何だか、クリスマス商戦も盛り上がっていないように思うのは自分だけなのだろうか・・・

記事
マネー・副業
 おはようございます。

 今朝も寒い朝となった。日中との寒暖差も大きく体調には気を付けたいものだ。株式市場も一日の値幅が大きく、右往左往するような場面も多くなっている。とりあえずは上昇相場も一服ということで調整期間ということなのだろう。積極的に買い上がる材料もなく、空売りの積み上がっている銘柄もあり、少し下がれば買戻しなどが入るという状況ではあるのだが逆に戻れば売りたいということなのだろう。

 ここからはクリスマス商戦の状況なども気になるところだが、一方で地政学リスクも依然として懸念材料となり、クリスマスの盛り上がりも今一つという感じだ。何度も話をしているが、特に日本では企業業績が良いと言われる割に消費での盛り上がりも見られない。それだけ先行きへの不安も根強いということなのだろうし、これだけ物価が上昇していれば、財布のひもも堅くなるのだろう。賃上げ、賃上げと言っても中小企業やフリーランスなどの収入が増える、そしてサラリーマンの可処分所得が増えないと景気も良くならないのだと思う。

夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が米国株が上昇している過程でも連れ高とならずさえない展開となっている。買戻しを急ぐということでもなく、いったん下値を試すような動きなのだろう。33,200円水準で下げ止まるかどうかという状況であり、ここで下げ止まらないと一気に32,800円あたりまで下落となる可能性もありそうだ。

米国株は堅調だが夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が冴えない展開となっており、本日の日本市場も調整感が強まる展開となりそうだ。下値の節目と見られる33,200円~300円を試すような展開になるのだろうが、指数に影響の大きな銘柄に空売りが積み上がっており、どこまで下支えとなるのかということになる。特に売り急ぐ材料もないが大きく円高に振れており、円安効果の反動懸念なども強まるのではないかと思う。

詳しくは無料メルマガや無料動画をご覧ください。(売り買いのシグナル銘柄一覧が見られるようになりました)


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す