動物病院の診療費、なぜ高い?

記事
コラム
ペットを動物病院に連れて行ってかかる費用って基本的に高く感じませんか?
また他の動物病院と価格が全く違う!ということもあると思います。
今回は動物病院における診療費をテーマにお話していきます!

動物病院の診療費が高いワケ① 自由診療のため

動物病院における診療は、自由診療といって基本的な値段設定が存在しません。
それぞれの動物病院が検査や治療にかかる費用を独自に決定しているのです。

そして、人でいう自由診療は美容整形や人間ドックなどが該当しますが、保険適応外であり原則的に全額負担ですよね?
動物医療は全ての診療が基本的にこの自由診療であるため、かかった費用は飼い主さんの全額負担となります。
そのため、通常3割負担である人の医療に比べて全額負担の獣医療が高く感じるのです。

もちろん、各社ペット保険に加入している飼い主さんも多く、症状があったり病気やケガなどは保険適応となりますが、ペット保険の契約内容により自己負担額は変わります。

動物病院の診療費が高いワケ② 動物用医薬品が高価

診療費が高くなる理由として、動物用医薬品の価格も関係しています。
当然すべてのお薬が動物用というわけではなく、人用のお薬をペットに処方するケースも少なくありません
しかし、人用の医薬品で代わりがきかない動物用医薬品は一般的に高価なものが多い傾向にあります。

動物用医薬品も開発段階で多額の費用をかけており、ペットへの処方のみで研究開発費を回収しようとすると自ずと高価になってしまうのです。
これは治療薬に限らず、検査キットや予防薬なども同様です。
とくに「犬専用」「猫専用」というように動物種が限定される薬品はより高価な傾向にあります。

また、動物用医薬品の中には海外から輸入する必要があるものも多く、それらを使用する場合も原則的に高価となってしまいます。

動物病院の診療費が高いワケ③ 検査項目が多くなりやすい

もう一つ考えられることとして、検査数が挙げられます。
人であれば患者本人が痛いところ・気になる点などを教えてくれますよね?
しかし獣医師は物言わぬペットを相手にしているため、病気や異常を見逃すまいと検査項目を多くしてしまいがちです。
すると検査数に応じて診療費は高くなってしまいます。

もちろん、不要な検査はペット自身のストレスにもなるため獣医師が勧めることはありませんが、
確定診断だけでなく、わずかでも考えられる病気を否定するための検査を漏らさず行おうとすると検査数は多くなってしまうのです。


いかがでしたか?
動物病院の診療費が高くなりがちな理由はお分かり頂けたでしょうか?
自由診療のため動物病院ごとに価格設定は異なりますが、費用だけで動物病院を選ぶことはオススメしません。
必要な検査を丁寧かつ親身に話し相談にのってくれる動物病院かどうかを重視することを推奨いたします。


何か、動物病院についてご相談・お悩みがあればいつでもご連絡ください。ダイレクトメッセージでも構いません。

また、このようなブログ記事の作成も行なっています。
ご興味がある方はお気軽にご連絡をお待ちしております。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す