Google Search no longer supports Internet Explorer 11, because ‘it is time’

記事
デザイン・イラスト
月曜日の朝。

さて、「今週も楽しく頑張ろ~っ」自分に活を入れながら、一向にテンションの上がってこない自分を騙すかのようにネタ探しと称したネットサーフィンで時間を潰してしまっています(笑)

そんな中、某サイトの情報。
Google検索、IE11のサポート終了。

これでクライアントに出来る言い訳の理論武装できたかな(笑)
cssもunsetとか多用できるかな。
わかんない時initialとか、結構便利に使ってるしな~(笑)

機械翻訳だけど以下

「Internet Explorer 11は、MicrosoftのWindows 8.1リリースの一部として2013年に最初にリリースされ、その後、人気のあるWindows 7に移植されました。当時はわかりませんでしたが、Internet Explorer 11は、Microsoftの悪意のあるユーザーの最終リリースになります。 Webブラウザー、最終的には2015年のWindows10の発売によりMicrosoftEdgeに置き換えられました。

MicrosoftがGoogleのChromiumエンジンでEdgeブラウザを再構築するという大胆な動きをするまで、古いバージョンのWindows上のデバイスを使用しているユーザーはEdgeを利用できませんでした。これにより、GoogleChromeやMozillaFirefoxなどのサードパーティのブラウザをインストールすることにした場合を除き、Windows 7、8、および8.1のデフォルトのブラウザとしてInternet Explorer11が残りました。

このため、Internet Explorerは依然として比較的高い使用率を維持しており、StatCounterは、2021年9月の時点でブラウザのデスクトップブラウザの市場シェアがGoogle Chromeの67%と比較して1%を超えていると報告しています。それは少ないように思えるかもしれませんが、インターネットにアクセスするデスクトップデバイスの数が非常に多いことを考慮してください。その合計の1%はまだかなりの量です。そしてそれは、特定のレガシーアプリケーションにInternetExplorerを使用することを余儀なくされている多くのエンタープライズユーザーを考慮していません。

ご想像のとおり、WebアプリをInternet Explorer 11と互換性を保つには、開発者側で追加の作業が必要です。Googleはこの時点まで、レガシーブラウザーのサポートを維持することを選択しています。 GoogleのソフトウェアエンジニアであるMalteUblからのツイートによると、これは今日変化しています。同社の主力製品であるGoogleSearchはInternetExplorer11を正式にサポートしなくなったとのことです。」

Microsoft’s oft-malignedって所に笑っちゃいます。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す