タバコは辞めれます!

記事
ライフスタイル
先に言っておきますが私は喫煙の経験がございません!
なのであくまでアドバイスとして受け入れて頂ければとも思います。
タバコを辞めたい人向けに心理的なトレーニングを紹介します。
参考にして頂きたいとも思います。
ちなみに日本は
ヘビースモーカーランキング12位でしたよ。
結構高いですよね。
また心の状態と喫煙は大きな関係があります。
それでは説明をして行きます。

<タバコはどんな時に吸っていますか>
タバコをどんな時にどのくらい吸っているか
タバコを吸いたいと思って吸っているのかなんとなく吸っているのか
吸うに至る切っ掛けや各々感情の色々レベルがあると思います。
中にはイライラした時
特にタバコを吸いたいとは思っていないけどなんとなく吸っている
とか
集中力が必要だからタバコが吸いたい
とか
ムシャクシャするから
など
様々な事情が人各々によって違うと思います。
一度考えてみて下さい
タバコを吸っている時
どんな感情か それは吸いたくて吸っているのか
きっかけを上げていく事が重要です。



<喫煙者の感情>
だんだん出揃ってきたかとは思います。
よく言われているのがタバコを吸う人間は心が弱いと。
私が学習してきた教科書の中にはそう書かれています。
そこから、
だから喫煙所での出会いで、
タバコミュニケーションをとることで距離が著しく縮まる
これはここの強さの共通点があるから。
と容易に想像する事が出来ます。
ですが、心が弱いってそんなの中傷的すぎないと私は思うのです。
ここで挙げていただいたタバコに火を灯す際の心の様子を
見て下さい。
タバコに火をつけている時点の感情というのは
ネガティブな気持ち
のときです。
悲しい、楽しく無い、辛い、行き詰まった
時に無意識でタバコを吸っていませんでしょうか?
少し私の過去を紹介します。
私の叔父はかなりのヘビースモーカーでした。
1日に何箱も吸うような人だったと聞いています。
私は父親がいなく、よく叔父叔母の家へ預けられていました。
そこで私の面倒を見てもらい
将棋をする、ゴルフに連れてってくれる、キャッチボールをしてくれるなど
一緒に過ごす時間が増え、
タバコを吸う量が明らかに減り、一時期はタバコを止めることに成功していました。
私も大きくなり大学進学で地元を離れた時
また吸い始めてしまい辞められなくなってしまいました。
この例からも当てはまるように
何か新しいことや、全く想定外なことに出会すと人は
ネガティブ感情を薄める事が出来てタバコを止める事ができるのです。
タバコを吸い始める人の多くは
思春期
・親が構ってくれない
成人
・上司との関係がうまくいかない
・やりたい事が出来ない
・夫婦間のやりとり
と様々な形でネガティブ感情が付いて回っていることがわかります。
したがって心の強さの先に
悲しい気持ちのダイナミクスの広い人
がタバコに手を出しやすいとも言え、
悲しいことをあまり感じない人はすぐにタバコをやめれることも考えられます。
悲しいと感じる心情の深さには個人差があります。
教科書に書いてあった心の弱い人間はタバコをやめられないというのは
かなり大胆な内容です。
禁煙者の多くはポジティブに生きるのが下手な人です。


<タバコを止める行動>
ここまで読んでいただいている方にとってはもうすでに答えが出たかとは思います。
タバコを加え火をつけている時は
無意識なうちネガティブな感情に包まれている時である。
ネガティブでも特に悲しい気持ちに浸っている時では無いでしょうか。
これを急にポジティブに変えることは不可能と考えて下さい。
この感情をどう受け入れるかでタバコに手を出すのか出さずに違う行動が取れるのかが変わってきます。
まず身の回りから変えていくと良いです。
・暗い色の服を着ない
・ずっと欲しかったものを買ってみる
・ポジティブなアニメや映画をみる
・感動系やネガティブ感情が付き纏うものは避ける
・刺激の強い食べ物も避ける
・コーヒーには砂糖と牛乳を入れる事
・家族との会話の時間を増やす
・情報収集をして楽しい情報をスクリーニングして人に話す
・部屋をきれいにする
などざっくりですが、
こんな感じでしょうか
割と自分に対して悲しみを生むようなものには触れないことから初めて見てはいかがでしょうか。
悲しいから楽しいと感じるような考えを高速に回す事できっと
喫煙の量を減らすことにつながるとも思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す