絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

それでも生きる

こんにちは。ほぼすべての心理療法の土台になるゲシュタルト心理療法を活用して、皆さんが本当の自分自身につながるお手伝いをさせていただいているゲシュタルトセラピストのヒデです。昨日は死について投稿しました。義理の弟は最後の仕事として息を吐ききってこの世を去りました。本当にお疲れさまでした。今日はそれでも生きるということを投稿しようと思いつつ、言葉に詰まります。長く書けば書くほど伝わらないし、本当のことから離れていく気がします。表現したいのはただひとつ誰もが生まれた瞬間からゆっくりと死に向かっていきます。実際に細胞レベルでは瞬間瞬間で生まれては死んでいます。だとしたら、死について考えてもどうしようもなく、いかに生きるかに焦点を合わせることだけが生きている意味です。瞬間瞬間に気づいて生きる。この感じる力の奇跡に感謝しつつただ気づいている。セラピーもカウンセリングもコーチングも本当は必要ありません。たったひとつ、今を感じることだけができるならば。
0
カバー画像

そもそも積み木の土台がない⁈

●感覚統合の原則感覚統合は積み木を積み上げるように発達する感覚統合理論をつくったエアーズ博士は読み書きが苦手な子に読み書きの練習を繰り返し行う支援方法に疑問を持ちました。そして読み書きの基盤にはなにがあるのか読み書きはどのように発達するのか実践と研究からあきらかにしました。読み書き、言葉の遅れ、手先の不器用さなどの目に見えやすい問題は積み木の上の方の問題。それらの土台になっている感覚・運動面へのアプローチが重要だとのことです。こちらの本の感覚統合理論では子どものことについてがメインです。私は感覚が統合されないまま大人になった人について詳しく知りたかったのですが大人についての情報はありませんでした(;´Д`)疑問に思ったのは①感覚統合が積み木を積み上げるように発達するなら一回積みあがったら一生崩れないのでしょうか?②子どもの頃に感覚が統合されなかった場合は大人になってからでも積み上げることはできるのでしょうか?①については私の想像でしかないですが一生崩れないことはないかと思いました。トレーニング原理では可逆性の原理があります。トレーニングを行って高めた体力や筋力もトレーニングをやめてしまえば元のレベルに戻ってしまうという原理です。神経や脳の働きについても同じことが言えるのかは情報不足ですが今はそんなイメージを持っています(;´Д`)②大人になってからも積み上げられるのかどうかこちらは私の実感としても大人と子ども関係なく積み上げることはできるのではないかと思います!大人のパーソナルトレーニングをメインで行っていますが前庭覚、固有受容覚のトレーニングをするだけで姿勢が変わったり動き方
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら