絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

動画に字幕をつけるべき理由 3選

こんにちは。佳いデザインです。今回は動画に字幕をつけるべき理由3選と題して動画に字幕をつけるメリットについてご紹介します。【テロップと字幕の違い】テロップと字幕は同じような意味合いで使われることが多いですが実は微妙に意味が異なります。テロップとは、画面上に映し出される文字情報のことです。字幕とは、発言の内容を文字で表示したものです。動画内で表示される文字 テロップ の中に会話を文字で表示した 字幕 がある という関係です。【動画にテロップをつけるべき理由】1 ユニバーサルデザインになるユニバーサルデザインとは年齢、性別、身体の状況などさまざまな個性や違いにかかわらず誰にでも楽しめるように工夫されたデザインのことです。動画にテロップをつけることで音声がなくても内容を伝えることができるようになります。2 内容が印象に残りやすい単調な動画を見ているとぼーっとして内容がうまく頭に残らないということが多々あります。動画の再生中にテロップが入ることによって動画の中にリズムや刺激が生まれ強弱ができます。また、文字で動画の流れを理解することができユーザーに効果的に訴求することが可能となります。3 動画の質が上がるテロップをつけることによって動画によって提供される情報量が増えます。文字数やタイミング、デザインなど一つ一つの要素がうまく組み合わさることによって相乗効果が生まれよりインパクトの大きい印象を与えることができます。佳いデザインでは速攻!文字起こし のサービスを行なっております。20分までの動画を最短3時間!文字起こし&字幕をつけて納品いたします。授業動画のテロップセミナー用動画の作成など
0
カバー画像

【Vrew】解説動画編集担当者さま向けマニュアル

今回は、Vrewを使用して簡単に解説動画を作成する方法についてご紹介します。Vrewを利用することで、AIキャラクタと音声を組み合わせた動画を手軽に作成することができます。以下では、具体的な手順を順を追って説明していきますので、ぜひご覧ください。Vrewの無料ダウンロードはこちらなお、解説動画編集の公開案件を常時提供しています。ご興味がある方は、ぜひ下記のリンクから"フォロー"頂き、ご応募お願い致します!!https://coconala.com/users/2545865https://coconala.com/mypage/requests/2568712ステップ1: 動画のテーマを決め、台本を作成するまずはじめに、作成する動画のテーマを決めましょう。解説したい内容や伝えたいポイントを整理し、台本を用意します。台本は自分で作成することもできますし、Vrewのテキストから動画を作成する機能を使用してAIに台本を書いてもらうことも可能です。Vrewのウェブサイトにアクセスし、「新規作成」をクリックします。次に、「テキストからビデオを作成する」を選択し、テーマの要約を入力する欄にお話の内容を入力します。例えば、「はるかとみゆうが会話形式でペンギンについて説明する」といったような文章を入力します。また、動画のタイプを選択することもできます。ステップ2: AI音声とキャラクターを設定する作成した台本に基づいて、AI音声とキャラクターを設定します。まずは、キャラクターBが会話形式でテーマについて説明するように設定しましょう。AIで作文のボタンをクリックし、少し待つと台本が完成します。も
0
カバー画像

お試しの適当でお手軽な動画

「Vrew」というソフトで、動画ができちゃうんだよんってYouTubeを見たもんで、どんなもんじゃろうなぁ~、と作ったお話をネタにして、動画を生成してみました。動画内の画像や動画や音声は、ソフトが見つけてくれたフリー素材を、これまた、ソフトが適当に割り当ててくれています。でも、どうにもこうにも話に合わん場合は、これまた、どうにもこうにもならん画像や動画を無理くりで当て嵌めてくれています。有難や~有難や~。う~ん、自動紙芝居だなぁ~。自前の動画とか素材があれば、それをチョイスしたり、編集して、完成度を爆上げするのは吝かではないようです。
0
カバー画像

自動動画生成AI、Vrew(ヴリュー)

 2023年5月現在、毎週のようにAIについての新しい情報が発表されている。その中で今回注目したいのは、動画編集ソフトのVrew(ヴリュー)についてだ。 Vrewは人工知能を活用して動画の音声を分析して、自動で文字(テキスト)に変換してくれるソフトらしい。発表当初はYouTubeなどの動画の字幕を自動でつけてくれる点で画期的だったが、他にも同様の機能の付いたプレミアプロなどのソフトが発表されるにつれ下火になっていたという。しかし今、Chat GPTのようなAI機能が追加されてアップグレードされ、非常に便利になっているという。  なんとタイトルを入れるだけで動画編集ができてしまう、自動動画生成AIに進化したらしいのだ。 作業は次の手順で行う。  • まずPCに無料でダウンロードして、インストールする。  • 「新規で作成」→「テキストからビデオ作成」を選ぶと「動画の台本を入力して下さい」という画面になる。テーマの要約という欄に、適当な題名を入れて、下の方にある「AIで作文」というボタンを押すと、「作文中…」となりしばらくすると勝手に台本が入力される。  • AIの作った台本をベースにして、細かい部分を自分の気にいるように修正も可能だ。  • 画面比率を選ぶ(YouTubeショート用の縦画面、普通のYouTubeの横画面、インスタ用など)  • 台本を読み上げる声優を選択  • 完了ボタンを押す  • 「台本に合う画像を生成しています…」少し時間がかかる。 手順は大体これだけ。内容に合わせた画像が次々に現れ、テロップとナレーションはピッタリだし、BGMも入っている。 すごいの一言だ
0
カバー画像

動画編集について

最近動画編集が楽しくてしょうがない。今までゆっくり動画作成も含めれば結構な年数やってたんだけど、自分のスキルアップについてなんて全く考えたことも無かった。とりあえずは自分の趣味でやっているゲームの内容とかを動画化出来ればそれでいいくらいに思っていた。ただ、ここ最近は違う。もっといいものが作りたいという欲が出てしまったのだ。そもそも動画を作れるようになるまでは自分で検索して調べたりして、先駆者が残してくれた軌跡をたどっていった。ある程度のものが作れるようになってそれで満足してしまっている自分がいた。もっと見やすい物を、もっと見栄えのいいものをなどという探求心もいつしかなくなっていた。それがここにきて何を思ったのか、いろいろとまた調べるようになってきたのだ。誰に教えてもらえるわけでもないのでそれしか学習法はない。誰に褒められるわけでもなくただ自己満足のためにやっている。なぜならそれが楽しいからだ。新しいことを覚えると試したくなる。新しい発見があると充実感が得れる。最近アップした動画はこれなんだけど、フルテロップで作ってみた。今までだとこんなテロップを入れるだけでも数時間がかかり、かなりの手間と労力がかかっていた。なのでテロップ作業は敬遠して主要な部分だけ文字を入れて強調したりしてごまかしていた。だが、ここ最近知ったVrewというソフトの存在が環境を激変させた。そのソフトは基本的にはPremiere Proとか本格的に動画編集をしている人が使っている自動テロップ作成ツールなんだろうけど、それが何と自分が使っているAviutlでも使えるというのだ。字幕ファイル変換ツールsrt2exoと
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら