冴えない50代のおじさんが夜の帝王と呼ばれるモテ男なわけ

記事
コラム
夜の帝王と呼ばれている知人男性がいる。50歳超えにして夜遊びの世界において、次々といろんなタイプの美女を落としては行きつけのバーにお披露目に来る。
私はそんな彼の妹分として協力関係を結び、裏でさまさざまな助け合いをしてきた。
彼のモテを加速させるために用意周到に周囲への良い口コミを行い、最適な環境を提案し、彼に合いそうな女性がいれば紹介する。
相談をうければ親身になって解決策の糸口が見えるまでとことん付き合い、ときになぐさめときに叱り、彼の願望「大阪の夜の街で一番モテる男になりたい」を叶えるサポートをしてきたわけだ。
もちろん私の願望実現にも夜の帝王は惜しみなく協力してくれた。
私自身も周囲から「夜の帝王が出来上がったのも中谷いてこそ」との評価を受けたので、そのミッションは果たしたようだ。

それでは彼がなぜ夜の帝王と呼ばれるくら到底イケメンとはいえず子猿っぽい。歯が一つ欠けててもおかしくない顔面。
彼はもともとモテキャラではなく、お騒がせで痛くて、鼻つまみな存在だった。
彼が声かけてきたなら女性のほとんどが嫌がるし、あの人と関わりたくないとたくさんのNGを食らうような迷惑人間だった。
いつも空元気が寂しさを醸し出していた単なるおっさんだった。


モテる理由はモテているように見せるから


実はまずいちばん大切なことは
夜の帝王は「表面上モテるように見えているだけ」だということだ。
人は見える部分でしか評価をしないことがほとんどで、人の評価をそうだなと納得すれば自分も同じ評価をくだす。

あの人は夜の帝王と呼ばれていてすっごくモテるのよ。見てて。毎回違うタイプの美女を落としてはこのBARに連れてくるから。
と囁かれ、実際その男性が毎週のように違う女性を連れて登場していたらあなたはどう思う?
決してモテナイおっさんとは評価しないだろう。
確かにモテる、彼は夜の帝王だなと思うはず。
むしろモテてると思い込むことから、好意を抱くことになる可能性もでてくる。
何がそんなにあんな美女たちを引きつけるんだろう?どんな魅力があるんだろう?って気になりだす可能性があるってことは容易に想像できるだろう。
そして周囲は彼がモテる原因を集めだす。そうするともう女性たちはギャップから沼落ちするしかないと誰しも理解できるだろう。
こんなとこがあるんだ。こんな面があるんだ。と、次々と彼のよい面を勝手に見つけ出してくれる。
これは脳の脳幹網様体賦活系のシステムで、抗うことのできない大きな力なのだ。
人はモテている男と認識したら、モテている証拠を集めだす。そしてモテる男という認知を強化させていく!
そして類まれなモテる男から言い寄られたら?
多くの女性はタイプな相手でなくても、なびかれてみようと思ってしまうのだ。

つまりモテはモテてるように見せることなくては不可能。
スタートはモテるように見せることだけ。
あとは自然にモテがついてくる。
この世の法則として全てにおいて、まず気分が先。現象はあとからついてくる。それは真実。

モテてるように見せるコツ

それではモテるように見せていたその理由とは?

①声かける数の分母が多い
通常のナンパ師が女性に声かける数とはわけが違う。
一晩10人の女性に声をかけるのが上級者だとしたら、夜の帝王は30人以上は声をかける。
10人声かけて1人なんとか会話をしてくれるのが平均割合いだとしたら、夜の帝王は少なくとも3人の女性と会話ができる。
50人60人と声かければ、その中の一人くらいは「二次会で行きつけのBARに行きませんか?あなたと同じ年代の女の子も多くてきっと楽しめるよ」
とかなんとか安心させる言葉で、次の店に誘導すればいい。

②諦めない・しつこいと言われることを怖がらない
この女性は落とせるなという直感が働けば、しつこいと思われることを怖がらず、いける!という信念のままに突き進み決して諦めない。
直感通り女性たちはほぼ彼になびくが、万が一逃げられた場合は「素直になれない女心」とあくまでもマインドの部分では成功しているとインプットしてから終えていた。
決してやっぱり俺みたいなのは…とネガティブに捉えない。
自分に都合いいだけじゃんと笑われようがかまわず、自分にも周囲にも「彼女は確実に自分に気があった」と口に出して言うことがキモ。

③情熱を維持し続ける
モテたいと思っていても、大抵は人からの悪評が気になったり、実際モテてる実感がなかったりで、モテたい情熱が薄まる。
情熱が薄くなるほどモテる現象は遠のくので、いかにモテたい情熱に常に薪をくべ燃やし続けることができるのかがポイントだ。
一人でこれを維持するにはモテた経験がない人には相当難しい。
しかし有能な恋愛コーチ、できれば異性のコーチが伴奏し続けてくれると驚くほどそれは容易になるだろう。

小手先のテクニックしか出回っていない現状

結局モテとは小手先のテクニックではなかった。
たとえばこんなファッションをすればモテるとかこんな行動をすればモテるとか、世の中には多くの情報が出回っている。
確かに大勢に当てはまる事象はあってもそのモテたいために作った付け焼き刃のテクニックでは、夜の帝王のような実力以上の結果など手にできない。
だから徹底的にマインドを変えていく有能な恋愛コーチの存在が必要。
実際わたしが、夜の帝王ととともに男女のあれこれの情報を数多く収集し、看護師でカウンセラーの知識と経験を生かし、心理学×脳科学×行動学×カウンセリング学の見地で分析したメソッドを解禁することにした。

また、ホストクラブルポライターとして、多くのNO1ホストや有名ホストを通じてプロのモテも多く見てきたため、モテは作れると断言する。
また、現在モテの法則などもしっかり分析して、新人ホストくんのサポートも行っている。
彼らは恋愛経験もなければ女心もわからない、しかもダサくてイケメンとはほど遠くて、正直多くの女性がお金を出してまで飲みたくない男性と認識しているだろう。そんな彼らも磨かれて、しまいに一夜にして数百万のお金を出してもらえる男へと変貌するのだ。
しかし皆がみんなそうではない。それができる男とそうでない男の境目は「目に見えない領域」つまりマインドだけだ。
そこで、潜在意識にチャネリングできる私が、他の恋愛コーチとは違う未知への領域気まで踏み込むから、他にないメソッドになると気づいたのだ。

男性でモテたい!人生で一度でいいからモテを体験してみたい男性へ。
ぜひその願望を一緒に叶えていこうではないか!

お問い合わせお待ちしています。














サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す