絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

6 件中 1 - 6 件表示
カバー画像

マンガ動画をとにかく安く作成する方法とは?

こんにちは!ムビットコムです。マンガ動画を作っている企業がいうのもなんですが…マンガ動画って高い!と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。前回のブログでも紹介しましたが、マンガ動画を作成するのには多くのクリエイターが関わっています。動画にすると数分でも、一人一人のクリエイターさんが何日もかけて作成しているため、時間もお金もかかってしまう…という現実があります。今回は、そんなマンガ動画をどうやったら安く依頼することができるのかを紹介します。【1】自分で作る一番簡単なのは「自分で作る」です。シナリオをゼロから考えイラストまで自分でおこし、ナレーションを演じて動画を編集する…時間と労力はかかりますが、タダでマンガ動画の作成ができます。しかし、残念ながらシナリオ作成ができるうえに絵がうまく、声優の心得もあって動画編集もできる、オマケにどれもプロフェッショナル級の腕前!…となると、もはやスーパーマンか?というような稀有な存在であると言えるかもしれません。そういう人に、わたしもなりたい。【2】クリエイターさんに直接頼み、自分でディレクションをする自分でシナリオやイラストを作るのが難しい場合は、「クリエイターさんに頼む」という方法があります。ココナラのようなクラウドソーシングサービスや、Twitter等でお仕事を受けているクリエイターさんにアプローチをしてみるのもよいでしょう。クリエイターさんと直接契約をすれば、業者に頼むよりも制作費は安く済ませることができるかもしれません。ただし、様々なジャンルのクリエイターさん一人一人と密に連絡を取り合いスケジュール通りに制作物を作るのは骨の折
0
カバー画像

マンガ動画っていったい何?

こんにちは!ムビットコムです。みなさん、近年Youtubeや広告手法として流行っているマンガ動画ってご存知ですか?マンガなの?動画なの?アニメとはどう違うの?など、名前は聞いた事あるけれど詳しく知らない!…という方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなマンガ動画について紹介します。マンガ動画は、2年前くらいからYoutubeで人気になりました。マンガのコマ一つ一つを画面に映しながら、キャラクターのセリフを声優が読み上げます。さらにBGMやエフェクトなどを重ね、マンガ動画は作られています。アニメを作るよりも制作時間も費用も手間もかかりませんが、声優の声や効果音・エフェクトなどがあることでアニメや実写のような躍動感やインパクトを与えることができます。実際に比較してみると、マンガよりもマンガ動画の方がよりイキイキとその場の空気感まで感じることができ、人の目を引くことがわかりますね。また、先ほども少し触れましたが、アニメーションを作るのには莫大なコストがかかります。1話30分のアニメを作る場合、平均的な総作画枚数は3000~5000枚ものイラストが必要になると言われています。仮に弊社の最低プランの1分の動画を作るとしても、単純計算で100~170枚のイラストが必要ということ。↑このように、「手を振る」描写をアニメーションで作る場合、起点になる手①と終点になる手④、起点と終点の間の手②③のイラスト…等、微妙な違いのイラストを複数枚作成し、それをパラパラと重ねることで手を動かします。このイラストの②と③の部分を差分といい、この差分が多ければ多いほど、アニメーションはスムーズに動いている
0
カバー画像

初めてのYouTube漫画

年明け早々、YouTube漫画の作成に取り掛かってましたが、ようやく納品完了、無事にアップされました。もともとアニメーターか漫画家志望だったのですが、諸事情で夢が叶わず、たまに趣味で絵を描く程度でした。昨年、Webデザイナーとして独立したものの、なかなか仕事が取れず途方に暮れていたところ、漫画動画の募集がたくさんあることに気づきました。最初はへー、こんなのあるんだ程度でしか見てませんでしたが、もしかしたら、自分のしょぼいスキルでも通用するのではないかと、うっかり手を出してしまったわけですが、これが地獄の一丁目の入り口となるとは。とにかく想像を絶する、とんでもなく大変な作業でした。簡単そうなアングルでも、実際に描こうとするとなかなか上手くいかず、ポーズ集を買い漁って練習したり、自分で写メを撮ってポーズの参考にしたり、あとは奥様にも手伝ってもらったり、何度も心が折れましたが、着手から1ヶ月ほどで何とか完成しました。プロの神絵師さんが見たら怒られそうな、残念な絵柄でも、こうやって編集されたものを見ると、意外と映えるもんなんだなーと。素敵な編集作業、有り難うございました。ただし、漫画未経験なため、多分20社近くエントリーの末、ようやく採用されました。やらぬ後悔よりやる後悔が私の持論ですが、こればっかりは本当にやって後悔してます(笑)でも、自分の漫画でお金をもらうという、小さい頃からの夢がやっと叶ったので、頑張った甲斐がありました。漫画動画は、いかに早く納品するか、インパクトのあるサムネイルで視聴者を惹きつけるかが重要です。こちらは社員時代にやっていた、広告入稿画像、キャッチコピー作成の
0
カバー画像

きもちいい動画をつくるためのコツ

これまでYouTubeのマンガ動画のシナリオを200本ほど書いてきました。その中で人気の出た動画と、なかなか結果を出せなかった動画をみてきましたが、やはりそこにはいくつかの法則(コツ)のようなものがあります。ざっくりいうと「見ていて気持ちがいい動画」は結果を出しています。これはなにも「素晴らしいテーマだったから」とか「視聴者が求めている内容(今でいうとコロナ)だったから」というわけではありません。結論からお伝えすると「伏線と回収」がキマった動画は人気があります。ベタではありますが、A社に面接に向かう就活生が道で倒れていた老人を助ける → そのせいで面接に遅れる → もうダメだと落ち込んでいたら実はその老人がA社の社長だったという流れ。この流れ(伏線と回収)がしっかりと書けているマンガは、どんなテーマであれ結果を残している(気がします)。しっかりと統計を取ったわけではないので肌感ですみません。人間の脳は何かと何かが結びつくと快感ホルモンを放出するみたいですよ。要は“きもちいい”ってことですね。伏線の回収はきっときもちがいいんです。人間はきもちいいものを好みますから。テーマを選ぶのも大切ですが、伏線と回収がしっかりとしているシナリオを書くことも同じくらいに大事ですよと自戒を込めてお伝えします。
0
カバー画像

はじめましてのご挨拶✨

はじめまして。 フリー(無所属)で声優業をしています。 現在は会社員との二足の草鞋ですので、収録は夜に行っています。。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。  今までたくさんのお仕事を依頼していただきました。 アプリゲームのキャラクター 朗読 社内PV eラーニング 店内放送 イベントアナウンス 留守番電話アナウンス、電話番号案内サービス―――・・・。 最近はYoutubeのマンガ動画、雑学動画、そして広告動画へのナレーションを多くいただきます。   声に関するお仕事でしたら、どのようなお話でもご相談ください。  1,000文字いないの台本でしたら、夕方18時頃までにご依頼・台本の添付完了で、最短翌日に提出いたします。 ニュアンスの相違などのリテイクなども、3回まで無償で承ります。   「ちょっといい声がつくと、動画が映えるのになあ」  と、思っていらっしゃる方のお力になれればとても嬉しいです。
0
カバー画像

YouTube漫画再開しました。

諸般の事情により休止しておりましたが、受付再開いたしました。決してクオリティが高いとは言えませんが、シンプルで伝わりやすい描写を心掛けております。絵柄は日々練習しております。
0
6 件中 1 - 6
有料ブログの投稿方法はこちら