絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

怒りを抑えられない人は前頭葉が未発達

フィニアスゲージは事故により太い鉄の棒で頭部を貫かれ、頭の左前頭葉を損傷しました。(画像はwikipediaより)脳神経科学では有名な事例で、彼は事故前は真摯な人格だったのが事故後は一変して切れやすい衝動的な人物になったと言われてます。前頭葉と怒りなどの衝動性には深い関わりがあるのでは、という人間における生きた事例となりました。不思議に思うことがあります。一度怒ったあと、それなりに時間が立っているのに再度同じことで怒りをあらわにする人がたまにいます。え、まだ怒ってるの?!とびっくりするくらい間隔が空いているのに怒る。あおり運転の運転手も高速道路上にも関わらず永遠にピッタリと張り付いてマークし続ける執念にはむしろ何がそうさせているのか不思議に思うことがあります。これには脳機能で説明ができます。人は全て脳内の電気信号のONOFFが大量にピュンピュン飛び交うことで、それまでの経験や知識、特性などによってその人が一番やりたいと思う行動を取ることになります。行動とはモチベーションであり、モチベーションに不可欠なのはノルアドレナリンやドーパミンという神経伝達物質です。前回は「扁桃体」について学びました。ノルアドレナリンによって体内の血管を収縮させ、効率よく血を巡らせる戦うに特化した機能があります。収縮すると勢いよく血が流れるので全身に血が巡り体を効率よく動かすことができます。結果、顔が真っ赤になったり瞳孔が開いたり血圧が上昇します。戦闘態勢を整えさせ敵と戦うための神経伝達物質です。猫が目をまん丸にしてお尻をふりふりしている時はまさに良い例ですね。ノルアドレナリンはやがてアドレナリンになり、
0
カバー画像

復縁を達成させるには脳の前頭葉を鍛えよう

同じ部署で同じ目標数値なのに達成出来る人と出来ない人がいるのはなんででしょうか?いつも希望を叶えている様に見えるあの人は、なんでいつも叶えられるのでしょうか?もちろん『運』や『環境』そして得手不得手など、様々な理由が関係していると思います。自分1人の事じゃない場合は相手の問題も当然あります。だけど、少しでも目標・目的を達成するために出来る事をしたいと思うなら、まず最初に脳の“前頭葉”を鍛えると良いですよ、というのが今日のお話し。何かの目標を決めたり、それを達成しようとしたり、という事が“苦手な”そこのあなたは是非読んで参考にしてみてください。まずは、知るところから✧①恋愛感情の正体と脳の働き└ドーパミンが快のスイッチを押すのが恋愛感情恋愛感情って実際脳ではどの様な仕組みで起きているのでしょうか?皆さんが好きな相手と話していると幸せな気持ちになったり、会いたいと思ったり、ドキドキするのはなんでだと思いますか?それは“ドーパミン”という神経伝達物質が関係しています。ドーパミンは運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わっていています。この中の“快の感情”にフォーカスしましょう。※出来るだけ難しくなく書くけど分からなさ過ぎたらここは飛ばそう! 聞いた事があるかもしれませんが、ドーパミンは“報酬系ホルモン”とも呼ばれ、頑張って結果を出したときの達成感や満足感をもたらすと言われています。恋愛中に好きな相手を見ると、快感&心地よい幸せな気持ちになるのはこの“ドーパミン”が関係しています。共同研究グループは、恋人の写真と、恋人と同性の友人の写真を見せた時の脳内のドーパミン放出の違
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら