絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

自由診療として行われる「がん免疫療法」 始める前に確認しておいた方がよいこと

こんにちは。パーソナルナースのうさぎです。!(^^)!自由診療として行われる「がん免疫療法」「医師がていねいに説明してくれる。信頼できそう。お金はかかるけど、がんが治るならチャレンジしたい」「でも、本当に信頼できる治療なの?」ここでは、『自由診療の治療を始める前に医師に確認しておきたいこと』チェックポイントをご紹介します。ポイント1「効果が証明された免疫療法」と「効果が証明されていない免疫療法」がある効果が証明されていない免疫療法も自由診療ではおこなわれています。また、たとえ研究段階の免疫療法であっても「研究段階の免疫療法=効果があるかどうか、まだわからない」という意味だということを知っておくことは大事です。ポイント2自由診療の担当医に確認する*この治療(投与量、投与方法)は標準的な治療法ですか?  →たとえば標準投与量より少ないと治療効果も不明な場合があります。*この免疫療法は、多くの人を対象にした臨床試験で効果が証明されたものですか?  →数人の臨床試験で効果がみられても多くの人に当てはまるかどうか不明*これまでにどのような状態の人にどのような効果がありましたか?  →病状により効果に差がある可能性も確認しておきましょう*どのくらいの期間、治療が必要ですか? *効果が出なかったり、症状が悪くなったりしたときには、どのように対応してもらえますか?  →症状が悪くなっても対応してくれない自由診療の医院もあるので注意*今、治療を受けている病院の医師には免疫療法についてどのように伝えればいいですか?*どのような副作用が起きますか?  →免疫療法も重い副作用が出る場合があります。*副
0
カバー画像

動物病院の診療費、なぜ高い?

ペットを動物病院に連れて行ってかかる費用って基本的に高く感じませんか?また他の動物病院と価格が全く違う!ということもあると思います。今回は動物病院における診療費をテーマにお話していきます!動物病院の診療費が高いワケ① 自由診療のため動物病院における診療は、自由診療といって基本的な値段設定が存在しません。それぞれの動物病院が検査や治療にかかる費用を独自に決定しているのです。そして、人でいう自由診療は美容整形や人間ドックなどが該当しますが、保険適応外であり原則的に全額負担ですよね?動物医療は全ての診療が基本的にこの自由診療であるため、かかった費用は飼い主さんの全額負担となります。そのため、通常3割負担である人の医療に比べて全額負担の獣医療が高く感じるのです。もちろん、各社ペット保険に加入している飼い主さんも多く、症状があったり病気やケガなどは保険適応となりますが、ペット保険の契約内容により自己負担額は変わります。動物病院の診療費が高いワケ② 動物用医薬品が高価診療費が高くなる理由として、動物用医薬品の価格も関係しています。当然すべてのお薬が動物用というわけではなく、人用のお薬をペットに処方するケースも少なくありません。しかし、人用の医薬品で代わりがきかない動物用医薬品は一般的に高価なものが多い傾向にあります。動物用医薬品も開発段階で多額の費用をかけており、ペットへの処方のみで研究開発費を回収しようとすると自ずと高価になってしまうのです。これは治療薬に限らず、検査キットや予防薬なども同様です。とくに「犬専用」「猫専用」というように動物種が限定される薬品はより高価な傾向にあります。また
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら