【四柱推命学の大家】だと自任する人々を信じることができますか?

記事
占い

四柱推命はいたずらのように使う軽い学問ではない

四柱推命学の古書は数百年間検証されてきたにもかかわらず、的中しない例が多いです。

したがって、
古書だとしても、さまざまな古書を総合して判断しなければならず、
慎重に判断しなければならないということです。

なぜかというと、
四柱推命はいたずらのように使う軽い学問ではないからです。

ところで最近、

四柱推命に関心を持っている人たちがあまりにも恣意的で、
憶測と妄断によって命式を解説するのを見ることになります。
そうしながら、まるで自分が大家のように、相談の達人のように振舞います。


臨床を基にした実生活に応用できる鑑定中心の四柱推命
言うことはもっともらしいが中身がない、詳しく見ると的中率が非常に低いです。

ただ耳にかければ耳輪、鼻にかければ鼻輪(=どちらにも取れる)の
曖昧な言葉で人を惑わすだけです。

俗に言う"小説を書く人々"と言えます。

臨床を基にした実生活に応用できる鑑定中心よりは、
ただ学習、理論を中心とする 「ある流派」 だという人も問題が多いです。

あまりにも衒学的で恣意的な解釈を中心にするので根拠が弱いです。
理論的完璧性を誇張して誇り、自己陶酔に陥ることです。


人生を論じる運命学の臨床は非常に重要な過程

重要なことは、

ある新しい理論を展開する際には必ず検証過程を経て、妥当性を立証しなければならないということです。
特に四柱推命など、人生を論じる運命学の臨床は非常に重要な過程です。

ピンポイント一つでも最低数十件の臨床で検定された例が挙げられなければなりません。

そのため、

勉強している方々は、
古書だとしても根拠がはっきりしない解釈であれば、必ずその根拠を確かめ、
根拠があるとしても、実際の命式で確認できるかを臨床(最低でも10件以上)し、

検証した後、
信頼できるものだけを使用しなければなりません。

もっともらしい言葉は簡単に信じてはいけません。

それは、

理論でも相談でも同じです。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す