ライブ配信と録画(オンデマンド)配信のメリットとデメリット

記事
ビジネス・マーケティング
こんにちは。
佳いデザインです。

今回は教育動画の作り方について整理します。


近年では様々な事情から授業やセミナーなどの学びを提供するコンテンツを動画化する動きが活発化しています。
オンラインでの学びは実際に教室やセミナールームで行うイベントと異なり
スペースによる制限がなく、誰でも気軽に始めることができます。


【オンライン学習の種類】

動画による学習では
大きく分けてzoomなどを使用したリアルタイムで発信するライブ配信
あらかじめ録画された動画を自由に視聴できるオンデマンド配信があります。

− ライブ配信のメリットとデメリット −

ライブ配信では対面による授業と同様に
同じ時間、同じ空間を共有しながら学ぶため講師と受講者の間に一体感が生まれやすいです。
チャットなどを利用したフィードバックがその場で行うことができるのもライブ配信ならではのメリットです。
 受講者の様子を伺いながらセミナーを進めることができるため、臨機応変に対応できる強みがあります。
 ただ、デメリットとしては
参加者全員のスケジュールを合わせなければいけないところです。
開催日時によって参加率に大きな違いがあります。

− オンデマンド配信のメリットとデメリット −

主催する側も受講する側も時間と場所に縛られない事が
オンデマンド配信最大のメリットです。
そして、1度作成した動画は内容が変わらない限りずっと使用することができます。

その上
好きな時に、好きなだけ授業動画を見ることができ、
さらに良い事に自分の好みのスピードで視聴できることも大きいです。

ライブ配信では講師のペース配分に従って視聴をしなければならないのですが、オンデマンドの場合には動画の再生スピードを調節することによって
よくわからなかったから、もう一回ゆっくり聴きたい
ここは既に学習済みの内容だから早めに流したい
といった細やかなニーズにも対応することができます。

一方でデメリットとしては
質問や評価などのフィードバックにどうしてもタイムラグが生まれてしまいます。
また、
事前に録画をしておかなければいけないという手間がありますが
ライブ配信とは異なりセミナーの内容を確認したり修正することができるのであらかじめミスを防ぐことができます。

まとめ

ライブ配信とオンデマンド配信のメリットとデメリットについて整理しました。

どちらかが優れているのではなく、
目的や状況に応じて使い分けることが理想です。

佳いデザインでは
セミナー案内用のバナーデザインを¥1500で作成しております。
ご提案する3つのデザインからお好きなものをお選びください。
修正は無制限です。ぜひご利用ください。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す