中国側の主張:米国は中国との「競争」の考え方を正す必要がある。

記事
ビジネス・マーケティング
社评:美国需要端正同中国“竞争”的心态
来源:环球时报
2021-04-29 18:49
美国总统拜登星期三对国会发表执政百日演讲时声称,“我们正在与中国和其他国家竞争,以赢得21世纪的胜利。”“与中国竞争”几乎成了他这次演讲的主题词和串场语,比如他宣称中国打赌民主因为效率低而解决不了21世纪的问题,所以西方必须证明民主能做到这一点。他还强调美国对技术的投资力度不能被中国甩下等。

スクリーンショット 2021-04-30 16.39.50.png

 バイデン大統領は、水曜日、(大統領就任)百日演説を国会で行なった。
 「我々は、21世紀の勝利を勝ち取るために、中国や他の諸外国と競争しており、中国との競争」が、彼の演説な主要なテーマである。
 例えば、中国の主張で、民主主義が非効率な為に、21世紀の問題を解決できない考えをバイデンは、紹介している。
 西洋諸国は、民主主義が、この21世紀の課題を解決できることを証明しなければならない。
 米国での技術への投資力が、中国に遅れを取ることは出来ないと主張した。
 米国の指導者や政治エリートは、必ず「中国について、必ず」語る。
 中国の指導者が、自国について話す時、米国について必ずしも言及しないという事実とは対照的である。
 中国の新しい5カ年計画と2035年の長期目標の内容で、米国の言葉を見つけるのは難しい。
  それら目標は、中国自身の成長に焦点を合わせており、国内問題を実際に解決しようとしている。
 中国が改革開放して40年以上が経ち、経済規模で第三位になり、今や第二位になった。
 それは計画の目標ではなく、経済規模が米国を超えるのはいつか?
それは、中国統治の目標では無い。
 米国は、概ね2つの理由で中国を指摘している。
 第一は、米国のエリートは、自信がなく、注意深いということである。
 米国エリートは、他国の国力が、米国に近づくことを受け入れることができず、神経質になっている。
 中国は自然な経済成長により、米国に追いつくことを考えているが、米国エリートにとっては、その事実を受け入れること出来ず、「狼が来た」と考えている。
 バイデン大統領とそのチームは、中国と米国は、「独裁政治と民主主義との争い」であり、米国は、「中国に敗北」することを、どうしても受け入れられない。
 第二の理由として、米国政治と米国国民に恐怖心を煽ることにより、議題を前身させようとしている。
 米国は、政治が二極化されており、激しい政党の対立と党派主義がある。
 中国からの脅威について語ることは、政治を動員するための最も安価で最も効果的な方法になっているので、この手法を頻繁に利用している。
 このような動員方法が試験的に行われたが、米国社会の世界認識と国際関係に悪い影響を与えている。
 この世界は、競争に満ちており、競争方法がゼロサム・ゲームでは無く、良性である可能性がある。
 中国人が本当に求めていることは、より良い生活を創造することであり、そのためには、欧米諸国を追い越すのではなく、自分自身に打ち克つことである。
 米国の指導者は、威迫と敵視政策で米中戦争について語っており、これは、米国民と国際社会に誤解を与える事になっている。
 改革開放以来、中国社会は、多くのことを欧米諸国から学び、現在の我々の統治システムを欧米諸国から取り入れた。
 現在、西洋のシステムには、多くの弱点があるが、長所もあり、社会が発展する上での産物でもある。
 言い換えれば、中国は急速に発展して来たので、西側諸国も、中国を見習うべきであるとは思わない。
 なぜなら、我々は、全ての国家は、自ら適した方法で発展すべきであり、中国と西側諸国は「私は正しい、貴方は間違っている」という考え方をしてはいけない。
 ワシントンは、心を開き、世界の多様な発展の現実に直面するべきである。
 世界にとっては、西側モデルは単なる一形態であり、中国の発展が、我々の体制の長所と調和性を証明している。
 米国がすべきことは、中国の成功を「惨劇」と捉えるのでなく、中国の特徴を研究して、彼ら自身の道を歩み続けると同時に、中国の経験と情報を積極的に吸収することである。
 中国社会は、米国よりも西側諸国のシステムに対して寛容であり、我々の度量は、米国よりも大きい。
 我々は、他人が優秀であろうと恐れず、先進的なことを喜んで学んでいる。
 米国のエリートが考えていることは、悪意のある競争と対立、そして分離である。
 強調すべきことは、中国は、継続的な発展を通じて、人民の生活レベルを向上させていくことであり、これは、14億中国人の総意の神聖な権利である。
 米国のエリートは、中国の発展を恐れ、封じ込めを行い、両国間の正常な競争をゼロサム・ゲームにしようとしている。
 これは、不道徳な行為であり、彼らが提唱している人権に反する行動である。
 ワシントンは、常に言動が一致しておらず、発展する国家の経済及び技術の進歩を阻害する行為は、21世紀最大の悪である。
 良い生活を送ることが、欧米人の特権では無いことを記憶に留めておく必要がある。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す