聞き間違い
 いずれも単純ミスと言っていいようなものばかりです。もう少し注意していれば防げたはずのものばかりですが、忙しさや疲れからちょっと集中力が低下して起きているようです。
2.ミスをしたあとの行動
第1位 自分で修正・リカバリー
第2位 謝罪する
第3位 再発防止に努める
第4位 上司・関係部署に報告
第5位 上司・同僚等に相談する
第6位 周囲に協力を求める
第7位 ミスの原因を分析する
 いずれも適切な行動です。ただ、第1位の中に、「上司にばれないようにこっそり修正する」というのが含まれていました。些細なミスならば修正すれば済みますが、ここでもなぜミスをしたのかを考えておかないと再発します。隠蔽体質はよくありません。
 この中で重要なのは、第7位の「ミスの原因を分析する」と第3位の「再発防止に努める」です。ミスの原因が分からなければ、そのミスを防ぐための対策の立てようがありません。両者は個別のものではなく、一体のものとしてみなければなりません。
 トヨタには、トヨタ式の5W1Hというのがあります。普通、5W1Hといえば「When? Where? Who? What? Why? How?」です。ところが、トヨタ式では「Why?Why?Why?Why?Why?How?」です。ひたすら「Why?(なぜ?)」を問い続けるのです。この「Why?」を集めることで「How?」解決方法が見えてくるのです。トヨタでは「『なぜ?』を5回繰り返せば真因がわかる」と言われています。しつこいくらいに「なぜ?」を問い詰めることによって、表面的な原因ではなく、真の原因(真因)が分かるのです。単純ミスならそこまでする必要はないかも知れませんが、単純ミスほど怖いものもありません。しっかりと「なぜ?」を問い、原因を見つけることです。
3.「抜擢→決断→失敗→学習」サイクル
 単純ミスは許されませんが、以前にも書いているように失敗は成長するためには欠かせないものです。
 社員が失敗を成功への糧とするために、社員が自律的に意思決定できる仕組みを構築することが必要です。
 そのためには、次の4つのステップを踏む仕組みを作ることが重要ではないかと思います。
「抜擢」 ⇒ 「決断」 ⇒ 「失敗」 ⇒ 「学習」
 そして、このサイクルを回していくのです。
Ⅰ:抜擢・・・社員にこれまでやったことがなかった仕事を任せるステップです。ここでのポイントは責任感を醸成することです。
Ⅱ:決断・・・任された仕事は自分の意思で方向を決めていきます。自ら問題意識を持って考えることで、できるだけ多くの経験をして育っていくということです。
Ⅲ:失敗・・・チャレンジすると当然失敗もします。ここでの失敗は、進めるに当たって想定していなかった壁があるという小さな失敗です。このとき、どれだけ軌道修正して次につなげられるかが大切です。この失敗は次の『学習』とセットになったプロセスです。
Ⅳ:学習・・・失敗してもそこから学ぶことができなければ意味はありません。失敗を学びに変えてこそ次の成功につなげていくことができるのです。
 このようなサイクルを回していける会社は素晴らしいと思います。しかし、日本の多くの会社では失敗を許容する文化が育っていません。「失敗は悪しきもの」という風潮が残り、隠そうとしてしまいます。今一度『失敗は成功の母』という言葉や以前に紹介したエジソンの失敗観をみて、失敗の大切さを考えてみるべきではないかと思います。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す