肯定的に伝えたほうが…

記事
ライフスタイル
今日は世界三代投資家のジム・ロジャーズ氏の

言葉をご紹介させていただきます。


「廊下を走ってはいけません」という張り紙と

「廊下は歩いて移動しましょう」という張り紙とでは、

子どもたちが廊下を走る割合は後者のほうが

圧倒的に少ないという実験結果が出ていると。


「~してはいけない」ではなく、

「~しよう」と肯定的に伝えたほうが、

子どもは素直に受け取り、行動できるのだそうです。


これはいろいろな場面で使えると思いますので、

ぜひ皆さんも試してみてくださいね^_^


それでは今日もゆっくりおやすみくださいませ。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す