エストニアの大学へ 1

記事
学び
2020年3月コロナの影響で休校になった。高校3年になり医学部進学のため受験モードにシフトチェンジしてすぐのことだった。

医者が過酷なのは知っていた、だがコロナ禍の中で働く医師の報道を見て絶句した。

医学部にいく事自体お金がかかるし、医者になってからも勉強(他の職業よりも勉強する時間は多そう)、病院から呼ばれればいかなければいかない...。

こんなに大変なのに給料は年収1000万円位。数字だけ見ればかなり稼いでいるように見える。でもあくまで労働収入であり、仕事量に給料が見合ってない。そんな風に感じ、医者への興味が薄れてきた。

勉強なんか放って将来何をしよか考えだした。

そもそも世界で働きたいという夢を小さい時に脳の片隅に置いておいてことを、思い出した。

世界で働くなら英語が話せないといけないな→若いうちに英語に慣れた方が確実にいいだろう→とりあえず海外に出ちゃえば喋れるようになるでしょ→海外の大学を見てみよう!

こんな感じで海外の大学を調べることにしました笑

『海外大学進学』的な感じでググると...

アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、ドイツ、オランダ、オーストリア、デンマーク、ポーランド、エストニア....

え、エストニア????

どこそこ?バルト三国みたいなやつ?

そこでエストニアについて調べてみると、なんだか凄そう!って感じで一気に魅了されました。

そこでとりあえずエストニアにいこう!となりました笑

エストニアがどんな国なのか等魅力は次回投稿します。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す