絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

656.新社会人が押さえておくべき「名刺交換」8つのポイント

・コロナ禍で激減も…復活の兆し? 新社会人が押さえておくべき「名刺交換」8つのポイント コロナ禍によって激減した、対面での「名刺交換」の機会。しかし、コロナが落ち着いてきたとともに、「久しぶりに名刺交換をした」という人も増えつつあるのではないでしょうか。この春から社会に出た「新社会人」にも、遅かれ早かれ名刺交換の機会が訪れます。社会人らしく立ち振る舞うためにも、正しく身に付けておきたいビジネスマナーの一つです。  そこで、新社会人が早めに押さえておくべき「名刺交換のマナー」について、一般社団法人「マナー&プロトコル・日本伝統文化普及協会」(東京都港区)代表理事でマナーコンサルタントの西出ひろ子さんに聞きました。 名刺は「大切な分身」 Q.新社会人にとって、「名刺交換」はどのような意味を持つ行為・機会だと思われますか。 西出さん「まず、『名刺はその人の分身である』という考え方があります。従って、他者と自分の分身である名刺を丁重に取り扱う気持ち、姿勢が大切です。 次に、名刺にはメールアドレスや電話番号など貴重な情報が記載されています。その情報を渡し、頂けることに感謝するのも大事ですね。 これらを踏まえた上で、“ビジネスカード”といわれる名刺を交換することは、今後のビジネス構築や発展の第一歩となる行為です。人によっては、『初対面ですぐに名刺を渡さない』という人もいます。名刺を頂けることは当たり前と考えず、『交換してもらえたということは、ビジネスチャンスのチケットを頂いたありがたいこと』だと考えましょう」 Q.新社会人がなるべく早く身に付けておきたい「名刺交換」の基本的なマナーを教えて
0
カバー画像

名刺交換

こんにちは。ノブです。今日は「名刺交換」のおはなし。以前のブログで「よく道を聞かれる話」を書きました。道を聞かれることと同じく、高確率で当たるのがこんなエピソードです。「すみませーん!!  いま、会社の研修でどれだけ名刺交換できるかを競ってるんですが、もしよろしければ、あたしと名刺交換していただけませんか??」この「名刺交換」、めっちゃ声かけられます(;'∀')特に新卒入社の4月のタイミングとかは、ターミナル駅とかに行くと毎度必ず声をかけられます。また、大きなイベント会場での行き帰りも同じく声をかけられます。こんな名刺交換研修?に付き合わされるわけですが、一番タチが悪いのは、研修のノルマが達していない人とかで、自分の目的達成のために何としても名刺をもらおうと、ずっとつきまとって粘る人なんかもいます。※注:このようなつきまといは警察に通報されると捕まりますのでご注意を。私もひどいケースはその場で110番してます。マジで。。。一番簡単な回避手段は、当然ながらその人に名刺を渡すことです。( ´艸`)しかし、会社の名刺を渡すと、その後様々な売り込み電話が鳴りやまず怒られたこともあったので(実話)、いろいろと考えた私は、以下のような名刺を作って渡すことにしました。 皆さん、「名刺交換したい」というので、上のイラストのように、「名刺」と書いた名刺を渡しています( ´艸`)で、この名刺を渡してからの反応は人それぞれ、結構あります。半分の人は笑って「いやいや、この『名刺』じゃなくてー」って言ったりするので、「いや、『名刺』が欲しいっていうから名刺渡してるでしょ!!」って話して逃げています。ちゃ
0
カバー画像

名刺

名刺っていわゆるファーストコンタクトですよね。いろいろ名刺に想いをみんな込めるんですけど、いわゆる初対面のラブレターのようなもの。自分は、外したくない顧客には文香を香らせた名刺を差し上げることがあります。また、名刺を楽しく見せるために透明な紙に刷ってみたり、絶対って時にはおまじないで、梵字や龍体文字を入れたりします。(もちろん目には見えないようにではありますし、クライアントさんの希望があるときだけですけどw自分のには時々入れてます。いわゆる勝負名刺ってやつです。^^)昔の人は想いを寄せる時に書く恋文に、香りをつけて文を書いたんだそうですよ。これが結構現代でも効いたりします。文香を名刺入れに忍ばせておけばOKです!お試しあれ!さぁコロナも下火だし!どんどん名刺交換しましょうよ!
0
カバー画像

後輩営業マン同行した先輩がビックリした話

0
カバー画像

店内名刺交換

閉店予定だった店舗を立て直した際に『核』の一つとなった行動です。名刺は立派な武器となり得ます。 交換したら、交換した分、『財産』となります。 そこから、「何ができますか?」という部分です。ターゲット客層 店舗で増やしたい客層は、サラリーマンでした。 徒歩10分圏内にはオフィス街の存在もあったので、どうにかしてサラリーマン層を多く取り込むことができないか、と日々考えていたものでした。 当時の客層は、 大学生(サークル、ゼミ、研究室等) サラリーマン層 繁華街同業者 繁華街に『呑む』目的でいらしている方 単価は安いが、まとまった客数、売上を稼ぐことができる大学生サークルの宴会は、それはそれで魅力的ではあった。 しかし、「場が荒れる」ことや、『未成年飲酒』のリスク可能性が常にある。 (未成年飲酒のリスクに対しては、まだ『コンプライアンス』なんて言葉が出回らない状況下でしたが、大学の『新歓コンパ』をシャットアウトすることで対策してました。) また、学園祭や、歓送迎会など時季柄強い反面、それ以外では見込めない。(売上の波が激しい) そこで、安定したご来店が見込め、単価もそれなりに高く、場も荒れづらいサラリーマン層を『お客様の柱』の一つとして仕立てようと。 大学生の宴会は、『プラスα』の材料として捉え、ゼミや研究室のものを優先的に取り込むようにした。 そのために、まずは、スーツをお召しのお客様と名刺を交換することで距離を縮めていこう、と。名刺交換方法 タイミングが肝要になってきます。それと話す内容と。タイミングについては、あらゆる時を試しましたが、『交換』できて、かつ少しおしゃべりができて
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら