動画に字幕をつけるべき理由 3選

記事
写真・動画
こんにちは。
佳いデザインです。

今回は動画に字幕をつけるべき理由3選と題して
動画に字幕をつけるメリットについてご紹介します。

【テロップと字幕の違い】

テロップと字幕は同じような意味合いで使われることが多いですが
実は微妙に意味が異なります。

テロップとは、画面上に映し出される文字情報のことです。
字幕とは、発言の内容を文字で表示したものです。

動画内で表示される文字 テロップ の中に
会話を文字で表示した 字幕 がある という関係です。

【動画にテロップをつけるべき理由】

1 ユニバーサルデザインになる

ユニバーサルデザインとは
年齢、性別、身体の状況などさまざまな個性や違いにかかわらず
誰にでも楽しめるように工夫されたデザインのことです。

動画にテロップをつけることで音声がなくても内容を伝えることができるようになります。

2 内容が印象に残りやすい

単調な動画を見ていると
ぼーっとして内容がうまく頭に残らないということが多々あります。

動画の再生中にテロップが入ることによって
動画の中にリズムや刺激が生まれ強弱ができます。
また、文字で動画の流れを理解することができ
ユーザーに効果的に訴求することが可能となります。

3 動画の質が上がる

テロップをつけることによって動画によって提供される情報量が増えます。
文字数やタイミング、デザインなど一つ一つの要素が
うまく組み合わさることによって相乗効果が生まれ
よりインパクトの大きい印象を与えることができます。

佳いデザインでは
速攻!文字起こし のサービスを行なっております。
20分までの動画を最短3時間!
文字起こし&字幕をつけて納品いたします。

授業動画のテロップ
セミナー用動画の作成などにおすすめです。
ぜひ、ご利用ください。









サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す