絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

10 件中 1 - 10 件表示
カバー画像

【手相】運命線の見方

今回は運命線についてお話しします。運命線は手のひらを縦に中指から手首にかけて伸びる線のことです。(図でいう青い線です)この線は人によって現れ方に差が出ます。人によってはなかったり、うっすら現れたり、途中で切れたり、はっきり出たりします。この運命線の現れ方で生き方をどう捉えているか見ることができます。運命線がはっきりと伸びきって現れる人は、自分の生き方をある程度はっきりと決めている人です。どのような方向性であれ、迷わずに突き進むため、その方向性には安心感があります。運命線がなかったりうっすらとある場合は自分の生き方に迷いが見られます。中学生や高校生のお子さんの手だとあまり運命線が現れないことが多いのは、自分の進路にまだ悩みがあると読み取れます。また感情線(図でいう赤い線)あたりで線が切れる方は主婦の方に多く見られます。ある程度人生を他人に委ねている状態と言えます。もちろん主婦の方が全員現れるとは限りません。運命線がどこに伸びるかによっても見方が変わります。手首方向に伸びる運命線が、真っ直ぐ真下に伸びている場合は、「自らの力で道を切り開く」運命線です。きっと大きな助けがなくても自分の意思でしっかり夢を掴むことでしょう。運命線が小指側の丘(月の丘と言います)の方に伸びる場合、「周囲の人の力を借りて道を切り開く」運命線です。この線をお持ちの方は周りの方との絆を大切にするようにしましょう。運命線は年齢や人生の転機を経て大きく変化する線です。定期的にご自分の運命線を見ることで、自分が今どのように人生の生き方を捉えているか、納得しているかどうかを振り返ることができます。
0
カバー画像

短い生命線としっかり刻まれた運命線は自信家の手相

ときどき「私の生命線は短いから、きっと短命なんですよね?」と、お聞きになる方いらっしゃいます。多くの方は、悲壮感はないんです。でも、そういう方に限って、運命線でしっかりと補完されていたり、あるいは、もう一本の生命線で補完されていて、長生きされるタイプであることが多いです! とくに前者のパターンの方は、何ごともスジを通す思考の持ち主。場合によっては、一筋縄にはいかないちょっぴり頑固な一面も兼ね備えています。芯が一本通っていて、揺るぎのない信念を持っている方なんです。かつて私は、このパターンを何人か観てきました。手相観を始めて、かれこれ10年ほど経つのですが、生命線を補完するかのように、手首下から真っ直ぐ手のひら中央付近まで濃く刻まれている方は、多少生命線が短めでも、ほぼ例外なくそうでした。「生命線の短さ」を力強い運命線がカバーしているのです。自信家であり、少々頑固な一面を持つ方なのかもしれません。正しいと認識したら、自分の意志は貫き通す。ちょっとやそっとの反論では論破できないほど、パワーがあるのです。その正しさが、上手く周囲に理解されるといいのですが、理解されないと敵を作ってしまい、居心地が悪くなってしまうこともあるかも知れません。そこは上手くバランスをとっていただくことが大切です。ところで、もともと生まれつき生命線が短い方は、体力には自信が無いことを自覚されていますので、健康には人一倍気を使い、逆に長生きされるといわれています(生命線が長くて体力があっても、無茶をする方は結局のところ長生きできなくなってしまう)。 気を付けなければならないのは、「ある日突然に、生命線が短くなった
0
カバー画像

天下取りの線は、かかあ天下の相(手相)

両手をパッと、目の前に差し出されました。   女性  「手相って当たるの?」 私   「もちろんですよ。」 女性  「じぁ、当ててみて!」 私   「かしこまりました。精一杯頑張らせていただきます・・・」      いつもと違う展開と雰囲気に戸惑いながらも、手相を観て思わず納得してしまいました。   『 この運命線は、天下取りの線ですね! 豊臣秀吉と同じですよ! 女性でこれほどの勢いのある運命線は、珍しいです。典型的なかかあ天下の相です。これからもお仕事は、続けてくださいね 。ずっと現役ですよ!』   その女性は、満面の笑みを浮かべうなずかれました。     飲食店をご夫婦で営んでいるとのことでした。夫らしき方は、隣りの席で申し訳なさそうに状況を見守っておられました。     いくつかのお話しをさせていただき、最後は「ありがとう!じぁねぇ!」と、さっそうと席を立たれたのです。     あっと今の出来事でした。   手相の通りに生きるのが、一番自然体でいられるわけです。一見するとアンバランスに感じたご夫婦も、実は均衡が保たれている。「だからこそ、円満な家庭を築かれているのだ」と改めて実感した瞬間でもあります。   この記事はフィクションです。実際に鑑定を受けられた方はもちろん、特定の人物や団体などとは関係ございません。いちや流の手相の解釈をより身近に感じていただくため、ストーリー仕立てに創作しています。
0
カバー画像

