昨日の敵は、今日も敵

記事
学び
私と意見が合わない、若しくは一度裏切る行為を行った人は、許すつもりは

ありません。

でも、色んな形で近づいてこられ、ご機嫌を取ってこられると、≪改心≫した

のかと勘違いをして、同じ目に合う機会が多くありました。

見る目が無いのが大きな原因です

最近も、数年にわたり自分の欲求を満たすためであればどんな手段も厭わない

といった大人が居ました

本当に、どんな手でも使っておられました

不純な気持ちがある大人がすることは、100%太刀打ちできますので、

問題は全くなかったです

その大人には、事あるごとに注意と指導を行い、汚い手を使うようであれば

こちらもどんな手段を使っても、阻止する旨を厳しくお伝えしてからは、

その様な行動は無くなりました

改心されたのか?善い行いをされるようになったので、一部その大人の要望を

叶えることにしました

そこから、色々とお話をする機会が増えましたが、私は同じことをする可能性

が高い人として接するようにしています



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す