台風について色々調べてみました

記事
ライフスタイル
現在近付いている台風10号は「大型で非常に強い台風」にまで発達し、現在は日本の遥か南海上を西北西に進んでいます。
台風の情報には様々な数字があります。たとえば強風域や暴風域内で吹く風の強さを示す、「風速何メートル」や台風のスピードを表す時速などです。

  風速〇メートルを時速に直すと3600倍!   

  この風速とスピードの単位が違うことは知っていますか?「風速〇メートルの風」とだけ聞くと、時速30kmのスピードに比べると大したことないような印象も受けますが、この風速〇メートルは1秒間に物が進む距離です。これを時速に考えると、1時間は3,600秒なので風速×3600で時速となります。 
これを9月4日、午前9時の台風10号に当てはめると、最大瞬間風速70メートルなので中心付近では時速252kmの風が吹いている時もあると推定されています。
ちなみに250kmとはだいたい新幹線の通常運転のスピードです。新幹線といっても最近は路線によって最高時速が違います。
たとえば東北新幹線の「はやぶさ」は宇都宮~盛岡は320kmで走り、山形・秋田新幹線などは130kmと約200kmも違います。だから「新幹線くらいの速さといっても、想像する人がはやぶさを想像するか、こまちを想像するかで全く変わってきますよね。
250kmに近いのは東北新幹線、新青森~盛岡間、九州新幹線、北海道新幹線、北陸新幹線の260kmと上越新幹線の240kmです。
この新幹線がホームで通過した時の風が吹いていると考えてください。
台風の大きさは強風域で決まる  
  台風を説明する際に使われる「超大型」、「大型」という大きさの言葉はなにを基準で決めているのか知っていますか? 
これは風速15m以上の風が吹く、「強風域」の大きさで決まります。
天気予報で台風の予想進路に、赤い円と黄色い円があり、黄色い円が強風域です。
ちなみに2000年までは中型や小型という表現もされていましたが、1999年に弱い熱帯低気圧により発生した水難事故を契機に「人々に大丈夫、大したことない」と誤解を与えるとし、小型と中型の表現を止めています。
ボクは現在37歳で、高校3年までは「中型の台風」という表現を耳にしているので、この記事を書くときに調べていて「あれ、中型ってないの?」と思いました。
さて、台風10号の強風域は9月4日午前9時現在、北東側500km(東京―兵庫と岡山の県境)、南西側440km(東京―明石市)くらいの大きさです。
日本近海の海水温が高いため、さらに勢力を増した「超大型」になる可能性が高いそうです。

    台風の強さは最大風速で決まる

台風の強さも現在は「弱い」と「並の強さ」が無くなり、「強い」、「非常に強い」、「猛烈な」の3段階となっています。 
この強さは10分間の最大風速で決まるそうです。
たとえば、暖かい海水温を吸い上げて風速が上がった場合、「強いから非常に強い」と変わっていきます。もちろん、最大風速が下がれば「非常に強いから強い」に変わる場合もあります。
風速32.7m/s~43.7m/sが強い、43.7m/s~54m/sが非常に強い、54m/s以上だと猛烈となります。
台風10号は9月4日午前9時現在、中心付近の最大風速は50m/sと非常に強い勢力ですが、こちらもさらに勢力を増して「猛烈な」になる可能性が高いそうです。

  地震雷火事親父の親父は台風    

故事成語の一つで「地震雷火事親父」というものがあり、これは世の中の怖いものの代表とされています。 
最近の親父は妻や子供の機嫌を取ったり、家族に相手にされないという愚痴とか呟きは放っておいて、この「親父」というのは台風や嵐を指していた「大山嵐(おおやまじ)」が変化したという話があります。
  しかし、これには根拠がないため俗説とされています。まぁこういった言い伝えというのは、物に書いて記録してませんし誰が言い出したかもわかりません。 
  親父にこっぴどく怒られた人が、「うちの親父は雷のように怖かった」と言えば「親父」だし、「やっぱり大山嵐も地震や雷と一緒で怖いねぇ」と言えば、大山嵐…つまり台風となります。それが世間で広まっていくうちにごっちゃになったり、あるいは聞き間違いで変換した可能性もあります。 
  台風は近年、温暖化の影響で日本近海の海水温が高くなりかつてないほどの強い台風が来るようになったと言われています。しかし歴史で習ったと思いますが、鎌倉時代に元が攻めてきたときは、台風により海上に駐留していた元軍の船が壊滅したという記録もあります。この風は「神風」と呼ばれ、日本が海外から攻められ危機に陥ると神の風が吹いて助けてくれると、太平洋戦争が終わるまで信じられていました。 
  現在ほど科学が進んでいませんから、気圧が風速が…という記録もありません。温暖化で台風が強くなったのか、猛烈な台風が上陸するのかは正直、戦後80年ほどの記録だけで判断しています。 
  今回の台風は九州の西の海上を進むため上陸することはありませんが、それでもかなりの被害が予測されています。まだ天気が穏やかな今のうちに、備えをしておいてください。 

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す