企業がYouTubeを活用するべき理由

記事
写真・動画
① 利用者数・層が広がっているから
2022年10月の調査では、国内だけで月間7,000万人以上もの月間アクティブユーザー数を誇っています。

さらに全世界では、月間アクティブユーザーは20億人。動画の内容によっては全世界の20億人にリーチできるということです。

②動画コンテンツのハブになるから
企業のマーケティングにおける動画の重要性も高まっています。実際に動画コンテンツをマーケティングに活用する企業も増えています。

動画はWebサイトや各種SNSなどさまざまな場所に掲載できますが、YouTubeに企業のチャンネルを設けて集約しておくと、チャンネルを動画コンテンツのハブとして使えます。製作した動画をあらゆるチャネルに展開したり、過去の動画を蓄積したりできます。

③データの蓄積、コンテンツの改善ができるから
これまでの企業のマーケティングにおいて、TVCMは「広告の王様」と呼ばれ、花形の存在でした。

しかしTVCMは多くの人にアプローチが可能で注目を集めやすい反面、効果測定がしにくいというデメリットがあります。Webマーケティングでは動画の視聴状況、視聴した人の属性などがデータとして分析され、蓄積されます。これにより明確な効果測定やPDCAが可能となり、効果的なマーケティングが可能になるのです。

④ユーザーの検索行動がGoogleからYouTubeに移行しているから
これまで、ユーザーがほしい商品や気になった商品を検索する場といえばGoogleなど検索エンジンが一般的でした。

しかし昨今では、商品購入を検討する際にSNS、特にInstagram やYouTubeを参考にする人が増えています。また実際に購入する理由として、投稿のレビューや感想が高評価であることや有名人やインフルエンサーの影響も大きくなっています。

こうしたトレンドからも、企業がYouTubeを活用する必要性があるといえるでしょう。


もし気になりましたお問い合わせください
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す