絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

このままで良いのか日本人

先日のニュースにて、出生率がまたも過去最低を記録したことを目をにした その数値僅か1.26 人口を維持するのには、単純に2でなければならないわけだから、いかにまずい数値なのかが分かる 加えてTwitterでも呟いたが、何もしない日銀の面々 もうこれで何度目の現状維持だろうか 数えるのも嫌になる 多くの国民が円安による物価上昇に苦しんでいるというのに 結局彼らには下の人間の痛みなんてものは分からないのだろう そう言えば、前総理がこんな事を言っていた 「自助・共助・公助」とこれ共助と公助なんてほとんど無いと言っても過言ではないんじゃね? 共助と公助??恐らく読者の皆も「いやいや助けてもらったことなんてないんですけど??」って感じじゃねえの? もしくは助けてもらったとしても微々たるもんか そう 結局この世の中選択肢としはほぼほぼ「自助」しかない 公助なんてのは論外やし、共助にしても身銭を切って無償で助けてくれる人なんてのは基本的にはいない せいぜい「大丈夫?」とまやかしの優しい言葉をかけるくらい だからfxで「自助」するのだろう 給料もまともに上がらない状態では、やはり副業に頼るしかない その選択肢としてfxってのはベストなものだと俺は考えている 自分の好きなタイミングでできるし、何より稼げる額が他の副業とは次元が違う そして他の人間が共助してくれないから、自分も助けないなんて事はしなくて良い fxで稼げるようになったら、共助してやれ 自分の子供・親・パートナー・友人・会社の同僚等々 大切な人の為にそのお金を使ってやれ そう言うお金の使い方をコンサル生の皆にはしてほしい 出生率の問題
0
カバー画像

お年玉企画② うちの手法について

まずは明けましておめでとう コンサル生・読者・フォロワーの皆は今年もよろしく頼む お年玉企画パート2として、うちの手法について良く聞かれる質問(問い合わせ)を話せる範囲で書いていこうと思う Q.バイナリーでも使えるか? A.使える むしろバイナリーの方が向いている  しかしながら、俺はバイナリー自体をオススメできない  理由は単純にバイナリーは全てノミ業者で、  出金拒否が多発しているため Q.難しくないの? A.難しくない   手順を覚えれば、小学生でもできる Q.結果が出るまでどれくらいかかるの? A.大体1年位   先日の記事で勝率を出してくれた生徒は、  最初ダウ理論すら分からなかったが、8ヶ月程で今の  レベルに達した Q.誰でもできるの? A.できる  こちらも先日の記事にチラッと書いたが、  とにかく"感覚的"な要素をできる限り省き、  ⚪︎⚪︎的にエントリーできることを強く心がけている  (→だからど素人でも再現可能 それがうちの最大の強み)  それは俺自身が「⚪︎⚪︎的にエントリー出来ないと嫌だ」  と言うのもある だってそうでしょ?⚪︎⚪︎的にエントリーできないと、  いつまで経っても不安定で、精神衛生上よろしくない Q.勝率はどれくらい? A.先日の記事読んで Q.エントリーチャンスはどれくらい? A.1日1回が目安 Q.どの通貨ペアが対象? A.全通貨ペアに使える  単純にスプレッドの関係上、  スプレッドの狭い通貨ペアに限定しとる 以上 これくらいかな 良く聞かれるのは 年始から意外と割と真面目に書いた blog 専業トレーダーの裏情報 より抜粋
0
カバー画像

そもそも君のその手法って正しいの?

fxには正解が無い これが勉強の様に、問題集+答えがきちんとあれば、もっと遥かに勝つのは簡単だっただろう じゃあどうしたら良いか? 答え及び式(のようなもの)は自分で作り出すしかない 1+1=2 みたいな感じで (言ってることホンマもんのプロトレーダーなら分かってくれるはず) それが聖杯になるし、 以前も書いたが、fxの手法と言うのは、聖杯かそうでないかの二択しか無い 君がここまで行くだろうと予想したとする その"ここ"から0.1pipsでもズレたら、その予想は間違い 君がここで止まると予想したとする その"ここ"から0.1pipsでもズレたら、その予想は間違い さてではタイトルにある通り、君の今使っている手法が本当に勝てるものなのかどうか はたまたこれから試す手法が勝てるものなのかどうか これを知るには時間がかかる 少なくとも一年は続けてみないと分からない これがまた実に厄介 過去検証で良い結果→リアルトレードを長期間続ける→結果ダメ 俺もこの流れに苦しめられ、 必死こいて1年使って検証した計算方法が結局パーになったのが4回程あった しかしながら、 絶対にやってはいけないのは、手法をコロコロコロコロ変えること そこの君の事言ってるんやで そうだよな商材やらネットの情報漁って、少し試しちゃ諦め、他に手を出し、少し試しちゃ諦め、他に手を出しの繰り返し これは絶対× 少なくとも一年はその手法を試し、改良する・手を加えるという事に取り組んだ方が良い 一見すると回り道で、長時間を要すると思うだろうが、結果これが最短ルートになる まあでもそうなんよ 最短の最短の最短ルートでも、最低でも1
0
カバー画像

