気圧と体調不良の関係

記事
学び
気圧と体調不良の関係については、科学的な根拠があまりないとされています。気圧の変動は体に直接的な影響を与えることは少ないとされていますが、一部の人には体調の変化を感るじことがあるようです。

気圧の変動により、体内の血管や筋肉の収縮・拡張が起こることが考えられます。これにより、頭痛や関節の痛み吐き気。酷いときにはめまいを感じることがあるとされています。

また、気圧の変動が睡眠の質に影響を与えることもあるようです。

ただし、これらの症状は個人差があり、誰にでも必ず起こるわけではありません。
また、気圧以外の要因も体調に影響を与える可能性がありますので、一概に気圧だけを原因とするのは難しいです。

体調不良を感じる場合は、十分な休息や栄養を摂ること、適度な運動を行うことが大切です。また、個々の体質や環境に合わせた対策をすることも重要です。

そして、普段からあることをするだけで、軽減します。
それは、耳に関係します。
耳というのは多くのツボがあり、まず耳の真ん中を掴み、これでもか!と
ちぎれるくらい引っ張ります。
次に、グルグルグルグル引っ張りながら回してください。
耳がポカポカしてきませんか?
手加減はしないでください。これが重要です。
最後は、耳の上部と下部を餃子のように折ってください。
物凄く、痛いです。
痛くない方は気圧ではない可能性があるので、ご注意ください。
ちょっとやそっとでは、軽減しませんので、なるべく隙間時間に継続をすることをおススメします。

これ以上なく、辛い時は、我慢せず薬を頼りましょう。
痛み止めもいいですが・・
三半規管が弱い方が、もろに影響してますのでおススメの薬は
「乗り物酔い用」の薬です。
梅雨時期だけでなく、春夏秋冬、気圧で悩んでいる方
是非、お試しください。
一緒に、明るい未来へ気圧に負けずに生きていきましょう!!!!
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す