絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

「大相場が来る!?」

 これまで拙論で言ってきたことのかなりが歴史的視点で識者と重なるので、本日(5/11水)も少し述べておきたいと思います。 昨日5/10の日経マネーに、オイルショックの前から半世紀以上市場を見守り続けてきた元日興証券株式評論家の植木靖男さんが、「22年後半に大相場が到来する 相場の生き字引予測/プロが読む 2022年後半の株式相場の見通し(上)」で、3つのことを言っています。 1)(ウクライナ後も)物価の上昇が続く 2)日本の金利上昇は見込めない 3)今以上の円安・ドル高になるいずれも拙論でいってきたことと符牒を合わせており、私もそうなると読んでいます。それは国内の生産投資、サービス投資を促し、賃金の上昇を伴うものになると、政府の財政出動による後押しという政策に誤りがなければ、そうなるという蓋然性は高いと思います。それは安全保障環境の上からも、これも政策の誤り無きを得てですが、そうなると考えられます。 であればということではあるが、日本の優良株は買いであると言ってきた拙論にならざるを得ないと思います。引用した植木さんのいうような大相場になるかはわかりませんが、これまで30年の間、世界的にもっとも出遅れてきた日本株ですから、そう期待しつつ見守っていきたいと思っています。
0
カバー画像

「連休後の株式相場もトレンドは変わらない」

 昨日(5/4)のニューヨークは、FRBの0.75%の否定、0.50%利上げと6月からのテーパリングという予測通りの内容でダウ、ナスダックともに大幅に上昇という結果だった。今日のニューヨークの結果に左右され、大幅な下落なら別だが、おそらく明日5/6(金)の日経は上げることになろう。 ただ、これまでも述べてきたように、なにかこれまでのトレンドを変える状況が現れてきたわけではなく、インフレの終息へ向けて長いプロセスの中にいることに変わりはないと言ってよい。 したがって、日本株へのスタンスは変わらず、割安のバリュー株主体、好業績主体の相場であり、その種の個別株を拾っていくということで良い。投資信託で手数料をむさぼり取られるという投資の仕方でなく、個人投資家の皆さんはじっくり選別投資を行い、実効的な投資生活をおくられ、幸せを掴んでいかれることを願っています。
0
カバー画像

春相場は乱高下、セルインメイ?

1. 春相場は荒れている 格言セルインメイから、売るべきか?2.セルインメイとは? 「Sell in May」は米国の相場の格言であり、正確には「Sell in May, and go away; don't come back until St Leger day. 」である 「5月に売ってLeger day(9月第2土曜日)まで戻って来るな」と言っており、「相場が高い5月に売って、9月に買え」と言っている これは、根拠のない説、アノマリーとも言われるが、諸説ある中では、新年度の4月に入り買い先行により、株価が上昇し、 ヘッジファンドが5月決算で売りに出るのでピークを迎える、その後、利益確定のため軟調になると言われる 3.年間アノマリーの例  1月 1月効果    欧米ファンドの分配金が再び投資に回されることなどから、1月相場は   高くなる可能性が高い。   4月 新年度効果    日本において、新年度ということで資金が株式市場に入るため、4月相場  は高くなる可能性が高い。 5月 セル・イン・メイ    ヘッジファンドの多くが決算を迎え売りが出るため、5月は株価が軟調に  なりやすい。  7月 サマーラリー   欧米の金融機関が下半期に入るため、株式市場に資金が入りやすい。 8月 夏枯れ相場   機関投資家が夏休みとなるため、売買高が減少する。また、小型株が  人気化しやすい相場となる。  10月  ハロウィーン効果     ヘッジファンドの決算期が近づくため換金売りでハロウィーンの頃に安値  をつける傾向がある。 12月 掉尾の一振    クリスマス前後
0
カバー画像

「追伸/原油、天然ガス需給ひっ迫、高騰と原発再稼働の必要性」

 「原油、天然ガス需給ひっ迫、高騰と原発再稼働の必要性」の投資、相場に関する追伸です。 原油関係の需給ひっ迫と高騰に関しては長く続くだろうことを既述しました。付言すると。高騰は既に昨年後半に発していたことであり、”ウクライナ”でさらに増幅されたということも重要です。ディープステイトとか金融マフィアとか或いはまともにウオール街とか言われる巨大マネーはこの戦争の成り行きを見ても、高値はやはり相当長く続くものと見ていいのではないかと思います。そして前記ブログに私は強く主張しましたが、日本が原発に回帰していくのはこれは国益から見ていずれ遠からずそうなっていかざるを得ない流れです。 以上の認識はさすがに機関投資家も馬鹿ではありませんので、既に株式相場に反映されています。原油関係でいえば、出光興産であればウクライナ前の10%以上、電力関係でいえば関西電力は10%程度、東京電力は別の要因もあるかもしれませんが40%強、夫々高値圏にあります。全体が下げているにも関わらずこの数字ですから、今後も中期的にこの状況が続くとすると今の値以上になるかもしれません。 このように世界の政治経済情勢を把握して先を読み投資を行っていくことは非常に重要と考える次第です。先のブログが少し政治向きの主張に聴こえるかもしれないと思い、追伸しました。 
0
カバー画像

株式投資初心者向け王道トレード方法

みなさん、こんにちは。K@投資家/事業家/シンパパです。今回の記事は、株式投資の初心者に向けて、確実に安定収益を得るための王道トレード方法をご紹介します。低金利、低昇給、低福祉の時代において株式投資は、資産形成・運用に有益です。しかし、残念ながら何もしなくて簡単にお金を稼ぐことはできません。これだけやれば儲かる!!この方法で資金が○倍になる!!という謳い文句は決して信じてはいけません。株式投資で儲けるためには、事前勉強 ↓現状分析 ↓実践 ↓勉強・分析にフィードバック、という繰り返しが必要です。■株式投資で必要なこと株式投資で安定的に収益を得るには、①ファンダメンタル分析②テクニカル分析③メンタルの3つのスキルが必要です。ただ、初心者が1から学ぶには、大変な時間と労力がかかります。投資セミナーを受講すると最低でも何十万円もかかります。また、独学するには何十冊の本が必要で書籍代だけでも数万円はかかります。(実際に私は百万以上は使っています)また、セミナーでも書籍でも1から学ぶには大変な時間と労力がかかってしまいます。そこで私は、これまでの10年以上の経験を踏まえ、必要なスキル・ノウハウを凝縮し、王道トレード方法をまとめました。安定した副収入を得たい!資産の形成、運用をしたい!でも、勉強したいけど時間がない!という方は是非読んでください。ご不明な点や補足等は電話相談も可能です。よろしくお願いします。
0 1,000円
カバー画像

もっとも大事なこと

相場について勝つことよりも、再現性のある手法よりも、もっと大事なことがあります。それは値動きの意味を知ること。上がる下がるはもう分りきっている。ではなぜ下がるのか、上がるのか。相場を知ることにより、勝つか負けるか勝率はどんな、リスクリワードなんて気にしなくなりました。値動きの意味、ちゃんと考えて。来年度より新サービス始まります。マンツーマンの対応の関係で人数制限いたします。
0
カバー画像

未来の値動きのヒント