お礼のメール

Twitterを見ている人からお礼のメールが届いた まあ、あんま過信しないようにな 自身の分析・予想の精度確認のため、半ば自己満足でやってるだけやから 以上blog 専業トレーダーの裏情報 より抜粋
0
カバー画像

コンサル生 巻き爪のその後

以前ブログで取り上げたコンサル生の巻き爪 9月からトレード再開し、また月利100万を刻んだ模様これで間を挟んで4ヶ月連チャン月利100万達成 もう大丈夫やろ 卒業おめでとう blog 専業トレーダーの裏情報 より抜粋
0
カバー画像

コンサル生限定必勝法について

タイトルだけ見ると胡散臭いんだけど、あるんだな〜これが 笑 ほぼほぼノーリスクで年利10%は固い方法が 金が減るのが怖い人間はこれだけやっときゃ良いんじゃね?って話 まさに必勝法・聖杯 そうだよねぇコンサル生達よ 以上blog 専業トレーダーの裏情報 より
0
カバー画像

3波が一番伸びるとか言う大嘘

これも初心者・中級者が騙される大嘘だよなー じゃあさ、試しに自分で100回分位検証してみ? ダウ理論に基づいて、ラス押し抜け(1波)→2波→3波って数えて 損切りは2波の終点で、利食いは1:1で2波の値幅をもってくる 勝率どうなると思う? きれーーに5割くらいに収束するから おかしいやん 3波が一番伸びるなら、7割位いかんと 結局ね、これも○○○○○次第って訳 ○○○○○の"組み合わせ"次第で、3波だろうが5波だろうが伸びる時は伸びるし、伸びない時は伸びない 何をもって、「こうこう、こうでこれが3波だ」と定義することも大事やな 結論、単調なやり方では絶対に勝てない 以上 参考になれば
0
カバー画像

コンサル生 巻き爪 3ヶ月連続月利100万達成

コンサル生の巻き爪が3ヶ月連チャンで月利100万超えを達成したよう結果出るまでは1年弱くらいやったけな そこから調子良いよね以上blog 専業トレーダーの裏情報 より
0
カバー画像

勝てる

良くネットで「fxは勝てないからやめておけ」的なことを聞く・見る はっきりさせておく fxは絶対に「勝つことが可能」な投資である ただし、勝てるようになるためには当然条件がある 1.才能 2.努力 3.メンタル(忍耐力等) 4.それなりの軍資金 最低でも3年死に物狂いで頑張ってみる 3年経過しても、自力で「何か掴む」ことができなかったら、すっぱり諦める fxを始められる年齢は18歳以上今の日本人の健康寿命は75歳程度 fxを始めたのが30歳からだとして、75−30=45 45年の内の3年という時間を犠牲にするのは、中々リスキーだと思うが、それくらいは仕方がない 今トレーダーの中で「これホンマに勝てるんか・・・」と疑心暗鬼になっている人もいるだろうから、エールを送るためにもう一度はっきり言う fxは条件が揃えば、絶対に「勝つことが可能」な投資だ 頑張れ blog 専業トレーダーの独り言より
0
カバー画像

先出し EURZAR sell フォロワーからのお礼のメール

Twitterで5/25に先出ししたEURZAR sellに対するお礼のメールを貰ったその後聞いたら二人とも無事に出金されたようで何より 因みに月足レベルで見ているから、俺はまだしばらくは握るつもり スワップもうまうまやしな
0
カバー画像

貴方の仕事は大丈夫?

googleにて「AIに奪われる仕事」と検索すると、トップに表示されるのは以下 一般事務員 銀行員 警備員 建設作業員 スーパー・コンビニ店員 タクシー運転手 電車運転士 ライター 集金人 ホテル客室係・ホテルのフロントマン 工場勤務者 薬剤師 皆さんの仕事は大丈夫かな?? 職を失う事に不安を抱えてる人も少ないらしい 「AI 奪われる 仕事」等と検索して自分で記事を読んでみると良いまた、ニュースでも放送されていたが、東京大学はchatgptに対して規制をかけた 個人的にこの「AI」という分野には注目していて、扱い方次第で大きく未来は変わると思っている (まあ、今のところ多くのお偉いさんや知識人達が警告している通り、悪い未来しか来なさそうやけどw) 実際にchatgptを使ってみた人には共感してもらえるだろうけど、遠い未来ではなく、それこそ後1.2年後位にはマジで仕事が無くなる人も普通に出てくると思ってる ホンマにそれくらい既に凄いものになっている あれでまだVer3だろ ほんまに凄いよな 有料版のVer4はもっと凄いらしいし 「AI?何それ?まだまだ未来の話でしょ??」と思考がおじいちゃんになってしまっているそこの君 Ver3は無料で誰でも使えるから、chatgptのそれこそ chatの機能だけでも使ってみ マジで違和感無く「天才の人間」と普通にお喋りしてる感じやからwもしくは自分でGoogleなりYahooで「chatgpt できること」等で調べてみ こんな事まで既にできる様になってるのかと驚くと思うよ それでいて成長スピードが異常でイーロンマスクも警告を出しているからな さ
0
カバー画像

得意な時間・苦手な時間

いつもご覧いただきありがとうございます。自分が勝ちやすい時間帯、把握していますか?フルムーンは兼業なので基本的には夜しかできないですが、深夜帯の値動きは苦手で勝率が下がるのでどんなに遅くても0時前にはやめます。深夜はフルムーンの手法と合わないのか、疲れて判断力が下がっているのかわからないですが0時以降の勝率は30%くらいです(^_^;)他の時間帯の勝率はお昼休憩含めて70%以上出せているので、深夜さえやらなければ月平均70%キープできます。深夜にやっても数回くらいなら他の時間帯でリカバリーできますけどね。フルムーンが販売している資金管理表で時間帯別分析ができるので、気になる方は購入検討してみてくださいね(^^♪時間帯だけではなく、色んな分析ができますので詳細は商品ページからご覧ください。1か月タイプはこちら↓年間管理タイプはこちら↓最後までご覧いただきありがとうございました。
0
カバー画像

エントリーポイント公開します

昨日のエントリーポイントです。鉄板ポイントでしっかりとれました!
0
カバー画像

投資歴とあれこれ

私はBOで生計を立てていますが、当然最初から勝てていたわけではありません。私が最初に始めた投資はFXでした。(投資と呼べるか分かりませんが、オンラインカジノやブックメーカーも少し齧って負けました。マーチンゲールが通用しないと分かったきっかけはルーレット。)ブログやyoutubeでFXについて調べ上げ、商材も買い、実践を始めました。資金を1万円で初めて、月に1000円ほどはすぐに稼げるようになりました。当時使っていた手法はダウ理論と水平線で相場を読み取り、トレンドに乗ってエントリーをするというものを使っていました。しかし、月千円で満足できるはずもなく、もっと稼げるものはないのかと投資先を探していた矢先、BTCが盛り上がり始めていて、FXの知識を活かしてBTC FXをはじめ、ボラティリティが段違いなのと、Highポジションを持っていれば負けないという観点から月5000円ほど稼げていました。アルトコインを買ってそれが増えたり、BTC FXでその年は100万円ギリ届かないくらい稼げました。(草コインのイナゴトレード、ICOスキャムなどに騙され負けたりもしてました)しかし、翌年明けから暴落してしまい、稼げなくなってしまいました。FXに戻ろうとも思いましたが、また数千円の利益では満足できないので、バイナリーオプションに出会い初めは適当にトレードしていました。勿論、全く勝てませんでした。50%で勝てるはずなのにどんどんマイナスになっていきます。(勝率の話)これじゃあ駄目だと思い、BOではどうやって勝つのかをブログやyoutubeで調べました。FXと違い、インジによるエントリーやシグナルツール
0
カバー画像

これは手法とは呼べない…( ..)φ

バイナリーオプションを検索する時、「手法」っていうワードが目に尽きます。まあトレードするのであれば手法はかなり大事なんだと思うのですが、今回はもはや手法とは呼べない「チャートの癖」だけでやったやつです…😅 そういうのもあるんやな~程度で見てください(笑) 今回入ったエントリーですが、観ての通りなかなかシビアなエントリーしてます。というのも、この後少し高い位置でレンジ組んで落ちていきそうな気がしてたので💦 結果的に大きなレンジ高値まで上がりしましたが!😂 という事でほんの少しだけ説明。 手法ではないのでこればっかりは経験則です(*´Д`) まず、この時により大きなレンジを確認するとすれば下の様なものです。青いボックスの等倍がエントリーポイントかと言われるとそういうわけでは無いのですが、この部分にラインがあるので場合によっては意識してもいいかも程度のものです。 下の青ラインですね↓そのほかを簡単に説明すると、より直近の値動きから見たラインです。「上のライン」は上側の緑ボックスからとったラインだと思って頂いたらいいと思います。下二本は直近の底値ロウソク実体とヒゲ先です。 正直、この底値ブレイクからの観測の方が「手法」という意味合いでは非常に取りやすいのですが、今回レンジ内でエントリーしたのは次の値動きからです。(いらないラインは消してます。)ピンクのライン↑ このラインは直近の小さなレンジ相場で陽線と陰線が揉み合った(ポジション保有者が多い中値)箇所であり、さらにそれ以前のレンジ相場でも拮抗している箇所としてポイントを作っていました。 さて、そんな中で再度そのポジション
0
15 件中 1 - 15
有料ブログの投稿方法はこちら