Google200+ランキング要因について知っておくべき11の事柄

記事
ビジネス・マーケティング


内部対策はもう完璧ですか?高品質、高権限、最安値の被リンクならこちらです。


1. HTTPS

これは大きな要因ではありませんが、時間が経つにつれて、強化することを決定するかもしれません。

2. サイト速度

おそらく、Googleはモバイルファーストインデックスのロールアウトにより、要素として速度は追加されました。 

3. タイトルタグ

ご存知の通りタイトルタグは重要なランキング要素です。

4. モバイルフレンドリー

サイトのモバイルバージョンを持つことは、控えめに言っても、ランキング要素です。

5. PageRank

PageRankは、Googleが構築したランキング要素の中核でした。
当初のアイデアではリンクを基本的に投票として見ていましたが、現在は一部の被リンクは他の投票よりも強力です。つまり、強力なサイトはより重要視されています。
Googleはまだ内部的にPageRankを使用している様子です。

6. リンク

PageRankがランキング要素である場合、リンクはランキング要素になります。
将来、リンク計算はサイトの存在価値を参照した計算に置き換えられる可能性がありますが、それは今ではありません。

リンクは何年にもわたってランキング要素です。

Googleのマットカッツは、2014年に、RankBrainが公開された直後の上位3つのランキングシグナルの中にある可能性が高いと述べています。

7. アンカーテキスト

アンカーテキストがシグナルとして使用されているかどうかは、一部で議論されています。確かに、アンカーテキストを使いすぎると有害になる可能性があります。 
ただし、無視できないのは、アンカーテキストがまだGoogleのSEOスターターガイドに記載されていることです。

8. ドメインオーソリティ

結局のところ、GoogleのミュラーはRedditでドメインオーソリティーついて次のように述べています。 

Does Domain Authority exist?
Of course it exists, it's a tool by Moz

これで、Googleの「200」のランキング要素についてのもう1つの事実がわかりました。

9. ユーザーの意図/行動

GoogleがRankBrainについて言ったことは次のとおりです。 
「RankBrainが慣れていない単語やフレーズを見つけた場合、マシンはどのような単語やフレーズが同様の意味を持つのかを推測し、それに応じて結果をフィルターにかけることができるため、これまでにない検索クエリの処理に効果的です。」
ユーザーの意図が考慮されています。

10. 地理位置情報

地理位置情報と、空間と時間のどこにいるかが検索結果に影響を与えるという考えについての幅広いディスカッションがあります。

例えば「シュウマイ専門店」と検索してみるとわかるでしょう。

恐らく、あなたのいる場所のシュウマイ専門店が表示されるはずです。

11. 過剰最適化

キーワードとその最適化方法については、きっと可能です。 
実際に過剰最適化によりGoogleを突き抜けるウェブサイトが上位表示していることを確認できるからです。


高品質、高権限、最安値の被リンクを購入したいあなたは、こちらのサービスをご利用ください。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す