カテゴリから探す

交通事故当事者に最良のシナリオを提案します。

5.02件) 販売実績:2
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:30日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

サービス内容

交通事故対応には正解があります。
その正解の対応を知る者は、34,000人の弁護士ではありません。
対応には、判例による過失があり、車両価値の立証、修復歴による評価減の立証、自賠責法による怪我の立証等々、そして、裁判対応があります。
それらのアドバイスを元に、相手保険会社、医師、そして、貴方の代理人(弁護士)を動かして、最良の解決を行ってください。

購入にあたってのお願い

事故日時、事故場所(●●県●●市)、困っていポイント、人身か物損、治療歴、傷病名を連携ください。

一言PR

15年ほど保険会社の損調に在籍していました。
このビジネスを始めた切っ掛けは、10年前に友人の弁護士と交通事故について話していたとこと、弁護士であれば交通事故のことを知っていると思い話していたが、話が噛み合わず、弁護士から「交通事故のことを教えてくれ」と依頼されたのが始まりです。

よくある質問

追突事故によってむち打ちに遭いましたが、整骨院に行かない方が良いと聞きましたがどういうことなのでしょうか。
整骨院は健康保険利用できるところでありますが、病院ではありません。
よって、整骨院しか通っていないと、後遺症取得等において不利な状況になることがあります。
相手保険会社から示談金の提示を受けました。
この金額は妥当なのでしょうか。
妥当かどうかはわかりませんが、交通事故の慰謝料には3つの価格があります。➀自賠責基準、②任意保険会社j基準、③地方裁判所規準。勿論、➀<②<③。その他地裁<大阪地裁管内<東京地裁管内。
過失について納得できません。
過失については、判例タイムズというものがあり、保険会社はその基準を適用してきます。しかし、事故にはいろいろなパターンがあります。端的に言えば、論理立てて言った者勝ちです。
人身事故であるが、警察から、物損事故でも何にも問題ないと言われた、人身事故になると相手が罰を受けることになる。又、相手保険会社の方からも同じようなことを聞いた。本当なのですか。
本当に問題ありませんか。
厳密に言えば違いますが、基本的には問題ありません。
しかし、後遺症請求時に困ることがあります。

評価・感想(2件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス