絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

閑散期の集客を革新する!? 予約サイト選定の戦略的アプローチとは?

皆さん、こんにちは〜✨旅館・リゾートホテル・グランピングの集客コンサルをしています、株式会社ココシスリゾートマーケティングのヤン イレです😊このブログでは、旅館・ホテル・グランピング施設事業者様向けに「WEB集客の知識・ノウハウ・考え方」など惜しみなくご提供させていただきます😊12月の閑散期に入り、集客に苦戦されている施設様も多いのではないでしょうか??閑散期のこの時期は、宿泊施設は低稼働率に直面し、収益が大きく下がるリスクがあります。その上、間違った予約サイトの選定は、目標とする顧客獲得ができず、さらに収益を損なう可能性があります。閑散期に宿泊施設の最大の課題は、安定した顧客獲得です。特に予約サイトの選定は、自社サイトのCV率を大きく左右し、結果的に施設の売上に直結します。しかし、多くの宿泊施設がどの予約サイトを選ぶべきか、その選定基準が何であるべきかに悩んでいます。という質問をいただきます。予約サイト選定の重要性正しい予約サイトを選ぶことは、ターゲット顧客にリーチし、自社サイトへのトラフィックを増やす鍵となります。また、予約サイトは施設の認知度を高め、潜在顧客に直接アピールするチャンスを提供します。ターゲット顧客の特定とマーケティング戦略ターゲット顧客を特定し、彼らのニーズに合わせたマーケティング戦略を策定することが重要です。例えば、家族連れをターゲットにする場合、子供向けの施設やサービスを強調した予約サイトを選ぶことが効果的です。各予約サイトの特徴と選定のポイント大手予約サイトはそれぞれ異なるユーザーベースと手数料構造を持っています。自社の施設タイプ、料金設定、サービス内
0
カバー画像

ホテルの部屋番号「103」はどこだ?

今日は、少し前にススキノのビジネスホテルに泊まったときのことを振り返ってみたいと思います。その日は、急に札幌に泊まらなければならなくなり、焦って空いているホテルを予約サイトで探しました。札幌雪まつりの開催期間だったので、観光客で混んでいるだろうと思ったのですが簡単に空き部屋を見つけました。しかも喫煙できる部屋でした。運が良いと思いました。 予約を完了してから支度を整え高速バスの停留所へ急ぎました。その日は朝から雪が降っていませんでしたが凄く冷えていて、歩道はところどころツルツルになっていました。私は、転ばないように注意して小走りで停留所へ向かいました。 バスが来る時間の2分前に停留所に着くと、私よりも年上と思われる男性が1人だけ立っていました。コートのポケットに手を入れている手も冷たく感じるほど寒いのに、時間になってもバスが来ません。時間を間違えているかもしれないと思い停留所の時刻表を確認しようと思いましたが、あいにく視力が低く文字が見えませんでした。 少しすると市内を走るバスが停まりました。運転手が扉を開けて私たちに言いました。「札幌行を待っているのなら高速止まっているからバス来ないよ」 雪が降っていなくても高速が止まることがあるのを忘れてチェックしていませんでした。駅までは歩いて5分程ですし、電車は30分間隔。待ち合わせの時間には十分に間に合いそうでした。 電車に乗って、ススキノのホテルに着いたのは待ち合わせ時間の1時間前でした。 フロントが混んでいるだろうと思っていましたが、待っている人は誰もいなくて、すぐチェックインの手続きを行うことができました。運が良いと感じました。
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら