意外と知らない!YouTube様が嫌う動画の特徴5選

記事
ビジネス・マーケティング
こんにちは。
うぱくんです。

我々平民である雇われYouTuberたちは
YouTube王国の中で労働して
お給料である広告収益を得て暮らしております。

なのでYouTube様は絶対的な王様で、
嫌われたら収益化されません。

規約を守っているとか
ポリシーに反していないとか
そういう表面上のことではなく
チャンネルの傾向とかイメージの問題です。

意外とそこをわかっていないで動画作成をしている人が多いので
これが参考になればと思います。

王様は他国(広告主)から依頼された広告掲載によって国益を得てます。

その掲載場所はあなたのチャンネルです。
その場所代をいただいているような感じです。

「このチャンネルには掲載したくないな」と、
王様や広告主様が判断されたりしたら、それまでです。

登録者が1,000人いっていようが
過去の再生数が4,000時間いっていようが広告は付きません。

それなので好きなことだけで生きていけるわけがないというロジックが理解できますよね?

わけのわからないことをやっててもダメです。


お金をもらっている以上、
我々、雇われYouTuberがYouTube様に頭が上がらないように、
YouTube様も広告主には頭が上がらないのです。

雇われYouTuberが広告依頼主にNG出されたら
構造上、収益化は成立しません。

より収益が欲しければ
最適な広告掲載の場(動画)を作っていけるように精進しましょう!

では、どんな動画が好ましいのでしょうか?

それは広告をたくさんつけられるような尺と、離脱率の低い動画です。
クリック数ではなく、離脱率に着目してください!
もちろんそれ以外の細かい要素もあると思いますが、
離脱率はかなり重要なんです。

多くの人はここをおろそかにしていますが、
アナリティクスでデータをよく見てください。
そしてどうしたら改善されるのかを考えるべきです!


逆に嫌われがちな動画としては、
・極端に短い
・離脱率が高い
・アクセス数が少ない
・商品イメージを損なう
・規約的に微妙
などが挙げられます。

なお、“ほとんどの広告主に適していない”
“一部の広告主に適していない”と判断された場合は、
収益スターテスが黄色い$になり広告を剥がされます。
ほとんどの広告主に適していない.jpg
一部の広告主に適していない.jpg

再依頼を出しても100%収益化に復帰できるかどうかはわかりません。


※もちろんこれはチャンネルを収益化したい人、している人向けのお話であって、
趣味で動画投稿をやってる雇われないYouTuberさんは
この限りではありませんのであしからず(笑)

それではまた!





サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す