若い頃の頑張りのへご褒美と晩年期の運命線(手相)

とある町工場の経営者のもとへ嫁いだ女性。当時、毎日数時間の睡眠しかとれない状況で、身体のことを心配されたご親戚からは「仕事が止められないならば離婚したら」と真剣に諭されたそうです。それでも頑張ってきました。若かったので、馬力もあったのでしょう。 ところが順調に業績を伸ばしてきた矢先、突然夫を病気で亡くします。会社経営は立ち行かなくなりました。苦渋の決断で町工場を清算して知人へ譲渡したのです。幸いにもある程度のまとまったお金が手元に残りました。 それから月日が流れ、現在は不自由なく過ごされているのですが、最近になって急に将来に対して漠然とした不安がよぎるようになってきたそうです。少々、疲労困憊気味です。 女性の手相を拝見させて頂きました。晩年期の財運線、運命線、太陽線は、しっかりと刻まれており、水星丘、太陽丘の膨らみも見事なものです。 それは、まさに若い頃の頑張りのご褒美であるかのように感じられました。 知能線の出発点が生命線から離れているのは、行動が積極的で大胆な方です。かつてのように、遠慮や気兼ねすることなく、気の向くままに好きなことをおやりになればよいのではないでしょうか。もっともっと楽しまれてもいいのですよ。亡くなられた旦那様も本望だったに違いありません。 そうお伝えしました。 久しく旅行をしていなかったので「これから、日本各地を旅してみようと思います」と笑顔でお話しをされました。この記事はフィクションです。実際に鑑定を受けられた方はもちろん、特定の人物や団体などとは関係ございません。いちや流の手相の解釈をより身近に感じていただくため、ストーリー仕立てに
0
カバー画像

世代交代は第三者の援助や支援で不安を解消していく (手相)

小さな会社で長年社長の片腕となって経理の仕事(金庫番)に携わってきた女性の方。会社の経営が若い世代へと引き継がれることになったそうです。もう随分と前から「いつかは、この時が来る」とは分ってはいたのですが、 いざ現実が目の前に突きつけられると、考えてしまうそうです。 「このまま自分がこの会社へ残っていても良いものなのか?」そこはかとない不安を感じてしまうそうです。「若い経営者には、大事な金庫番です。私よりも若い(経営者の方と)同年代の方がよいのでは?」という思いに駆られてしまったといいます。 小指と中指、人差指と中指の間からキレイな金星帯があります。異性から支持を得られる方で、理性的に振る舞う方でもあります。 感情線と知能線の間で運命線が二重になっていて、何か環境の変化はありそうですね。 2つに分かれた運命線の形状から、もしかしたら、この日のために随分と前から(心の)準備はされていたのではないでしょうか。 また、運命線の出発点が小指側の下部方向から伸びてきているので、家族や親戚など身内というよりも、とりまく周囲の方々からの協力や支援が期待できそうです。乗り越えていけそうですね! 成功(満足)は、もちろんご自身の実力や努力によるものですが、その影には的確な助言をしてくれる人がいたり、絶妙なタイミングでいい人との出会いがあったりするものなのです。この記事はフィクションです。実際に鑑定を受けた方はもちろん、特定の人物や団体などとは関係ございません。手相との組み合わせによる解釈をより身近に感じていただくため、ストーリー仕立てに創作しています。
0
カバー画像

【手相】運命線がない人は人生の目的を探している

今回はもう少し運命線について深掘りしていきたいと思います。運命線は中指あたりから手首に向けて、縦に伸びるような線のことです。この線がない人ははっきりとした人生の目的がなく、まだ探している人です。実は社会人にはこの線を持つ人は少ないです。社会に出ていると少なからずこの線は発達し、はっきりと現れるもので、特に管理職の方などにははっきりと現れます。中学生や高校生の方などはまだ人生の目標や目的を模索している途中ですから、現れないのは当然のことです。すでに現れている場合はよほどはっきりとした将来の夢を描いていることでしょう。もし、社会人で運命線がない場合は、周囲に流されがちな生活を送っているのかもしれません。自分なりの目標がないために、何事にも気力が出ないかもしれません。一般的なアドバイスになってしまいますが、少しでも視野を広げて人生の目標や生きる方向性を見出せば、自ずと運命線は太く現れ、気力あふれる生活が遅れるようになるでしょう。
0
カバー画像

運命線が中指と人差し指へ向かって伸びて知能線上で止まるパターン

運命線が手首の上から、中指と人差し指との中間の方向へ伸びていき、知能線で止まってしまうパターンについてです。ある手相の本を読んでいたときに、「あれ?この運命線の解釈は他の本に書かれている内容と違うなあ」と感じたのです。ちょっと、気になってしまいました。手相本には、「この手相の持ち主は強運である」と。「どんな状況にあっても最善をつくせるバイタリティがあり、幅広く活躍できる」と書かれている。一般的な手相観では、運命線が知能線で止まってしまうのは、「中年期以降、脇役(縁の下の力持ち)として役回りが変わっていく」か、「専門職的な仕事(ひとつひとつ着実に進めていく職種)に変わっていく」とか。つまり、「知能線に関わる内容がテーマ」となって現われてくる。意味合いが、少々異なりますね。どちらかというと、“正反対の意味合い”なのです。どうやら、運命線の始点と終点の条件によって解釈に違いがあるようです。ポイントは「運命線の終点が中指と人差し指の中間へ向かう」パターンにあると感じました。確かに、ある若手の鑑定士の方が、ズバリこの手相をお持ちでした。バリバリの行動家です。
0
カバー画像

手相と、仕事の成功

ある方から、52歳でセミリタイヤしたいと相談を受けました。 手相を拝見すると、52歳から運命線、太陽線共に勢いよく出ていました。 私はその方に、残念ですがセミリタイヤどころか更に忙しくなりますよと告げました。 年月が経ち52歳を過ぎたので状況を調べると、やはり忙しくてセミリタイヤ出来ていないとの事でした。 運命線では努力して報われるかがわかります。 太陽線では人気が出るかがわかります。 今回は両方ともハッキリ刻まれていたので、忙しくなると結論づけました。 でも52歳で隠居というのも、寂しい話ですよね。 その方は現在もバリバリ働いて見えます。
0
カバー画像

癒やしの才能を指し示すソロモンの輪(手相)

化粧品の販売がメインで、エステもされている女性の手相です。知的好奇心が旺盛な方で、様々なことにチャレンジしたいとのことでした。特徴的なのは 、1、複数の横に拡がる金星帯2、晩年期にある複数の運命線3、晩年期にある複数の太陽線4、複数の細かなソロモンの輪幾重にも横へ拡がる金星帯は、人には感じとれないことでも何故か取り込めてしまうアンテナの持ち主です。また、吸収した情報をいろいろな方面へ有形無形に関わらずアウトプットできる方です。 幾重にも連なる緩やかな弧を描いたソロモンの輪は、癒しの職業に向いていて、現在の職業は、まさに天職といえるのではないでしょうか。複数の運命線は、様々なことに興味を持たれ、晩年になってもチャレンジし続けている方です。複数の太陽線は、多くの方々から慕われ、人気があります。ただし、一度に幾つも手広く活動範囲を広げていくのは得策ではありません。もしかしたら、納得がいく、これだと思うものが見つからずに、手探り状態なのかもしれません。いずれは、複数の仕事を持たれるのでしょうが、今はターゲットを絞り込み、一つ一つ着実に布石を打たれた方がよいのではないでしょうか。
0
カバー画像

今私は転職のタイミングなのでしょうか(手相)

運命線の切り替わり付近(赤線の切り替わり)。サンプルの手相だと35歳~45歳ごろでしょうか。何となく、今の仕事で「職場環境が変わるのではないだろうか」という漠然とした衝動に駆られてしまうのだそうです。だから転職も視野に入れているというのです。もちろん、それなりに準備もしていると。今、ベストな転職のタイミングなのかは、一番わかりやすいのが運命線の状態です。流年法で各年齢ごとで「人生のイベント」を観ていくと、確かに運命線に切り替えが起きている場合が多いです。そのポイントで、転職が望ましいのかは、運命線の切り替わりの大きさにもよりますし、他の線も併行して観ていく必要があります。それにもまして大切なことは、現実をしっかりと見据える必要があるということ。『運命線の切り替わりがある』からといって、安易に大手を振って転職するのは早合点です。その方が、10年20年と勤めていた会社ならばなおさらです。もしかしたら、今の会社で、部署や職種、勤務地が変わることを暗示しているだけかもしれないからです。具体的な転職の話が持ちかけられていて、仕事の実績や将来性を買われているのであれば、転職によるリスクは少ないのですが・・・。その場合は、太陽線がしっかり刻まれていて、生命線上の(流年法による)年齢のポイントに向上線が立ち上がっているはずです。
0
10 件中 1 - 10
有料ブログの投稿方法はこちら