絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

自分に人にも厳しく接してしまうあなたへ

~ねばならない~であるべきであるのような言葉をよく使っていませんか。非常に理性的、自分を律して常に前や上を向いて頑張っているのでしょう。すごいなぁと憧れられる反面、自分にも他人にも高い理想を求めて厳しく接してしまう傾向があります。その為、周囲にも、更には自分にはもっと厳しい目を向けていることも少なくありません。なぜ、自他に厳しくしてしまうのか?よく言われるのは、心の中に✔両親✔先生✔上司✔先輩✔憧れの人から言われたこと、そうした人たちの人物像が「大人」としての形を作り上げ、息づいていて、いつもあなたを見張っているのです。何を?その人の心の中の「幼い子ども」を、です。子どものような✔純真さ✔無邪気さ✔遊び心✔甘え✔未熟さは、「大人」にとって邪魔なもの、抑えるべきものだと、あなたの中の「大人」が考えているのでしょう。抑えつけられた「子ども」の部分は、時間をかけて歪んでいきます。そして✔「大人」の部分が肥大化する⇒ミスやルール違反に対して過剰に厳しくなる✔「子どもらしくない子ども」が強くなる⇒他人の言いなり、我慢ばかりする、顔色を伺うようになり、自分の素直な感情や欲求を叶えられないことでストレスをため込んでしまいます。そのストレスが更に周囲への必要以上の厳しさになって表れます。自分で「こうあらなければ」という理想が、逆に自分と周囲を苦しめると言う負のループの中でがんじがらめになっている姿が目に浮かぶようです。どうすればいい?抑えつけられた自分の中の「幼い子ども」を受容しましょう。甘えたい気持ち、我儘、義務よりやりたいことを優先する、遊びを楽しむ。こうしたものを、もっともっと引き出しま
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら