【意思決定力を身につける】

記事
学び

安田です。
今は何をやるのかを
自分で決めていかないと
何もやることがなくなります。
意思決定力というのは
やることを決める
力のことをいいます。
決断力は
やらないことを
決める力であり
意思決定力は
やることを決める
力だということです。
やることを
決めるためには
今の現実の中で
何ができるのかを
明確にして
毎朝
紙に書いてください。
紙に書いたことを
必ず実行していくことで
意思決定力を
身につけることが
できるようになります。
実行することは
ごく小さなことでもいいのです。
ごく小さなことでも
「決めたことは実行される」
という習慣を身につけることが
必要なのです。
何を実行したらいいのかが
全く分からないのであれば
学ぶことの実行から
始めてもいいのです。
何を学ぶのかを
明確にすることで
「自分で決めた」という
意思決定力が身についていきます。
今は多くの人に
暇と孤独の機会が
与えられています。
この暇と孤独の中でこそ
意思決定力を身につけることが
できるようになるのです。
今の時代に必要なのは
一人でも歩める力なのです。
他の人、周りの人が
どうであるかに関係なく
自分で決めたことを
実行する力が必要なのです。
みんなと仲良くしながら
感情を流しながらの歩みでは
自分の内に秘めた力を
発揮することができません。
みんなと仲良くするというのは
居心地が良いのですが
その居心地の良さによって
感情を流してしまい
自分の能力の発揮が
できなくなるのです。
能力の発揮には
暇と孤独が必要なのです。
なぜなら
暇と孤独によって
自分なりに築いてきた
今までの自我を壊すことができ
今までの自我を壊すことで
新しい自我が芽生えてくるからです。
その新しい自我から
意思決定力によって
何をやるのかを
決めることができます。
暇と孤独
居心地の悪さを
感じることで
生み変えられて
いくのですが
今まで感じたことがない
いや無意識に避けてきた境地なので
多くの人は
どうにもできないことに
戸惑っています。
今の環境や状況によって
心理的な自立ができるのです。
今まで心理的な自立が
できていなかったので
今の環境や状況に
戸惑っているのです。
本来は心理的な自立は
自分で決めて自立するべきなのですが
ほとんどの人は
自分で決めることが
できなかったので
心理的な自立をせざるを得ない
環境が与えられたのです。
環境が強制的に
与えられたので
今まで曖昧にしてきた感情が
あからさまになり
どうにもできない
葛藤をしている人が多いのです。
与えられた内的な試練を
越える力は誰でも持っています。
今の時代に生きているというのは
試練を越える力を持っているので
生かされているのです。
今の生み変えられる
チャンスの時期は
今しかありません。
この時期を貴重視できれば
新しい時代を迎えるための
準備ができるのです。
今の自分の心境を
客観的に見つめて
できることに
最善を尽くしていくことで
新しい時代を迎える
備えをすることができます。
意思決定力を
身につけられる
環境と状況が
与えられているので
この与えられた機会を
活かす意識で歩んでみてください。
今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す